遠藤寛子のHand and Heart

岡山のフリーアナウンサー&手話通訳者 遠藤寛子のブログです♪

9/21のYONDE YONDE 私の本棚

RSKラジオのコーナー
【YONDE YONDE 私の本棚】

今日は、久しぶりに昔話を読みました。
『わかがえりの水』
(広松由希子さん:文、スズキコージさん:絵)

山に入ったおじいさんが
仕事の途中に
乾いた喉をうるおそうと
しみずを飲みます。

家に帰ったおじいさんの姿を見たおばあさんは
ビックリ!
なんと!
若返ったおじいさんがそこに立っていたのです。

うらやましくなったおばあさんは
(…この気持ちよくわかるなぁ…)
山に一人で入って
しみずをごくごくごく。

まだまだ。

ごくごくごく。
(このあたりの気持ちもよくわかるなぁ…)

究極のわかがえり(!)を果たしたおばあさんの
姿がなんとも愛らしいですよ。

おはなしのWA♪朗読会2016④告知です!

今年度第4回の朗読会は

10月11日(火)です。
今回は、開演時間が「14時半~」です。

お気をつけくださいませm(__)m

場所は岡山県天神山文化プラザ。
今回は部屋が「第2練習室」です。

お気をつけくださいませm(__)m

スライド1

 





10月は十三夜が楽しめますね。
ということで、10月のテーマは
「月に愛に恋」
愛と恋にまつわるお話を集めてみました。

入場無料ですが、定員30名の小さな朗読会ですので、
事前にお申込みいただきたいです。

チラシに掲載のメールアドレスにご連絡いただくか、
こちらのブログ宛コメントをお寄せいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
 

9/10落語会にて朗読!

アップするのが遅くなりましたが~

先日9月10日(土)
倉敷物語館で
落語家 桂小鯛さんの落語会に
ゲスト参加してまいりました!

小鯛さんの落語は、『青菜』から。
落語家さんは最初のご挨拶から
やっぱり粋なんですよね~。
場が和みます。

そして、合間に遠藤が朗読を…。
9月15日の十五夜を前に、
日本で最も古いお話
『竹取物語』を朗読しました。

和田万吉さんの書いた本を読みました。
id-365119829


26分ほどの朗読。
皆さん
目を閉じたり、
時々寝息をたてたり(笑)・・・しながら
たぶんそれでも
夢の中で
美しい姫 かぐや姫を思い描きながら
楽しんでくださっていた…と思います(笑)。






そして、朗読のあとは、また
小鯛さんのメインの落語『口入屋』
私は舞台袖すぐそばで
楽しませてもらいました!

ラジオをよく聞いてくださっている
おなじみのリスナーさんたちも
たくさんいらっしゃっていました。

落語を楽しみに来られている皆さんにとって
朗読は退屈かなぁ…とか余計なことを思うと、
昨年もそうでしたが、
なんだかいろいろ気になって…
読みに集中できていなかったかもしれません。。。

まだまだ修行が足りません(^_^;)

終った後、ホッとした顔で
小鯛さんと記念写真です。
id-365119939 


小鯛さん、今回も声をかけてくださり、
ありがとうございました~。

 
lab banaaa2


記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ