スイング攻撃は、GNIが小幅安に留まっているので含み益の減少は、他の銘柄の下落を加味しても暴落の割には問題のないレベルである。今期の数字と溜まっている材料の中身を見るまでは徹底抗戦に変化はない。相場の地合いが悪い中での決算(今期予想)となるがサプライズがでれば資金は集まりやすいので火曜日の引けを待つとする。暴走か暴落か!?数年に一度の大規模投資の決戦は近い。

デイトレは、アドバンテスト、SUMCOに狙いを定め寄りからの円安傾向もあり落ちにくかったが、上がれば売る体制で挑みコツコツ稼ぎ勝率は前半は半々もアドバンテストの急上昇からの下落を数量を上げて空売りで攻め、日経の下落も加味し戦は成功で合計では大幅プラスとなった。寄りからの円安方向へと流れたことが日経の暴落を前半は救ったが後半は持たなかった。依然として米国株のボラの大きさにお付き合いの相場が継続するが新規攻撃は狙っているのでタイミングを狙いたい。

トレンドの詳細はInstagram
アドバンテスト
https://www.instagram.com/amairs_55/