本日の戦略は、米国株高、ドル高円安、日経先物+200程度、地政学リスク低下局面であるので、本線は新興市場の買い方で構えての戦となる。あとは、半導体関連は寄り高後の動きを見て弱そうであれば空売り攻撃で一定の幅を狙う。新興市場は、特にバイオ銘柄が前週動いていたので狙いたい。

スイングは、四銘柄継続で新規攻撃銘柄を追加で狙う場面である。期末に向けて攻撃態勢を更に強める予定であるので最低二銘柄は攻撃を開始したい。ブライトパスは遅れたので攻めず、他のバイオ銘柄を一つと不動産関連、原発廃炉絡み、携帯関連と狙いを絞りつつ数量を上げての戦で含み益激増を狙う。

基本的には五月付近までは強い相場を想定しているので買い方ではあるが、それ以降は夏から秋にかけては空売り主体での戦も考える。そのような考えであるので加熱感が出るほど上げてくれれば、その時期からの戦は簡単であり利幅もあるので、期末まで株価が駆け上がれば非常に面白い。強い相場でも季節要因で調整は入るので、強い中での売りで取れれば気分は良い!