デイトレは、別件で引き続き見送りスイング銘柄であるミクシィ、マツダ(空売り)の動向のみ監視した。本日はミクシィが本来の下落となり日足的にも下を向いたことから流れは決まったと考える。自社株買いが終了し業績のトップは過ぎた銘柄であるので、これから落ちるであろう動きを予想し徹底抗戦としたい。一発大きく下落すれば下は真空地帯であるので、ある程度の含み益は狙えるので期待したい。

マツダは想像以上に欧州での売り上げが落ちていないので損切りも考えてはいるがミクシィとの絡みで総合的にプラスで終えることができるタイミングで戦を終えたい。一髪大幅下落すればチャンスはあるだけに明日以降狙いたい。あとは円高の進行次第であるので週末のイエレン議長の発言は特に注視したい。

含み損は-294万(前週末比-230万)まで再度減少し明日が勝負どころとなるのだろう。毎回押し戻される水準であるだけに撃破したい構えである。ここをプラスにできれば一気にデイトレで攻める予定であるので結果が全ての世界で勝ち進みたい。

株式相場の市場エネルギーが閑散としている。個人的にも攻めていない状況であるので何とも言えないが、エネルギーがなければデイトレを行っても利幅限れることから小型株を攻めるとしても市場全体のエネルギーは確認する必要はある。マザーズなど元気はなくなかなかスイングで攻めたい銘柄が見当たらないことからミクシィ、マツダの空売りへと入っているので、次なるスイングは本来の得意な市場である場所で利益を狙いたい。月間損益も若干あるのでデイトレ数発で解消しプラスで月末を迎えたい。