2009年04月

カケスとキンクロハジロ

昨日は天気が良く、遊ばずに小屋に入れて冬を越したイスやテーブルを外へ出して、庭は何とか形になりました。

午後からは山の畑でまたもや肉体労働、朝から晩まで力仕事の一日でした。

DSC_7953

















山の畑からの眺めです。遠くに見える十勝岳連峰。茶色の木は大半が落葉(落葉キノコの出るカラマツ)です。

DSC_7951

















15キロの鶏糞を10袋。10キロの苦土石灰を5袋、畑に運んで・・・200キロの移動。

挿し木の葡萄。
葡萄は秋に剪定をした枝を、4節くらいに切って1節を土に挿しておくだけで80パーセントくらいは芽が出てきます。

この葡萄は3年目の挿し木です。今年は2〜3個の葡萄が生りそうです。
横一列に棚を造りました。

石灰を撒いて、1週間後くらいに耕してもらいます。

DSC_7986

















DSC_7992

















DSC_7995

















夫は何やら働いています。わたしは疲れたのでカメラを持って逃げ出しました。いつも山に来るとカケスが私の側に来ます。同じカケスのような気がします(そんな事ないな)全く逃げません。シャッターの音に首をかしげたり、私と目が合ったり、高い木の上から私を眺めているようです(ノー・トリミング)

DSC_7854

















先日石狩川に沢山のキンクロハジロが泳いでいました(黒・白が雄)



DSC_7812

















アイヌネギの山でよく見るこれは何ですか?山菜ですか?

DSC_7794

















これも沢山あります。山菜ならいいのにな〜。

野の花 庭の花

良い季節です。山は花だらけ・・・まだ庭は土だらけ・・・

DSC_7839

















ニリンソウ

DSC_7846

















イチゲの仲間でしょうね?
この花が一面の場所を初めて見ました。まだちょっと早いですが、満開の時は綺麗でしょうね。

RIMG0008RIMG0009




北海道の園芸店は冬休みがあります。4月の開店の時に買って、預かってもらっていたクロモジ(黄色い可愛い花が咲いていました)を取りに行きました。帰りに今度はカイドウを買いました。

袋の中はフキノトウ、もう一度味噌を作って冷凍にしてみます。


バラの肥料バイオゴールドセレクション、梅木あゆみさんがバラのために作った肥料だとか。



RIMG0012












万能タレに浸して置いた、しいたけ・煮干などの液に一週間後にかつお節を入れると書いてありましたが、2週間後になってしまいました。

RIMG0014












中の材料を漉して砂糖・味醂を入れて、佃煮を作る(佃煮と言うより、ふりかけ・おにぎりの具材かな)

エゾアカガエルとエゾサンショウウオの卵

長い冬が過ぎ去り、待ちに待った春が訪れました。外に出ると、無限大の数の動植物が逞しく生きています。

其々に名前があって、其々に特徴があって・・・もう私の頭の中には入りきらない程に、どれもこれも興味津々なんです。

DSC_7799

















アイヌネギの沢に行くと、毎年同じ場所に同じようにカエルの卵が待っています。決して良い環境ではなく、日照りが続くと水が無くなりそうな小さな水溜りに卵があります。

DSC_7800

















もうすぐ出てきそうなおたまじゃくしですね。

DSC_7804

















この卵の側に顔を出したカエル。エゾアカガエルでしょうか。

DSC_7801

















この同じ水溜りに少し大きめなカエルの卵とは違った卵塊がありました。エゾサンショウウオでしょう(生まれたての卵は、少し青っぽい色をしているそうです)

昨年、動物好きな友が息子さんと飼育して同じ沢に放しました。家中飼育ケースだらけで大変だったそうです(4月25日撮影)

DSC_7877

















両生類、嫌いな人も多いですね。美しいミズバショウとセリの群生です。
セリの方が興味が有るのですが、周りはゴミだらけ。

DSC_7879

















キバナノアマナの群生です。周りは春の花の群生で足の踏み場を探すほどです。

カタクリ

嵐山散策です。

この日は天気が良く周りの木々はまだ葉を付けていませんが、足元には春植物(イチゲ・カタクリ・フクジュソウ・エンゴサクなど)が咲き乱れ、ヒメギフチョウがフワフワと飛んでいました。

DSC_7937

















DSC_7939

















DSC_7930

















DSC_7918

















DSC_7891

















DSC_7843

















シータテハ

DSC_7932

















エルタテハと思ったらヒオドシチョウですね。成虫越冬すると言うのに、全く痛んでいませんでした(不思議?)

ヒメギフチョウ

私はヒメギフチョウを2箇所で観察します。まだ羽化したばかりなのでしょうか、本当に美しいです。

DSC_7759

















DSC_7755

















DSC_7750

















DSC_7746

















DSC_7739

















DSC_7737

















ゆっくりとフキノトウに止まり、蜜を吸っているようでした。あまり近すぎて、飛び立つと見失ってシャッターを切れません。捕まえようと思えばすぐにでも捕まえられそうです。

RIMG0002

















本を見ていると20年前に頂いたヒメギフチョウが、三角紙に包まれて本に挟まっていました。触角は取れていますが、色あせの無いのにビックリです。

RIMG0004

















子供の夏の宿題で始めた蝶の標本作り。小学1年生だったと思います。その子が26歳ですから、20年ですね。
子供より親がはまってしまい、夫とヒメギフチョウを羽化させた時の標本です。

もう赤い色も無くなり色あせた状態です。

アイヌネギの沢

山菜採りのスタートは、アイヌネギ(ニラよりもっと匂いがキツイが甘い)採りです。
いつもの沢へやって来ました。ヤチブキ(エゾノリュウキンカ)も小さく、今年は昨年よりも山の春は遅いようです。



DSC_7698

















岩の上に15センチくらいのアイヌネギが生えていました。命がけの場所、諦めます。

DSC_7682

















フキノトウとエゾノリュウキンカ

DSC_7702

















DSC_7798

















山にはまだ雪が残っていますが、ヒメギフチョウが舞い、カエルの卵から今にも出てきそうなおたまじゃくしが沢山いました。

DSC_7782

















DSC_7770

















この沢から崖登りが始まります。

DSC_7678

















キセキレイを何回も見ましたが、速さについていけません。

DSC_7819

















カワガラスですね。

エゾエンゴサク

山菜採りのスタートは、アイヌネギ採りです。今日はアイヌネギの生えている崖登りを楽しみにやって来たのですが、まだ小さく一つも採らずに写真撮りを楽しむことにしました。

DSC_7941

















DSC_7907

















DSC_7904

















DSC_7901

















DSC_7898

















DSC_7893

















嵐山散策です。カタクリが咲き、その周りを沢山のヒメギフチョウが舞っていました。



DSC_7922

















DSC_7789

















ザゼンソウとエゾエンゴサク

コンデジで写真を撮る

チャッピーとの朝の散歩、左手に綱を持って右手にコンデジを持ちながら石狩川の河川敷を歩いてきました。

久しぶりにコンデジ(RICOH R10)で野鳥を撮ってみる。ビックリするほど大きく撮れる。

RIMG0862

















RICOH R10(×4.8)イスカ

RIMG0842

















×4.8

RIMG0859

















×4.8  ホオジロ
片手でシャッターを切っているので手振れもしているでしょう。

RIMG0875

















RIMG0876

















RIMG0873

















RICOH R10 マクロ

RIMG0879

















今日の朝の庭の氷

穏やかな朝

5時半、何時ものようにチャッピーと散歩に出かける。

玄関のドアーを開けると、太陽の光が眩しい。朝の空気は肌を引き締め、吸う息が鼻の粘膜を痛い程に刺激する。

RIMG0813

















階段を登り切ると石狩川の土手に着く。其処には大きな空間と穏やかな空気が、私達を待っていてくれる

この影、私です。観音様みたい(笑)

RIMG0816

















何時ものように、仲の良いトビが何時もの場所に留まっている。巣の中にはトビの頭がチョコンと見えている。

RIMG0805

















市街とは反対方向へ自転車が走り去る。

RIMG0833

















庭の畑に去年植えたアスパラが顔を出してきた・・・春ですね〜(´ー`){ぷぷぷ〕

北海道新聞

4月23日 北海道新聞に『北の手づくりわーるど』が掲載されました。
今日も忙しくなりそうです。あと一日頑張っていってきま〜す

RIMG0799
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ