スイング攻撃は、前場の早い段階でバイオ銘柄を利確しメディアシーク、リミックスへの追撃を行ったが後場の動向を見る限り本日は失敗である。しかし攻撃態勢に変化はなく騰落レシオは78と前回の急落時の逆襲場面の数値まできた。

トランプの関税は他国の逆襲を受け農業関連が大打撃を受けるだけに、本当にできるのか?と言う疑問符であるだけに今のところは戦を継続である。トランプもはじめに大きなことをぶち上げ調整し落とし所を探すタイプであるので、関税の件は近いうちに落ち着くと考える。大阪の橋下さんの手法である。気になるのは為替であるので、関税絡みが落ち着けばある程度の円安はあるはずだ。

デイトレは、株価が皆大幅に下落していたので売ってもこれ以上落ちそうもなく、買えど利幅は無さそうな展開でありスイング攻撃の監視程度とした。ボラがある相場が一番ではあるが、ここまで一気に落とされる相場展開はスイング攻撃の痛手があるだけに気分も上向かないので、ある程度の戻しを見せつつの相場を期待したい。