スイング攻撃銘柄は、GNIが下髭を付け強い展開、accessは前日の急落で多少は気になったが問題なかったので放置とし、アドバンテストはリスクヘッジ目的で売り方継続とした。

引け後の決算勝負銘柄は、まずはインターアクションであるが業績の修正は持ち越し、自己株式処分程度の適時開示であった。数字的には通期での経常利益進捗率は63%であるので本業は良好である。あとは月曜日に市場が判断することとなる。

次に、Fブラザーズであるが数量4,000株での戦いであるのでサプライズのみ期待したが、今期の予想は売上20%増加、営業利益48%増加と非常に良い見通しである。あとは上値を超えることが出来ればベストである。こちらも市場の審判を仰ぐのみ!株価に織り込まれているか織り込まれていないかと言う話次第である。

後場デイトレは暴走のナノキャリアの押し目で高い位置での空中戦を行い数万程度しか稼げなかった。ここまで上げてくると正直利幅は限られるので他の銘柄も考えたが一本に絞っての戦とした。前場に利益を出していたし、新規追撃を狙う銘柄の動きを監視する方が主であったので、来週前半から仕掛けていく。

トレンドの詳細はInstagram
ナノキャリア
https://www.instagram.com/amairs_55/