愛原央子☆LOVEログ

このブログは、役者¨アイハラヒロコ¨が、日々のいろ〜んな事を語ってます。恥ずかしい話から真面目な話まで、内容盛り沢山であなたにお届けします☆ ぜひ遊びに来て下さいね♪書き込みも待ってますo(^-^)o

October 2006

大倉孝二さん☆

最近ね、好きなの


俳優の『大倉孝二』さん。

みんな、大倉さんって知ってるかしらん♪


「アンフェア」のスペシャルがあったでしょ。あの時の犯人やってた人ね。あの方が大倉孝二さん。


アタイが「この人面白れ〜〜〜」って思ったのは、『HR』を見た時。ピザ屋さんの役だったんだけど、これが、本当に面白いの!!!!!!

その後『新撰組!』にも出てたし、とにかく、『アンフェアSP』で度肝を抜かれたわw(゚o゚)w


圧倒的な存在感!!!!


¨古田新太¨さん以来かな、この感覚。あっ、¨生瀬¨さんの時もこの感覚あったわ。


やっぱ、劇団やってる方は違うわ。アタイが好きな役者さんはたいてい劇団にいたとか、今も劇団にいらっしゃる方ばかりだもん。


大倉さんも、もち劇団に所属されてますよ。

『NYLON100℃』です。


まだ、この劇団のお芝居を見た事がないんです(>_<)

見たいわ〜〜〜〜〜


『大倉孝二』さん、要Checkです!!!!!!

無限大

久しぶりの更新で、すみません。
更新してないのに、訪問して下さっている方、ありがとうございます。

体調が悪かったとか、精神的に落ちてたとかじゃないですよ。

むしろその逆で、先週の日曜以来すごいやる気です。

なんて言うんですかね、やる気っていっても、バッと一瞬だけのやる気ではなくて、前向きの持続が出来るようになったんです。

最近、いろいろな方のお話を聞く機会があって、その中で

『自分自身の¨可能性¨を信じること』



人は誰にだって¨無限大の可能性¨がある。
この可能性をどこまでも信じきる事だ。信じきった人は必ず夢は叶う。必ず幸せになれる。


そう、教えて下さいました。



信じます。自分の可能性を信じます。必ず夢を叶えます。


だから、あなたも自分の事を信じて下さい。信じていれば、必ず夢は叶いますから。


一緒に夢を叶えましょう。

短所は長所

お風呂から上がってくると、携帯に着信ランプが点灯中。

誰からかなーって携帯を開くと



事務所の社長から。



折り電をしてみると



『今日のレッスンの帰り際、お前が元気なかったから気になって電話してみた』って。



(:_;)(:_;)(:_;)(:_;)(:_;)(:_;)


気にかけてくれていたなんて、夢にも思わなかったので、びっくりと嬉しいの波が一気に押し寄せてきました。


実は、前回のblogにも書いた¨顔の歪み¨の事を今日のレッスン後にちゃんと相談しようと思っていたのですが、なんか言えなくて悶々とした気持ちで帰ってきたのですが、その帰り際の挨拶のトーンで社長は見抜いていたんですね。


その電話で顔の歪みで悩んでいる事を話しました。


すると、あっさり一言。



『歪みなんて気にする必要は全くない。そんな事より¨中身¨で勝負しろ。ファンを作れ。ファンが出来たらどんどん仕事がくる。お前は誰にも負けない¨いいもの¨を持ってる。そうじゃなきゃ、うちの事務所に所属させたりしない。こんな風に気にかけて電話したりしない。お前は確実に上がってきている。もっと自分に自信を持て。マイナスに考えるな。¨短所は長所だ¨。歪んだ顔がお前の長所になる。お前の¨味になる¨。矯正なんかして、お前の味をとるな。』


そして、『なにかあったらいつでも相談しろ。』とおっしゃって下さいました。



愛原、泣く (T_T)


こんなに愛原に気をかけて、期待して下さってたなんて、本当思いもしなかったです。



えっと、前回の¨歪み矯正¨発言は撤回します(笑)


だってだって、社長がここまでおっしゃってるんですよ、もう矯正なんか出来ないでしょ。

てか、やる必要がないって事ですね。



¨短所は長所¨か。アタイのこの歪み顔が味になるんだ。確かに、この顔は他にはいないもんね。
アタイしか出来ない役がきっとあるはずだよね。



社長、本当にありがとうございます。

社長のご期待に添えるように一生懸命がんばります!!!!!!!

自己嫌悪、めちゃへこんで、反省しまくり。そして、そこから見えたコト。

昨日は愛原、いつになくへこみました。。。。。

先月、仕事で『海蛍』というショートムービーを撮ってきたのですが(詳しくは¨海蛍レポ¨を見てちょ)その完成試写会があったんですけれども.....................................




えー、映像に映った自分の姿を見て一言。





不細工。んでもって、芝居が下手。こんな演技で、役者なんて言うのは100万年早い。




いゃー、マジでへこみましたわ。まず¨顔¨ね。不細工だわ。この顔に生んでくれた両親に文句や不満を言う訳ではなくて、¨役者としての顔¨とは程遠いって話しなんですよ。

アタイの顔の骨格って、かなり歪んでるだなって思いました。普段、鏡を見ていてもそこまで気にならなかったのですが、曲がってるわ。口元が曲がってるだよね。下の段は左側だけ親知らずが生えてるんだけど、それも関係あったりするのかしら?
とにかく、歯医者か歪みを矯正してくれる場所に行って治してもらわなくちゃ。

顔のデカさと体形はそこまで気にならなかったな。
アタイね、顔デカいしデブなんですけど、自分が思っていたよりは酷くなかった。(顔の歪みが気になってそこら辺の感覚が麻痺しちゃってたのかもしれないけど)
もちろん、もっと痩せなくちゃだめですけどね。

あと、メイクね。今回はメイクさんがいなくて自分でやったんだけど、本当酷いわ。あの、Eye shadowはないわ………
もっと、メイクも勉強しなくちゃ。



そして、¨芝居¨ですよ。
本当、下手。自分で呆れた。こんなレベルで役者やってるなんて、本当恥ずかしい。
なんか、くせがついちゃってる。台詞が一本化していてめり張りが全く無い。カット割りで表情が繋がっていない...........

もう、数え上げればきりがない。

もっと、演技の勉強しなくちゃ。正直今まで¨演技の勉強¨ってよく分からなかった。例えば、滑舌が悪ければ早口言葉を言うとか、声量を上げる為に腹式呼吸の練習とか。
なにか、テクニックの練習方法なら分かるんだけど、芝居って、¨感覚¨や¨表現力¨じゃない。それをあげる方法ってよく分からなかったけど、もっといろいろな作品を見て、自分の引き出しの数を増やさなくちゃって思った。



でも、今回の『海蛍』を通してすごい考え直しました。

自分のレベルがいかに低いか。今までの思いや考えがいかに甘かったか。


私はすこし欲張りで急ぎ過ぎていたんだと思います。

映画もテレビも舞台もどれでも活躍出来る役者になりたい。




私には¨舞台¨があっているのかもしれないって思いました。顔がデカいのは舞台にはもってこいだし、身長は160cmだから高くはないけどまぁ、悪くはないと思うしね。


舞台に出ている間に顔の歪みを治して、映像に耐えられる顔になる。そして、どのジャンルでも活躍出来る役者になる。




これだ〜〜〜〜〜!!!
これしかないっ!!!!!!

美人じゃない私はこうやって地道に行くしかないんです。

私には役者以外考えられない。一生役者で生きていきたい。


もう覚悟が出来ました。
本当に『海蛍』に参加させて頂いてよかったです。このお仕事をさせて頂いて、気付いた事が沢山あります。

人はダメな部分から成長していくんですね。



スゲーやる気出てきた!!!!!!

よっしゃ〜〜〜〜〜
頑張るぞ!!!!!!!
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ