スイングは四銘柄継続保有での体制を維持としたい。とりわけGNIが米国でのF351第1相治験を開始し2018年後半に終えるIRを出しており地合いは悪いが資金は集まりやすい展開。中国での第2相治験の中間解析の結果を待たずして米国で2億投資し動き出すということは、結果は見えているのだろうと投資家は考える。

思惑という動きがあれば一番面白いので本日の出来高に注視したい。日足での上値抵抗戦を抜けてからの逆襲となれば素直にトレンド転換となるのだろう。個人的な本命な銘柄が本格的に動き出すか?!楽しみな2Qである。数年間保有予定に変化なくアイスーリュイの保険収載からの数倍の売上を確認する流れとF351の進捗を確認するまでは勝負である。

デイトレは米国株がキャタピラーのピークアウト予想を背景に暴落...日経先物も下落し寄り付きは弱く、その後の流れは為替次第となる。コマツなどの寄り付き後の戻りからの動きが弱ければ素直に規模を上げ空売りもありではある。

あとは、小型株が寄りから落ちなければ早期に仕掛け利幅を狙う作戦も頭の隅に置きつつの戦とする。為替のボラがなければ戻しも限定的となるのでコツコツ稼ぐしかない。材料株が動けば取れるので直近で材料が出ている銘柄に関しては今から洗い出したい。ビットコインが非常に強い動きであるので寄りから関連株を攻めるのもありである。色々なパターンを用意しつつ前場に挑み利益を狙いたい。