ひろぶろ製作日記

cssのテストなど展示ブログ。あとその他「3代目ひろぶろ」について気が付いたことなど、こちらに書きます。

そんなに私、酷いことしてるのか?

一か月に一回くらいはここに記事を書かなければならないと思って、
今回は以下の内容を記載しておく。が、
この文章は僕が「ひろぶろ」をやり始めたばかりの頃に書いた文章で、
どこにも掲載しないままログが残っていたのでそれをこの機会に記録しておくという。

今現在はこの文章に大した意味はないです。
ただ、せっかく書いたのに消すのがもったいない様に思ったので一応、以下に記載するまでです。
基本的には、当時の他サイトとの相互リンクに関する話と、ひろぶろ立ち上げまでの初代管理人のことなどについて簡単に書いたグチであります。押忍。

↓↓↓以下から↓↓↓



続きを読む

「休み」というものについてモノ申したい。みんなもっと休めよ!!と。


休みというものについて

今正月休みでこれを書いている。
この「休み」というものについては以前からどこかで書いたらなアカンと思っていた。

ズバリ言おう。
日本人は盲目的に働きすぎだバカ。
ただ、外国人は休みすぎだボケ。

外国人が如何に休み勝ちなのか?ということについてはココに詳しく載っている。 
ので、僕がここで言いたいのは主に日本人の休まな過ぎな昨今の状態についてだ。

普段、海外サイトでおもしろ動画を探していると直ぐにあることに気が付く。
それは、海外のニュースサイトは土日にがっつり休んでいる。ということ。
つまり海外のニュースサイトは何処のサイトも記事の更新をしない。(※投稿型の動画サイトは除く。)
だから必然的に、日本の「海外ニュース紹介サイト」は本当なら日曜日や月曜日は面白いネタが枯渇して然るべきである。。

御気付きだろうか?
ひろぶろは基本的には日曜日の昼に「本日の小ネタ」のコーナーを設けているが、それにはそういう意味もあるのだ。お分かりか? 無いんだよ。UPされたてホカホカのおもしろ動画ネタが。日・月曜日は。
※(ただ、この小ネタのコーナーも一つずつ記事化した方がアクセスアップには繋がるということは理解しているし、他のパクりサイトはこの小ネタのコーナーからもよくパクっているのも知っていて、パクリサイトにとっては好都合な記事になってしまっているようなので、それらについても対策は必要だと思っている。パクっているサイトについてはいつか名指しで晒してやろうと思っているが、パクリの概念については別所に既に書いたのでここでは省く。)

にもかかわらずだ。
日本のサイトはバカみてぇーに土日も記事を大量に投稿していて僕はちょっと呆れている。
バイトのライター陣にそう強制させているのか知らんが、実に日本人らしいというか、日本人の悪いところが出ているように思う。個人でやっているなら尚更バカな奴だと思う。
実際に、クソみたいな記事でも盲目的に大量に更新すればそれだけ盲目的なアクセスが稼げるからそうしているのだろうが、それにしてももう少し休めよ!と言いたくなる。休まないほうが合理的なんだろうけど、それでも休めよ!と。まさにエコノミックアニマルと形容したくなる日本人の気持ち悪さだと思う。そして日本で活動する限りは、そういった盲目的な活動に迎合しなければこちらの利益も減るのでやはりコチラもそれに迎合追従しなければならなくなる。ここが一番問題なんだろうと思うし、これが「ブラック企業」などという問題をも生ぜしめ、ジャパニーズ“KAROUSHI”の原因にもなっていると思う。

んで今、お正月だ。
毎年思うけどどこのサイトも正月から普通に記事更新しとるけども、どうなんだそれ。正月ぐらい休めよ!バーカ。

ちょっと関係ない話になるけど、相場のトレーダーにしてもそうだ。殆どボラが無くなってスプも開きまくって証券会社もシステム止めたりしてんのにいつまでチャートに張り付いてやってんだヴァーカ。 チクショウめーっ!

最近は昔と違って正月でもどこの店も開いているから、買い貯めとか必死にする必要も無くなり、すっかり「季節感」ってものも無くなって久しいが、土日だろうが正月だろうがのべつ幕なし働きやがってアホかと。
特にWEB業界やエンタメ業界は正月も普通に働くのがデフォみたいになって来てっけどもさ、
昔はTV番組も正月は撮り貯めたものを放送していたけど今はタレントさんが生で出演していて平日と特に変わらない番組を放送しているもんだから尚更季節感が無くなる。

「正月だから休むとか土日だから休むとか、そういう慣習に盲目的に従う方がおかしいし、合理的でないから」
とか、そこまで考えて働いているのならまだしも、おそらくそうじゃねえだろう。

太宰治は「斜陽」の中でこう言っている。
「この世の中に、戦争だの平和だの貿易だの組合だの政治だのがあるのはなんの為か、あなたはご存じないでしょう。だから、いつまでも不幸なのですわ。それはね、教えてあげますわ。女がよい子を生むためです。」
と。

しかし僕はこう思う。
人類は有史以来、「あまり働かなくても皆が幸せに食っていける状態」を目指してきたはずだ。と。
そしてその為に研究や開発、戦争や貿易、組合だの政治だの、その他色々な方策を取ってきたのではないだろうか?そしてついに、そろそろ、そうなっても良さそうな時代になっているというのに、最先端の先進国でこのあり様だ。
だから僕は割と「ニート」という状態や人を肯定的に捕らえている。人類の理想形だし未来人といっても良い。
朝比奈みくるちゃんだ。

これらは現代の矛盾である。
ダライ・ラマ14世はこの矛盾についてこう言っている。

大きくなった家、少なくなった家族 
便利になって、時間がない 

増える学位、鈍くなる感性 
増す知識、衰える判断力 
増える専門家、増える問題 
増える薬、損なわれる健康 

はるか月まで行って帰ってくる時代 
新しい隣人に会う為に道一つ越えられない 

情報を蓄え、複製するためにコンピューターを作り、 
真のコミュニケーションは減る 
私たちは量を重んじ、質を軽んじるようになった 

ファーストフードと消化不良の時代 
大きな身体と狭い心、伸びる利益、そして薄まる絆 

ショーウィンドウに多くのものが陳列されていて 
倉庫には何も無い、これが我々の時代だ 

オム・マニ・ペメ・フム!
楽になるために苦労して働いている。現代。日本。違うかい?

僕などは本当なら正月なんか10日くらいまで休んでもいいんじゃないか?と思っているクチだ。
そう思う僕は、もう、「古い」んだろうか?



 

2016年の記事まとめの補足。パクりサイトについて


7位、
ブラックジャックのディーラーにイタズラ
ブラックジャックのディーラーに“卑猥な”名前を呼ばせるイタズラww!!


このネタも、他サイトでは召喚できない、キュレーションできない、パクれない、「ひろぶろ」ならではのネタで良いと思う。実際、この動画は今年海外では割と話題になったのに他の、かなり主要なサイトでもこの動画は紹介してない。時々コメント欄やその他の箇所で指摘してくれる人がいてとてもうれしいんだけど、如何に他のサイトがひろぶろからネタをパクっているか?ということが逆説的に分かる記事であったとも思う。ひろぶろは別に(ロイターや共同通信みたいな)ニュースの問屋じゃないんだよ。にもかかわらず実質、そういう様相を呈している部分もあるよね。っと。それならそれでそれなりの対価が欲しいしあって然るべきだと思っている。
それから、自分で言うのもナンだけど、「ペ♨ス」は元々“ピーネス”といった感じに発音する!という事を知っていないとなかなか紹介できない記事でもあると思うよ!どこにもThe pronunciation is similar to Pe●isなんて書いてないからね。じゃあなんでそんなに隠語の発音に詳しいんだ?っつー話になるんだけどね(笑) hiphopのラップのリリックによく出てくるからさ…。
ちなみに、ペ¥スの正確な発音はコチラ。(スピーカーのマークをクリック)

ひろぶろへ戻る



YouTubeや広告収入の仕組み。ユーチューバ―の収入の問題について

game_jikkyou
最近はPPAP、ピコ太郎の大ヒットというニュースが印象的でしたが、
あれだけ世界的にヒットしたにもかかわらず、(少なくともユーチューブからは)それほどの収益をあげられていないのではないか?という話題もあった。

そうでなくとも、前々からユーチューブって全然儲からないという話は色々な所から聞いていた。

パクった動画を再編集したり、静止画と文字情報だけの動画などでアクセスを稼ごうとする輩が沢山でてきてしまうのは問題だと思うけど、本当に良いオリジナルの動画をUPして、或いは良い動画でなくとも、とにかくオリジナルの動画をUPして再生回数が稼げたなら、それ相応の報酬を得て然るべきだと思うし、そうあって欲しいという気持ちがなんとなくある。
また、TV曲も、公式チャンネルから自社の番組を普通にYouTubeにUPすることで、若しくは少額の有料放送にすることで、十分利益が上がるという仕組みがあったほうが良いと思う。そうすればその動画をパクって再編集してUPするバカがいなくなるだろうしね。
ミュージシャンのMVに関しては、VEVOという機関が一括してこれをやっていて、アーティストにもお金が入る仕組みになっていると思うので良いと思う。


この辺の広告収入的な話し全般に言えることだが、
どこか一機関(或いはGoogle社等)が摂取するような事を止めて、もっとその利益やアクセスを還元できない物だろうかとよく考える。
この辺の類のことについては、要するにwin-win、若しくは「三方良し」といった状態に出来るはずだと常に思っている。

で、YouTubeは儲からない・・・というのが定説になりつつある現在だが、
これって日本だけのことなのだろうか? だとしたら日本人だけ摂取されていて大問題だと思う。
というのは、海外のユーチューバーは億万長者になっている訳だし、ある程度儲かるからこそ、みんな積極的に動画を作りUPしているのだろう?

そもそも、海外のYouTubeでも本当にそんなに儲からないのなら、海外のユーチューバ―とかだったらおとなしい日本人と違って黙ってないと思うんだけどどうなんだろう?

ユーチューブが儲からないというのは日本だけなのでは? という、一抹の不安を感じたのでここにその疑問を呈してみた。

もっとさあ、こう・・・、
何の取り得も無いクズで無職なんだけど、一応ユーチューブにおもしろ動画とかを投稿していれば、なんとか食っていけるくらいの収益は上がる…とか、それくらいの余裕のある世の中になってほしい様な気もする。


YouTube 成功の実践法則53
木村 博史
ソーテック社
2014-12-04

腰を痛めた原因と対処法。あと少しアクセスの話など。

とりま一か月に一回は更新しなければと思い、今回も取り急ぎこの記事を書く。

最近、どうやら管理人は腰をやっちまったらしい。

長時間イスに座った状態・・・に限らず、同じ姿勢を続けると筋肉が凝り固まる。
つまり、昔から云われている当然の話でもあるのだが、「体の凝り」というものは同じ姿勢を続けたがために生じた愁訴であり、なるべく同じ姿勢を保たない努力をすることで改善することがあると思われる。
同じ姿勢を取り続けることで生じる症状は、最悪の場合、坐骨神経痛や腰痛、痔ろうなどになるのだが、僕は体質的に特にこの「同じ姿勢の維持」に弱い体質っぽい。
んで今回の腰痛に関しては、半月ほど前に少しだけ、いつも座っている椅子の高さを変更したことにより、背もたれを使わずに座るような恰好を無意識に長時間続けていた為であろうと思われた。
自身の備忘録としてここに記しておく。
ちゃんと背もたれに体重を乗せる様に座ることで、この症状は大分改善してきた今現在である。


さて、今回はまたアクセスのことについて少し書いておく。

また最近、異常なアクセス低下が多くのニュースサイト等で発生していたようだ。
アクセス解析で原因を調べてみると、やはり今回も2ちゃんねるまとめサイトのアクセスが半分ほどに減ったがための様だった。このサイトで前から言っているが、もう2ちゃんねるまとめサイトの枯れっぷりはどうしようもないほどで、若者の2ちゃんねる離れみたいなものが発生しているのだと思う。というかしている。もちろん、少子化やヴァイラルサイト(糞)の影響もある。
当サイトひろぶろは2ちゃんねるまとめサイトからの逆アクセスを沢山頂いてきたので、あまり2ちゃんねるまとめサイトの低迷ぶりを公に認めたくはないのだが、これだけ長期間にわたって完全に数字が取れなくなっていると多少は書いても良いだろうと思いここに記載している。そして、2ちゃんねるまとめサイトからの逆アクセスなどというものは、もうかなり前から「スズメの涙」ほどしかない。もちろん、それ以外のサイト(海外の反応系サイトなど)からのアクセスも然りだ。
以前にも書いたが、もう全然アクセスのギブ&テイクなど成立しない。
一応、例外として、おいしいお様とパンドラの憂鬱様からは逆アクセスが多くあるが、その2サイトもいつまでモツのか心配で僕は見守っているといった感じの現状だ。

とにかく、最近の尋常じゃないアクセス低下の話に戻り・・・、
以下はおいしいお様の左サイドバーに貼ってあるアクセス数の推移のキャプチャだが、ここ数日、一体何があったのか??と世の中全体に問いただしたいくらいの、尋常じゃないアクセス低下があった。

2016y10m15d_224503306
ちなみに10日は190000以上あった。
実に半分近くまで減っているではないか。
こういうこと、つまり、永くサイトを運営していると「意味不明なアクセス低下」は何度もあるのでいちいち言っては居られないが、それにしても最近はそういう状態が慢性的になっているし、もう少しサイト運営者同士で助け合うとか何かできないものかとモドカシサを感じる。


もう少し他サイトもがんばれよ!と、言いたいことは色々ある。
僕がひろぶろを始めたばかりのころは、大きなアクセス数で栄華を誇っていた2ちゃんねるまとめサイトの現在の惨めな体たらくぶりは本当に…ムカつくくらいだ。あれだけエラそうにしていたくせに、今ではスズメの涙ほどの逆アクセスしか送れていないということに腹立たしくも思う。




吉田沙保里 「コレガ…ハイボク ト イウモノカ……フフッ」

今日は、すっかり日本のチャック・ノリスと化していた吉田沙保里ネキが言いそうなセリフを考えたみた。
とはいえ、これは僕の好きな映画「ブレードランナー」でルドガー・ハウアー演じるレプリカントが最後に言うセリフ。

【吉田沙保里 談】

お前ら人間には信じられぬものを俺は見てきた

オリオン座の近くで燃えた宇宙戦艦や

暗黒に沈むタンホイザーゲートで光るALSOKビーム

アテネに沈む夕日や北京の光化学スモッグ

だが・・・、そんな記憶も、時とともに消えてしまう

雨の中の・・・、涙のように

その時が来た


Blade runner - I've seen things you people wouldn't believe... Time to die


金は・・・ 3つでじゅうぶんですよ・・・




twitterその他
livedoor プロフィール
twitter



タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ