遠藤寛子のHand and Heart

岡山のフリーアナウンサー&手話通訳者 遠藤寛子のブログです♪

12/7のYONDE YONDE 私の本棚

RSKラジオのコーナー【YONDE YONDE 私の本棚】

3週にわたって特別編をお送りしてきました。

ダイバーシティ推進実行委員会が
昨年12月~今年1月にかけて
「仕事を続けてくれてありがとう
ー子から親へのエールー」をテーマに
高校生大学生から論文を募集。

受賞作品の中から今回は
岡山大学長賞を受賞された
当時 就実大学3年生の磯島萌子さんの
『ごめんね。』を朗読しました。

働く母が「ただいま」の代わりに
いつも言う言葉「ごめんね。」

働いて帰って家事もこなして…
そんな母の姿が当たり前と感じ慣れっこになっていた
ある日、突然母の代わりをしなければ
ならなくなる。。。
これまで母がしつづけてきたことが
どれほど大変なことだったかが
身に染みてわかった、という体験談です。

女性が働く、ということに
一種の「負い目」のようなものを感じなくて済む
世の中になると良いですね。

今週土曜日12月10日13時~
岡山大学創立50周年記念館で
「男女共同参画シンポジウム」が開催されます。
入場無料です。

第17回岡山弁はええもんじゃ~ことばの祭り・建部~

【第17回岡山弁はええもんじゃ
〜ことばの祭り・建部〜】

今年も賑やかに開催されましたよ。

会場は岡山弁が飛び交います(^o^)

お客様にどちらからいらっしゃったか
お尋ねしたら、
地元建部からよりも
町外からお見えになっている方が
圧倒的に多かったです。

中には「仙台」からお越しの
お客様も!!
あ、たぶんこちらの仙台だと思います…
川内もありますね…(^_^;)
どちらにしても遠い…

岡山弁大会のプログラムは。。。
 

持ち時間3分間で
岡山弁を使ったパフォーマンスを
披露していただく
【岡山弁パフォーマンス】コーナーに
始まり、
15338652_1215151938578010_8958438022537612684_n


(リハの様子です。)


大学の先生による
【岡山弁講座】
(今年は県立大学の菊井教授と
岡山大学の吉田名誉教授による
講座2題でした)

少しプログラム順に変更があり、
井上いつのりさんの進行による
地元建部中学校生徒さんの
【岡山弁川柳】、

そして、岡山弁協会会長の
青山融さんと
ギタリスト和気誠二さんの
ユニット「青猫」による
【岡山弁で歌わにゃー♪】
15327422_1215151935244677_404805061257479324_n(こちらは終演後、
岡山弁協会会長の青山融さん(右)と
ギタリスト 和気誠二さん(左)の
「青猫」ユニットのお二人と、
建部在住のお笑い リンクアップとっしーさん(左から2番目)
ともに撮ってもらいました。)

ラストは【岡山弁劇】
今年は『詐欺師のエレジー』という
タイトルでした。
15349660_1215151941911343_7352065651827107512_n
 
(こちらもリハの様子です。)


 

雨の中、たくさんのお客様に
今年もお集まりいただけました!

皆さん、お疲れさまでした!!

ちなみに、会場では出来立てほやほやの
「岡山弁トランプ」が先行販売されていました!!
それがコチラ!!
15230791_1215151945244676_8650636502109953582_n
今月中旬から
 県内の主な書店で
販売されるということですよ~。 
面白いトランプです♪ 

11/30のYONDE YONDE 私の本棚

RSKラジオのコーナー
【YONDE YONDE 私の本棚】
今日はいつもの時間より
少し遅めの11時40分頃~
放送いたしました。

先週に続きまして、今週も
学生さんたちの論文です。

ダイバーシティ推進実行委員会が
昨年12月~今年1月にかけて
「仕事を続けてくれてありがとう-子から親へのエール-」
をテーマに高校生大学生から論文を募集。

その受賞作品の中から今回は
岡山経済同友会代表幹事賞を受賞された
当時 岡山大学4年生の後藤千尋さんの
『私の憧れ』を朗読しました。

親の働く姿を通して
子どもたちに働くことの大切さ、
やりがい、楽しさ…
そして生き方そのものを自然に伝えていく…

来週のYONDEの時間も
この「仕事を続けてくれてありがとう-子から親へのエール-」
受賞作品の中からお送りします。
どうぞお聞きくださいね。

lab banaaa2


記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ