本日の戦略は、デイトレは別件で行わないがスイング三銘柄で継続勝負である。相場環境はやはりトランプ関税は共和党議員に反対され後退し為替は予想通り円安へと振れたので日経も大幅高となる展開となる。米国の鉄鋼の輸入は数%程度であり、他国で農産品に関税を課せられた方が米国にとっては痛手であることから強引な関税引き上げはできないと考える気持ちに変化はない。日米金利差拡大からの円安は直ぐではないが流れとしては来るだけに輸出株攻撃をする人ならば我慢の時である。逆に言えば大幅な押しはチャンスとなる。

デイトレは、本日後場の一時間程度しか行わないが前場に攻めるとするならば強い輸出株の押し目買いで簡単に勝てると考える。為替の円安は株価に一番効くので前場は高いはずであるので、あくまで押し目の攻めで楽勝だろう。小型株は深い押しを見せているので一定の反発はあることから好業績銘柄を攻めれば間違いない。

個別では、GNIの前日の下落は痛かったが上値との乖離が大きくなり多少の反発はあるのだろう。他の銘柄に関しても材料はあると考えているので期待したい。