スイング攻撃は、マネックスの後場寄りが方向感に乏しかった事から様子を見たが半ば辺りから怪しい展開となったので+80万を利確し短期決戦を終えた。前場の勢いがあれば持ち越しだが落ちる時は利確も含めて早いと考えているので確実な目の前の利益を優先させた。流石に前場では利確はできなかったので利幅は減れど良しとしたい。2日で80取れればデイトレ以上である。短期売買も絡めつつボラの相場を勝ち抜きたい。

他の銘柄はメディアシークが弱い展開が継続しているが、この展開でバタバタしても仕方ないので最悪、最低ラインの利益は確保しつつ利益を狙う。

本命バイオは出来高も増加しつつあるし決算に向けて継続的な戦が続く。勝負の中間解析からの展開を予想しつつ数年間の保有での最大限の利益を狙う気持ちに変化はない。ブライトパスは、こちらも依然結果待ちである。