時間がないので簡単ではあるが、スイング攻撃銘柄は全銘柄保有としラクオリア創薬の大幅下落で他のバイオも連動しての意味なき大幅安となったのでGNIに関してはさすがに-50円レベルまで来たのでチャンスと判断し2万株追撃し後場に備えたい。

勝負は引け後の今期の決算予想と他の材料を絡ましてくるかであるので徹底抗戦に変化はない。中長期投資の銘柄であるし暴走、暴落に関わらずF351の結果とその後を見守りたい。今の株価のアップダウンは中長期でみれば誤差範囲と考えているので放置が基本となる。ブロックバスター候補の結果を確認せず利確など有り得ない話である。

デイトレは、寄り後の高い位置から得意な半導体関連銘柄の空売りへと入り完勝である!同取引のあとはバイオ銘柄の監視を中心に行ったのでデイトレは寄り後の一度のみである。一回ではあったが利幅は十分であったし良しとしたい。