aamall

March 28, 2016

ドラマを観ていたら食べたくなった

寒い日には、温まるものを食べたくなります。


どんなに頑張っても、なかなか報われない・・・

世の中ってのは、結構寒い・・・と思う時がある。


何のドラマを観たかって?

続きを読む

hiro_t3 at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 日記

March 26, 2016

廃材で使い勝手の良いホーボーストーブを作る

いよいよ春です!

キャンプやバーベキューを楽しみやすい季節になってきました。
季節がらでしょうか? このブログの記事のアクセスも「野草」に関するものが増えています。

このブログでは、ミニマムキャンプを防災(被災)スキルに絡めて、身近に入手できる廃材でイザという時に火や水を確保することができるようなノウハウをお伝えしてきました。

久しぶりのキャンプ・防災関連の記事になります。
これまでアルミ飲料缶をはじめとして、いろいろ廃材を活用してストーブを作ってみては試してみましたが、僕が一番お気に入りの使い勝手の良い自作ネイチャーストーブを紹介いたします。

材料は、当然不燃物回収日に捨てられていた廃材を活用しています。

P3260469















100均で購入したビニルバッグにちょうど納まりました。

こんなものが入っています。

P3260470










缶(ホーボーストーブ)と焼き網です。

このホーボーストーブには、次のようなものをスタッキングしています。

P3260471










この黒い袋に入っているものは、

P3260472










カセットボンベコンロ(CBコンロ)と、スポンジ。

このCBコンロは、アマゾンで購入したノンブランドの中国製のものですが、サイズ調整が出来る可動のウィンドシールド(風防)が付いているという優れものです。
¥1,700位だったかな。
購入者のコメントを見てみると、作りが雑で当たり外れがあるようですが、ハズレの商品には苦情を申し入れると交換などで対応してくれているようです。

僕が購入したものは、点火、ボンベの設置など使用試験をしてみたところ特に問題はありませんでした。
ボンベ固定用の爪が2か所にあって、これのためにちょっとボンベが設置し辛いかな。

一応、使用時の天候不良のことも考慮して、ネイチャーストーブだけでなくCBストーブも用意しています。


本題から外れてしまいましたが、続いて廃材ホーボーストーブについてお話ししましょう。

続きを読む

hiro_t3 at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!自然 | 防災

March 21, 2016

また環境大臣がバカなことを言い出したぞ

久しぶりに唖然とするニュースでした。

FNN ネットニュース 03/21 12:57
国立公園に外国人観光客1,000万人 丸川環境相が具体的数値目標

国立公園を視察するため北海道を訪れている丸川環境相は、観光ツアーを開発するなどして、国立公園への外国人観光客の訪問者数を1,000万人に増やす、具体的な数値目標を初めて示した。


ええええええええぇ〜〜っ!?
それって、環境省の仕事かよ!?

国交省観光庁の仕事じゃないの?

環境を保全する立場の環境省は、観光客が増えた場合の環境保護策を事前に検討するべきでしょう。
今回の発表内容は、立場上、観光庁長官が丸川大臣に発言を譲ったものと思いますが、観光庁の下請けやりますって言っているようなものですよ。
そんなことも分かんないのかね?

丸川環境大臣は、北海道に行く前に福島へ行けよ!

汚染土処理対策を、早く解決しろよ!
畑違いの経済政策に口出しするんじゃなくて、やらなきゃいけないことを先にしろよ!

「福島第一原発の視察に行きましたっ!!!」って聞こえてきそうだね。
いや、そうじゃなくって・・・

勉強ができて頑張り屋さんだということですが、見当違いのことをしていたら、とても頭が良いとは思えない

つい1か月程前ですか?
放射線の「年間被ばく量の1ミリシーベルトというのは、科学的根拠がない。」と言い放って、グズグズしながらも結局発言撤回しましたよね。
更に、「環境の日」を堂々と言い間違えたのには、呆れました。
国会審議中継を見ていたら、「言い間違えた」と言うより「知らなかった」という感じでしたね。

民主党の長妻さんが、「大臣の資格が無い。」と指摘していましたが、私も同感ですよ。
私は、高市総務相も好きではありませんが、「電波停止発言」があっても、まだ我慢できました。
が、丸川環境大臣には、もう我慢できません。
環境大臣としての自覚があるのか?と疑ってしまいます。

こんなことを書いていると、民主党支持者かと思われるかもしれませんが、私は民主党には何の期待もしていません。
維新の党と合流しようが、党名を変えようが、好きにしたらいい。
どうでもいいことです。

安倍政権には期待しているのですが、今の内閣はね〜・・・


マスコミも、報道するなら次のような根拠を示して発信してほしいものです。

丸川大臣の発言根拠は、昨年6月30日に閣議決定された「日本再興戦略』改訂2015−未来への投資・生産性革命−」にあるようです。
ここで、「改革2020」プロジェクト が立案され、その中の「プロジェクト5:観光立国のショーケース化」に基づいているんですね。

◆ 関連資料
  首相官邸 日本経済再生本部 政策会議
  第4回 未来投資に向けた官民対話 配布資料 日時:平成28年3月4日(金)

  資料9:環境大臣提出資料

なんかね、環境省としてこのプロジェクトで成果を出したいというような、「焦り」が伝わってきます。
観光立国への目標のために、環境省が所轄する国立公園をこじつけている訳ですよ。
だから、本筋と違うトンチンカンな計画になってしまっているのです。

丸川大臣は、昨年10月に入閣しているのですから、前望月大臣の時に立案されたものです。
ということは、計画は環境省の官僚が考えたものなのかもしれませんが、この計画に疑問を持たずに口走ってしまう大臣てのは、如何なものでしょうか。


昨年の8月にもこのブログに書きましたが、そもそも今の環境省がやっていることが「省」である必要があるのか?と思えてしまう訳です。

続きを読む

hiro_t3 at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!政策 | 報道

March 17, 2016

ドラマを観ていたら食べたくなった

時々、極めてシンプルな料理を無性に食べたくなることがあります。

刺身ってのもシンプルだけど、美味しく食べるには魚や柵を選ぶ目利きが必要。
そういった手間を掛けずに更にシンプルな料理。

例えば、卵かけご飯とか、梅茶漬けとか。
前回、紹介した「バターライス」なんてのもそう。

「ねこまんま」も外せない。


今回は、この「ねこまんま」に一つだけ薬味を足すことで、抜群に旨くなる料理です。


何のドラマを観たかって?
こんなセリフを覚えていないだろうか?

「時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たす時、束の間、彼は自分勝手になり、自由になる。
誰にも邪魔されず、気を遣わず物を食べるという孤高の行為。
この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し・・・と言えるのである。」

続きを読む

hiro_t3 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 日記

March 11, 2016

ドラマを観ていたら食べたくなった

豪華な料理とか、珍しい料理というものじゃなく・・・

ごくごく普通の家庭料理。

その普通の家庭料理にこそ、忘れられない思い出や人間模様があったりする。


どんなドラマを見たかって?
こんなセリフを覚えちゃいないだろうか。

「勝手に注文してくれりゃ、出来るもんなら何でも作るよ。」


実際には、こういった営業方針じゃ仕入れにも困るだろうから現実的じゃないと思うけれど、そこはドラマ。
常連客の他に、フラッと訪れた客が注文する料理を作って提供する。

その料理が、ドラマのキーワードになっている訳です。

続きを読む

hiro_t3 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 日記

March 09, 2016

カニかまを美しくほぐす

「カニかま」って、安くて美味しくていろいろな料理に使えます。
日本で考案されて、今では世界中で食べられているようですよ。

スティック状のものを、そのままポン酢で食べたり、ほぐして「かに玉」にしたり、餡の具にしたり。

この「カニかま」をほぐす時、どのようにしていますか?

暫く前まで、僕は手でほぐしていました。
意外と面倒くさいんですよね。
手で割くと、どうしても線状になってしまって、彩りは良くなるけれど、やっぱ「蟹」じゃないよな〜って、ちょっと寂しくなります。

例えば、随分以前にアップした「天津焼きそば」のような感じです。
天津焼そば











1年くらい前かな?
「カニかま」の「美味しそうに見えるほぐし方」を知りました。

その方法でほぐして、塩ラーメンにトッピングしたのがこちら。
P3090460










本物の蟹の身っぽくないですか?

これは、手でほぐすよりずっと簡単な方法なんです。
この方法は、誰でも知っているんだろうなと思っていたら、クックパッドでもほとんど手で割いているようでした。

では、どのようにほぐすかというと・・・

続きを読む

March 07, 2016

その煮汁 どうしていますか? 

前回、「イカの煮物」で煮汁まで食べ尽くそう!ということを書きました。

今回は、「モツ煮」。
鶏のレバーとハツです。

これも「イカ」に負けず劣らず、安くていろいろな料理になります。
鶏レバーを使った「レバニラ炒め」も旨いですよ。

鶏レバーはビタミンB12を多く含んでいます。
ビタミンB12は、末梢神経の修復作用があるんですね。
美味しいだけじゃなく、とても体に良い食材です。

ちなみに、今回の「鶏レバー」は、おつとめ価格で ¥80 でした。
237gでしたから100グラム34円。
生ものの「おつとめ品」は、できればその日には調理するようにしてください。
「冷凍」が可能なものは、すかさず「冷凍」です。

「モツ煮」も冷めても美味しいですから、作り置きができます。

鶏モツ煮










一味とか、七味で食べるのも良いのですが、僕はマヨネーズも絡めてレタスに巻いて食べるのが好きです。
照焼きソースの様な味とレバーのコクがレタス、マヨネーズと凄く合うんですね。
(冬になって、レタスの価格が落ち着いてくれたので有難いです。昨夏は倍の値段でしたからね。)

ここまで言えば、勘の良い皆さんはもうお分かりでしょう。

煮詰めたトロリとした煮汁は、「照焼きのタレ」そのものです。

この煮汁は・・・

続きを読む

hiro_t3 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 日記