今週は時間がないのでスマホでの更新が主となりそうだが、スイング攻撃は更に含み損は減少し-127万まで来た。ここまで来ればマツダが一発大きく下げればプラ転できるので余裕の展開である。

ここまで来れば新規のスイング攻撃も模索できるので今まで苦労した含み損解消からの一気含み益激増に向けて動き出したい。前月も今までの月間利益からすれば大きくはないので今月は最低でも前月の数字は上回れるよう努めたい。

為替が若干の円安となっているが基本的な路線は雇用統計の数字でも過度な円安にはならないことから引き続き100円割れを狙ってのスイングとしたい。日本の長期金利は多少上昇したが継続的には起こり辛い事から米国FF金利が上がれど振れ幅は限定的であると考える。

日本の成長を加速させる政策が依然出てこない。企業の内部留保は過去最大まで積み上がっている。単純に非正規雇用を半減し正社員に格上げすれば個人所得も増加し世の中に回るお金も増えるというもの。人口が減少するなかでGDPを上げるにはやはり所得を増加させるしかない。

女性を働かせるために配偶者特別控除などの廃止を税調は検討している。年収500万の家庭で年間7万円の負担増となるだけに素直に取りやすいところから取る政策で考えがない。女性を活躍させたい...分からなくもないが基本は個人所得を増加させる政策を取るしか日本の生き残る道はない。

社会保障費は年々凄まじい速度で増加するなかでこの国の税金の使われ方には疑問が多い。国の借金が多い。普通の企業てあれば人件費削減である。昔、大阪府の橋下氏が破産会社の社員だから我慢しろと!これが当然の政策である。公務員の人件費を削減し借金を減らす!当たり前のことができない人事院...公務員の年収は三年連続で増加とは呆れる限りである。増加させるのであれば最低でもプライマリーバランスの均衡化が達成できたあとであると考える。

アベノミクスで景気は良いのだろうか?一部の人しか年収が増加していないだけに日銀の限界も重なり賞味期限は近い。円高となり企業収益は減益予想とボーナスも頭打ち...年配者は貯金を優先し消費せず...なぜ貯金に走るのか。単に将来が不安であるからである。なぜ不安となるのか?それは国の政策に期待が持てないからである。少子化は進み税金は上がり年金はいつもらえるやら...これでは皆使わない。政治家も職業となっているだけに志が高く現行の収入の半分以下でも働く志の高い人達に政治は任せたい。