◎前場デイトレ結果:平均単価◎
三井住友フィナンシャルグループ
3,011円×15,000株⇒3,038円×15,000株  +405,000円 
3,080円×5,000株⇒3,115円×5,000株  +175,000円
3,132円×5,000株⇒3,145円×5,000株  +65,000円
3,130円×8,000株⇒3,120円×8,000株  -80,000円


前場デイトレは、米国株がWTIの絡みで大幅安の展開で為替は若干の円高基調の日経先物は大幅安であることから攻め方としては強い銘柄の寄り買い、もしくは弱い銘柄の寄り後の戻り時からの売りが基本であるので、その流れに照らし合わせて勝てる銘柄を選別する作業から入った。

そこで、政策期待からか前日など銀行株が相当強いイメージが頭にあったことから日足も相当な下落率で落ちてきただけに、寄りであれば大きく落とされる心配はないし、ここは勝負する価値はあると判断し攻撃を開始した。寄り後は若干落とされる場面もあったが気配値的には底堅かったことから徹底抗戦で挑み株価は戻りをみせる展開であったので予想通りと確信し継続保有としたが、戻りはしたが頭が重いことから一度目は数量も突っ込んでいたので堅く利確へと指値併用分割で戦を終えた。

二度目も戻り圧力は見ていたので、押し目から買い方で参戦し一定の上げは見せたことから利確とし、三度目も押し目から入り簡単に小幅な利幅ではあったが利益確保に成功した。最後の戦も強烈な押し目と判断し仕掛けてはみたが、上値抵抗線を意識する株価に落とされるかもとは思ったが、前場の利益は旺盛であったし継続勝負としたが、やはり落とされそうであったことから損切りへと動いた。まあ一桁での負けてあるし、他の利益が大きいことから何の問題もない損益レベルである。

後場も狙いは取り易い銀行株、鉄鋼株、新興市場と勝てる確率を重視しての戦を展開したい。デイトレは余程理不尽な動きがない限りは勝つ自信は旺盛にあるだけに、コツコツ取りつつ大物をたまにゲットで月間利益を積み上げて行きたい。

株価は上がるか下がるかの簡単な世界!個人が負ける理由は単に仕掛けが遅いことが一番であるので、その遅れる原因を考えて修正すれば自ずと勝てるトレーダーへと変われるはずである。誰しも始めから勝てはしない!負けた経験があるからこそ、勝てる流れが理解できてくるものである。とにかくデイトレはお金を回してなんぼ!上手くなるには取引を行うしか手段はない。スイングは運が半分以上の戦!しかし、デイトレに関しては立派な専門職に値する仕事であるので日々努力し結果を叩きだしたい。

◎スイング攻撃銘柄:平均単価◎
アキュセラ 707円×10,000株
 
今月の株式利益状況 +15,667,000円