時間がないので簡単ではあるが、ついに含み損が-90万(ミクシィ、マツダ空売り)まで減少してきた。長い道のりではあったがやっと逆襲へ向けての序章が始まる。今週も別件で忙しくデイトレは見送ってきたが、来週しかないのでデイトレで月間損益を一気にプラスへと持っていきたい。

何より本日はジャクソンホールのイエレン議長の発言が重要となるので、何も目新しいことは出ないだろうが為替がどの方向に向かうのか見届けたい。織り込んでの円高が個人的には理想であるので期待したい。

米国の住宅関連の指標も良好で雇用も安定となれば来年の前半にでも利上げはあるのだろう。年内はないと考えているが、かりにあればそれはそれで長期金利の動向が気になるところである。円安への過度な期待は既にないだけに輸出企業の減益幅がどの程度となるのか注視したい。まぁ攻め込むのは次回は新興市場であるのでレシオを見ながら攻め時を探り始めたい。直近では何より空売りでの攻撃での逆襲であるので本当の勝負がついに来た。