2010年10月20日

素晴らしい実力者!『Klipsch CUSTOM-2』

92b11e56.jpg



(Klipsch CUSTOM-2。'10年7月、"札幌淀"にて、約12000円[ポイント値引込み]で購入。現在、生産終了)

『Klipsch CUSTOM-2』諸元

型式:カナル型
ドライバー:BA型、デュアル。
再生周波数域:10〜19kHz
インピーダンス:16Ω
感度:112dB



米・klipsch社の『CUSTOM-2』です。
『klipsch社』というと、なかなか馴染みがない会社の様に思われますが…本場アメリカでは"劇場採用シェアNo.1"だったり、『ハードロックカフェ』公式スピーカーに認定(※)されている等、プロユースとして評価されている他、コンシューマとしても"高級オーディオ(スピーカー)メーカー"として認知されている様です。その点で『BOSE』と似ていますね?
(※:日本の『ハードロックカフェ』では米・JBL社を採用)

形状から見て判るとおり、『IEM派生』タイプのイヤフォンではありますが…個人的にはKlipsch社が"プロユース・カスタム"を作ったり、『CUSTOM』シリーズを"プロ"が『IEM』として使われている様子は聞いた事はないのですが…


f92c0b47.jpg



(『CUSTOM-2』本体。円形ではない形状から判る通り、ドライバーには"D型"ではなく"BA型"を採用。)


『SONY MDR-ED238&EX300』『BOSE IE-S』と"D型"ばかりを渡り歩いた訳ですが…そんな中『BA型がイイッ!』と聞いて興味を持ちまして『Klipsch CUSTOM-2』を買った訳です。

『"BA(バランスドアーマチュア)型"ドライバーっちゃ何ちゃ?』と思われるでしょうが…仕組みに関して説明すると長くなる為、こことか、もっと詳しくはこちらとかをご覧頂くとして…非常に"小型"なドライバーで、『音質』として"高解像度"であり"中域(人間の声域=ボーカル域)の特性が良い"とされています。
この為、補聴器に使われてきたそうですが…近年、再生帯域の改善が行われ、目立たない様、小型化が必要な『IEM』に使われ出した事からはじまり、イヤフォンに使われるようになった様です。


7c6865a8.jpg



("外耳道の密閉性"を向上する為、外耳道の型に合わせる様に成形された『Klipsch製品』のイヤーピース。右:SONY製に比べ、左:Klipsch製は"楕円"に成形されているのが判る)


その反面、『BA型』は価格が高く、再生帯域が狭く、耳道に密閉を要し、密閉しなければ音質が低下する、という欠点があります。

"価格"については、『BA型』に対する"特許"を持つ企業があり、それが価格に転化された結果の様です。
また、"再生帯域が狭い点"は各社、高級機になる程、再生帯域の違うBAドライバーを載せる(スピーカーでいうところの"2ウェイ"や"3ウェイ")事で解決をはかっています。
また、"耳道に密閉を要する"点は、『IEM』に関しては外音を遮断する"利点"ともなり得た為(※上記2点も"プロユース"としては)問題になり得るものではなかったのですね。

但し、コンシューマ機としては、頻繁に付け外しをしたり、"快適さ"を求める必要があり、各社工夫が見られます。

イヤーピースの"傘(フランジ)"を2重3重にしたり、『SHURE E2c』の様な柔らかい"耳栓"素材を利用するのも多いです。

『Klipsch製品』では特許を取り、楕円形をした外耳道に合わせた"楕円形イヤーピース"を付属させています。(更に、傘を2重にしたタイプも2サイズ付属)


『音質』等のレビューは"続き"にて…



※※※※※※※※※※※※※※※※


【音質】

…先に触れた通り、外耳道に合ったイヤーピースで外耳道をきっちり"密閉"し、"外音"を入れない位にしなければ、特に"低域"が抜け、『いい音のAMラジオ』的な程度の音になってしまいますので、そういう意味でも"遮音"の必要性があります。(※実はこれは『カナル型』の宿命…)

では、"ライヴ会場"や"航空機内"等の『騒音のまっただ中』以外でIEM派生のイヤホンを使用する"利点"は何か?と言うと、『外音に負けない音量で聴く必要がない』…つまりは『小音量で充分聴こえ、"ヘッドフォン・イヤフォン難聴対策"となる』のと同時、BAドライバーでは構造上、音圧が低いために"外音を遮断する『密閉』"が必要になる様です。(※その為に音圧が高い『低域』が抜け、"AMラジオ"の様な音質になるのかも…)

ただ反面、『接近する車等に(聴覚を塞がれる事で)気づけない』危険性は持ち合わせてしまいます…

さて、肝心の"音質"ですが…買った当初からエージングが必要ない程の音を出していました。
時間経過(エージング)するに従い、解像度の向上が若干あった気もします。

基本的な音質は、"IEM"らしく、実に『フラット』。人によっては"面白み"のない音に聞こえるかも知れません…

尚、『CUSTOM-2』の特徴でもある"デュアルBAドライバー"ですが、他社の"2ウェイ"とは違い、同じドライバーを2つ載せている(※1)そうです。
この"デュアルBA方式"の利点としてKlipsch社は『(シングルBAより)ワイドレンジで艶のある音質』を上げています。
実は『カスタムIEM』や他社ハイエンド機でも、この"デュアルBA式"は採用されており(※2)、個人的見解では『音圧の向上』があるのではないかと思っています。

(※1:メーカー公表ではないが、一説には"別の帯域を再生している"というのがある。同一ドライバーを使用すれば、別種ドライバーで再生するより"交差帯域[クロスオーバー]"に違和感がない、とする説)
(※2:カスタムIEMでは『UltimateEars 18Pro』が片耳"3ウェイ・総デュアル"でBA6ドライバーを、コンシューマでは『UltimateEars 10Pro』や『SHURE SE535』等で片耳"2ウェイ・ウーハーデュアル化"でBA3ドライバー構成等を使用。尚、価格は『UltimateEars 18Pro』が20万弱、『UltimateEars 10Pro』や『SHURE SE535』が約5万。それぞれ為替やショップにより変動あり)


【試聴レビュー】

『Baby cruising Love』Perfume


28efc0df.jpg





(WMA192Kbps、音量:9/16、イコライザー:BASS)

『SONY MDR-EX300』同様、"Perfumeちゃん"らしい、『バッキバキのズカズカのベベベベ』で、『SHURE E2c』と同じく、シンバル系のリズムボックスに"刺さる"ものは無く、かつ『E2c』の低域の音圧が無く…、更に"Perfume"ちゃんの魅力ある歌声を綺麗にまとめ、非常に聴き疲れなく鳴ってくれます。
言うなれば、『身体の左右にスピーカーを置いて聴いている』様な、広い音場で聴こえる感じです。

個人的に"低域"は上げていますが、イコライザーに対して敏感な反応を示しますので、過剰なイコライジングは避けた方が良さそうです。


『女ぎつね on the Run』BARBEE BOYS


2f13dae0.jpg



(CD-DA1.4Mbps、音量:3.5/10、イコライザー:MEGABASS:1/2)

…イマサの"エコー""ディレイ"かかりまくりの、そして様々に音色と表情を変えるギター、エンリケの"うね跳ねる"ベース、コイソの響くドラム…
そして、コンタの"切羽つまった響き"のボーカル&サックス、杏子のハスキーボーカル…
下手なイヤフォンなら、ごちゃごちゃになって聞けたもんじゃなくなってしまう様な曲ですが、しっかりとそれぞれの楽器・声を奏でてくれます。


『575』Perfume


651e110b.jpg



(CD-DA1.4Mbps、音量:2/10、イコライザー:MEGABASS:1/2)

…Perfumeちゃん曲でよく使われる"BOON(細かく揺れる)音"のベース上で重ねられるPerfumeちゃんのラップが、下手なイヤフォンだとPerfumeちゃんの声にまで影響を与えて鳴らされるのですが…そういうの一切ナシ!
更に、この曲の一番のメイン(※自分比)である、ラップ部後半

『おやすみ (おはよう) 季節はまだ"終わってないよ"』

の部分…ココは『CUSTOM-2』で聴くと格別!
シャレにならん位、耳の横で言ってもらってる様に聞こえます。
3人ラップの前半部と、ソロ(?)の"終わってないよ"の部分の違いで、鳥肌立つ!
1番の『おやすみ』後の残響…2番の『おはよう』の響き…更にこの曲の"造り込み"をここまではっきり明示してくれるのは、持っているイヤフォンの中では『CUSTOM-2』だけでしょうね…


【総評】
…IEMらしい"フラット"な音質とBA型を採用した高い解像度(※特にボーカル域)…更にはIEMっぽい"形状"(笑)
若干、音の"薄さ"を気にして、低域ブーストだけしてはいますが、(これと同等、または安い)他社BA機より低域は出てるんじゃないでしょいか?
3万以上は確定の同社・他社含む"フラグシップ機"一段下がこの値段であれば、非常に良い買い物をしたな、と思いました。
現在では通勤・長距離移動のお供です。

欠点らしい欠点は、"布巻きコード"を採用した事による、タッチノイズでしょうか…『ガサゴソ』と、やや気になります。

…実は、買った金額は約12000円(ポイント値引込み)なんですが…定価でいうと約2マソ4セソ円位します…



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ヒロ

コメント(管理者確認後反映)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

トラックバック(管理者確認後反映)
QRコード
QRコード