◎前場デイトレ結果:平均単価◎
そーせい
10,500円×1,000株⇒10,520円×1,000株  +20,000円
10,520円×1,000株⇒10,690円×1,000株  +170,000円


ミクシィ
3,870円×2,000株⇒3,875円×2,000株  -10,000円
 (売建)

JFE
1,657円×3,000株⇒1,647円×3,000株  +30,000円
 (売建)

前場デイトレは、米国株が強いこととWTIの動向を踏まえ日経も大幅に上がるであろう展開であると考えていたので基本は寄り後の押し目からの買いを狙った。そこで輸出株でも良かったが、まずは成長性があるそーせいを狙い一時は完璧な動きであったが落とされたので小幅な利益で一発目を終えた。しかし二度目は再度押し目から数量少なめで攻め綺麗に上げたことから無理はせず堅く利益を確保した。

ミクシィはモンストの成長性が鈍化するであろう中、上値が重いので売り方での攻撃を日々狙っている事から仕掛けたが日経の動きもあり小幅な負けで終えた。JFEは寄り後から押し目を形成しての動きではあったが、後半に上値が重いと判断し上げ場面で指値併用で入り、やはり株価は一時的に下へ振れたので堅く返済としたい。

前場は、久しぶりのデイトレではあったが感覚は鈍っておらず利益は大きくはないが、まあプラスで終えれば前場は良しとしたい。後場もコツコツ利益を出し気分の良い引けを迎えたい。スイングは午後には仕掛けないつもりではあるが場合によっては一銘柄程度は攻めることもある。それが買いか売りかは今のところ検討中。

◎スイング攻撃銘柄:平均単価◎
アキュセラ 707円×20,000株

アキュセラは、昨年10月に社長が新規パイプラインが目に見える形で出せるとコメントし、現状で4ヶ月が経過!いつ出るか解らないが、そう遠くないとコメントしており、ここで利確する理由など見当たらない。逆に押せば攻める体制も考えつつの戦を6月のトップラインデータ発表までは続ける。あとは結果次第で株価は動くので、そこが今年最大の勝負しなければならない場面である。

今の株価があとからみれば相当安かったと思える日が来ることを予想しつつトップラインデータのIRを待つ。ブロックバスターになれるのかなれないのかエミクススタト塩酸塩の効果に期待したい。直近では3月には治験は終わるであろうし、今のところ安全性は問題ない!あとは効果のみ!数年に一度の非常に面白い勝負である。

今月の株式利益状況 +1,859,000円