◎前場デイトレ結果:平均単価◎
三井住友フィナンシャルグループ
3,623円×13,000株⇒3,542円×13,000株  +1,053,000円
 (売建)
3,528円×5,000株⇒3,503円×5,000株  +125,000円 (売建)

前場デイトレは、米国株は底堅いが為替が円高方向であることから日経は予想より下値と振れると決め打ちし攻撃態勢へと入った。そこで日足の戻りは一旦終わりと考えている銀行株の寄り後の戻し時に一度目を売り、そのまま落ちる想定ではあったが再度戻りを見せたので日頃は行わない追撃で5,000株仕掛け様子を見た。

その後、やっと下降トレンドへと移行したので徹底抗戦で挑み利幅も十分であったし下値での支えも気配値で感じたことから分割で返済とした。しかし更に落ちそうな流れであったので再度売りから数量は落としたが仕掛け、前引け付近まで勝負し一定の幅を二度目も確保できたので、ほぼ完璧な前場となり一気に月間損益を吹き飛ばすことに成功した。

やはり予想通り銀行株は戻し過ぎたことを確信していたので追撃までして仕掛け、結果として大幅プラスであったし良しとしたい。このような大物ゲットが一番テンションが上がるので後場も一気に攻めたい!と言いたいが、あくまで冷静な判断で過信せず後場も挑みたい。大きく勝てば気持ちは大きくなるもの!しかし、その気持ちをコントロールしつつ後場はコツコツと取りに行く。

◎スイング攻撃銘柄:平均単価◎
アキュセラ 707円×10,000株
アキュセラ 2,388円×5,000株


今月の株式利益状況  +804,000円