スイング攻撃は決算を受けての銘柄も底堅く推移し悪くはない。個別ではGNIが為替差損の影響で赤字ではあったが本業は利益が出ているので当然の寄り底となった。同銘柄は自信があったのでデイトレでも寄りから特売りの中、規模を上げて攻め10円幅は確保できた。他の銘柄はメディアシークが深い押しが継続しているので、ある程度の下限値のみは検討したい。

デイトレはボラがない相場を想定し加熱感の台頭するアドバンテストの売りから構えていたが、寄り後の下落は取れずの展開...その後の戻りの場面から上値抵抗線に抑え込まれる気配値となったので二段階で8000株仕掛け+16万程度は確保できた。

アドバンテストは、日中足的にも基本通りの動きとなり、前場はGNIの寄り買いとアドバンテストの戻りを叩いての空売り完勝で気分は良い。ボラのない中での戦が続くが動き出すタイミングは近いと考えているので攻める体制を引き上げていく。

スイングは小型中心でデイトレは半導体関連を絡めた攻撃を継続としたい。なぜ半導体関連かと言うとトレンドが分かりやすい事にある。昔攻めていたJFE等は勝てはするが読みにくい動きをするので経験則に照らし合わせ勝てる得意な銘柄を狙いたい。デイトレ2は相性もあるだけにいかに自分に合った銘柄を引き出せるかに勝率はかかる。