本日の戦略は、米国株が雇用統計を背景に大幅高、雇用の中身は市場予想を上回る増加、しかし平均時給は低下とインフレ懸念後退と捉えられる内容で相場にはプラス、米長期金利上昇も為替は円安へと過度な反応はしない。WTI、SOX指数も強い展開で日経先物は高いが物足りない...しかし、朝方の円安で+250円程度までは上げている。スイングで言えばSOX指数はNASDAQ指数より強かったので保有のSUMCOは大幅高となることが予想されるので絶好の場面である。あとは場中の為替次第で相場は決まる。相場環境は良いだけに、ここで日経も上値抵抗線を撃破しなければ再び弱い相場となるので期待したい。

デイトレは、過度な円安ではないので日経も先物程度となる可能性が高いので、寄り後の押し目を狙いつつ個別銘柄で日中足での加熱感が出れば為替の状況を確認しつつ売りから入る作戦も考える。日経も上値抵抗線まで来るので、ここからの本格的な逆襲が需給環境の良い新年度相場で見られるか予想しつつの攻めとしたい。レシオは依然低いだけに難しい局面ではあるが面白いと考える。

全ては為替が方向性を決めるので各企業の想定為替レートが110円程度と仮定すると来季の伸びが鈍化するので株価は上がらずヨコヨコの可能性も否めない。そのようなボラが出ない環境下となればデイトレは取り辛いので日頃は使わないスキャルピングで行くしかない。ボラがあれば徹底抗戦で追う手法であるがボラがない場合は好きではないがコツコツしかない。

スイングはSUMCOは強いと思うので、他の銘柄であるがGNIは材料待ちに変わりなく、メディアシークは決算は想定通りであったので、こちらも材料待ちとしたい。QRコード決済には未来があるだけに面白いしブレインテック関連銘柄としての顔もあるので軽い銘柄であるし期待したい。超えるか超えないかは別として1,000円を撃破できれば非常に面白い!