定期演奏会のリハーサルが始まっています。今日は二日目で、会場は『仙台市青年文化センター コンサートホール』です。

年九回の定期演奏会は、すべてここで行っており、仙台フィルにとって『フランチャイズのような会場』です。あくまでも『ような』ですカラネ・・・・・・・。

ここに楽器庫はありますが、仙台フィル専用ではありませんし、仙台フィル事務局もここにはありません。事務局とホール(練習場を含め)が一緒になっていると、とーーーっても便利なんですけどねぇ〜 
(ホールがほしいなぁ。事務局ともあって、ライブラリアン・ルームには可動式書棚があり、周囲にまいうーな飲食店もあるホールが・・・・・。)






とはいえ、この青年文化センターを利用する機会は多い。

ここで苦労するのが食事。

周囲に飲食店などが少ないのだ。『ウィーンの森』『美昧(ラーメン)』『セブンイレブン』『出前』など・・・・・。指揮者や独奏者などのゲストの方々の希望にそえない事もある。
最初にホールに入って最後に出なければならないスタッフやボーヤ(バイトさんのことね)は、もっと切実 遠くに出れないし、経済状態を考慮すると、食事=コンビニになってしまう。

そんな今日もコンビニになった。ふと常駐バイトのK君を見ると・・・・・・・
723bb156.jpg








デカッ

『ペヤング 超大盛り焼そば』だ

この男、年中『カップ焼そば』を食べている。年間150食ぐらいになるのではなかろうか?
それにしてもデカッ 普通の『ペヤング 焼そば』の二倍の量だ 飽きないのかな?



そんなこんなの定期です(どんなだ)。

《第217回定期演奏会》
Tchaikovsky
 幻想序曲「ロメオとジュリエット」

Prokofiev
 「ロメオとジュリエット」第2組曲 op.64b

Prokofiev
 交響曲第7番「青春」

アラン・ブリバエフ指揮
2月16(金)、17(土)日
19時開演

青年文化センターでお待ちしております。

ところで、Prokofiev「ロメオとジュリエット」第2組曲、楽譜に『op.64b』と記されているが、CDでは『op.64c』となっているものがある。

ミスプリか?

こういう時、ライブラリアンは困る。
『ホントにこの楽譜でいいのか?・・・・・まさか、リハ初日に大問題になったりして・・・・・・・・
などと不安がよぎる。

マエストロのスコアをこの目で見ると、ようやくホッとする。もちろん、今回も大丈夫

しかし、こういう不安は身体によくないな・・・・


これで元気になるかな?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
★★人気BlogRankingへ★★