◎前場デイトレ結果:平均単価◎
コロプラ
2,357円×3,000株⇒2,388円×3,000株  +93,000円
2,386円×3,000株⇒2,273円×3,000株  +339,000円
 (売建)

そーせい
11,400円×2,000株⇒11,780円×2,000株  +760,000円


前場デイトレは、米国株がFF金利の上げを警戒しての相場で大幅安ではあったが、為替の動向が円高方向ではないことから日経先物も底堅い流れであったので、寄りは落ちるが、その後は比較的底堅い展開を想定しての戦とした。そこで業績報道のコロプラの動向を注視し寄り後の場面で押しがあれば入ると決めていたので、その押しが直ぐに到来したことから指値併用で仕掛け簡単に株価は上げたことから上値も重いと感じ堅く早期に利確へと動いた。

二度目は、一度目の利確後から頭が重いということは気配値で理解できていたので若干の危険はあったが売りから分割で入り攻め、やはり織りこみ済から綺麗に下落したことから下値抵抗線での反発も想定はしたが、その下値も抜けたので徹底抗戦で挑み日経が為替の円安とともに切り替えしそうな流れとなったことから納得の利幅での返済に成功した。

そーせいはコロプラを攻めていた関係で徹底監視ではなかったが綺麗な上昇トレンド形成で素直に押し目から入り簡単に株価は上げたことから後場への持ち越しは考えていなかったので堅く利確へと動いた。そーせいは綺麗に攻撃が決まれば利益が大きいだけに、前場のトレンドは非常に簡単なものであった。金額が大きい銘柄であるので、あまりに大きな資金は入れ辛いが、この程度の数量が一番攻めやすいと考えているので、後場もチャンスがあれば攻めとしたい。

◎スイング攻撃銘柄:平均単価◎
アキュセラ 707円×20,000株

今月の株式利益状況 +3,161,000円