ひろぶろ製作日記

cssのテストなど展示ブログ。あとその他「3代目ひろぶろ」について気が付いたことなど、こちらに書きます。

その男、体調絶不調につき


我が持病と言っても良い歯痛が過去最高に悪化し、このままだとちょっとした手術になるかもしれず、今後暫くどうなるか分からない。本家サイトひろぶろの更新もままならない。

昨日今日は痛み止めをスナック菓子の様に大量に飲むも、もう痛み止めも効かない様だ。

困った。実に困ったなぁ。



いわゆる「サスケ(SASUKE)」についてのアイデア。

サスケ

「サスケ(SASUKE)」ってあるじゃないですか。海外版で言うならNinja Warriorってやつ。
あれ、失敗すると水にドボンでしょ?
でもね、その水の中に一週間くらいエサを与えていないお腹ペッコペコのピラニアを100匹くらい放しておいたらどうだろうか?ついでに最凶と云われているカンディルも入れておく。そうすれば失敗する人が割と少なくなると思う。
 あるいはサメ。或いはワニ。

そもそも「水」じゃなくて溶岩にしても良いと思う。
その方が絶対面白いと思う。

山田の命がいくつあっても足りないくらいだが・・・。



 

人権を無視した「囚人力発電」のトンデモアイデア


hysteric_karyoku
東北大震災の影響から、「発電」というものについて少し調べてみたんだけど、
「発電」というものは水力だろうが火力だろうが風力だろうが、そして原子力であろうが、
結局のところその力で“タービンを回して”電力を作りだしているとのことだった。

なるほど。つまり何でもいいから“タービン”というものを回せば電力が生み出せるのだと、理解した。
次に、その「タービン」というモノはどう言うものなのか?と思って調べてみたら、これが超巨大な代物で、とても人力で動かせる様なものではないことも理解した。

しかし…である。
そこはドイツ製のベアリングでも付けてグルッグル回せるようになんとか改良してもらって…、
或いは小型化してマニ車みたいに簡単に回せる様にしてだ・・・、
これを囚人、特に死刑囚に強制的に回させたらどうだろうか?
もうお前ら本来なら死刑だけど、どうせ死刑になるならこのタービンを懺悔しながら一生回してろよ!
それでも実際に「死刑」になるよりは、生きていられる分、この方がマシだろ!?と。

当然、不真面目であろう死刑囚がそんなものに協力的に動くとは思えないので、“回さざるを得なくなる”仕組みを構築しておく。例えば、インセンティブを与える。タービンを3億回転させたら1日外出権を与える!とか。
どうせ死刑囚なんだからそんなのウソで構わない。
日常的にも利益を得られるように誘導するのも大切だろう。そもそもタービンを回さなければ飯がもらえないという仕組みにしておけばイヤでも回すだろうし、それでも回さなかった場合は当初の予定(死刑)通り餓死するという。
何人もの人を苦しませ殺めてきた死刑囚が公的機関によって楽に絞首刑にされるよりはずっと良いのではないだろうか?
どんな死刑囚でも、回せば回すほど「ペリカ」みたいなものが稼げて、それによってホカホカの焼き鳥やビールを買うことも出来る様にしておけば良いかも。ていうかそれ、そのまんまカイジの地下世界じゃんw。
だからもう少しキツめな設定を考えてみる。
タービンを300回転させたらピーナッツが3個くらいコロンッと出てくる部屋に閉じ込める。
いつもピーナッツだと飽きるから、時々、ランダム・イレギュラー的にカシューナッツだったりアーモンドだったりする。
(これが後の「パチンコ」である)
また、500回転させるとニボシや甘納豆、ポテチ1枚、角砂糖が2個くらいコロンッと出てくるようにする。
あ、ていうか死刑囚に限らず他の受刑者も、つまり刑務作業は全部これにすれば良いのではなかろうか?

これで世界の電力も安泰だ!!

よかったよかった。


まあ、実際には競輪選手が一日中ペダルを漕いで作った電力を売電しても食っていけないくらい効率が悪いらしいので、まずはそこのところの効率を高める研究を是非とも(略)

あと、基本的に、全国のごみ焼却場は火力発電所も兼ねれば良いのではないだろうか?




今回の体調不良について。

kaze_woman
23日の朝、起床してから1時間くらいは全く何の問題もなかったのだけれど、
突然、強烈な寒気に襲われ、全身の関節や筋が痛くなってきた。
「こりゃ…インフルエンザだな・・・」と思って、何とかその後の予定の調整をしていたのだけれど、そうこうしているうちにもどんどん熱が上がってきてしまって、急きょ病院に行くことにした。

しかし、このブログでもう何度も書いているように、当方は毎年インフルエンザのワクチンを自主的に打っている。
やっぱり予防接種なんて効かないのか…と思う間もなくどんどん熱は上がり、ついに全ての予定をキャンセルし、暫く療養することにしたのだった。

結局その後二日間、熱は出続けたのだが、それ以外の症状が微妙にインフルエンザと異なる。
実は病院の検査でもインフルエンザは「陰性」だった。(しかし、インフルエンザの検査は早すぎると“出ない”ことがあるらしい)

完全に、且つ、著しく顕著に明確に酷く(何重表現だよw)体調を崩したのは確かだが、正確にはインフルエンザではなかったのではないか?と今は思っている。

という訳でなんとか今日から完全に復活しました。
貯めてしまった仕事をやらなければならないので忙しいが。

それにしてもこのブログはインフルエンザ日記みたいになってきたし、
実際、何でこんなに体調を崩しやすいのだろうと・・・、



そんなに私、酷いことしてるのか?

一か月に一回くらいはここに記事を書かなければならないと思って、
今回は以下の内容を記載しておく。が、
この文章は僕が「ひろぶろ」をやり始めたばかりの頃に書いた文章で、
どこにも掲載しないままログが残っていたのでそれをこの機会に記録しておくという。

今現在はこの文章に大した意味はないです。
ただ、せっかく書いたのに消すのがもったいない様に思ったので一応、以下に記載するまでです。
基本的には、当時の他サイトとの相互リンクに関する話と、ひろぶろ立ち上げまでの初代管理人のことなどについて簡単に書いたグチであります。押忍。

↓↓↓以下から↓↓↓



続きを読む

「休み」というものについてモノ申したい。みんなもっと休めよ!!と。


休みというものについて

今正月休みでこれを書いている。
この「休み」というものについては以前からどこかで書いたらなアカンと思っていた。

ズバリ言おう。
日本人は盲目的に働きすぎだバカ。
ただ、外国人は休みすぎだボケ。

外国人が如何に休み勝ちなのか?ということについてはココに詳しく載っている。 
ので、僕がここで言いたいのは主に日本人の休まな過ぎな昨今の状態についてだ。

普段、海外サイトでおもしろ動画を探していると直ぐにあることに気が付く。
それは、海外のニュースサイトは土日にがっつり休んでいる。ということ。
つまり海外のニュースサイトは何処のサイトも記事の更新をしない。(※投稿型の動画サイトは除く。)
だから必然的に、日本の「海外ニュース紹介サイト」は本当なら日曜日や月曜日は面白いネタが枯渇して然るべきである。。

御気付きだろうか?
ひろぶろは基本的には日曜日の昼に「本日の小ネタ」のコーナーを設けているが、それにはそういう意味もあるのだ。お分かりか? 無いんだよ。UPされたてホカホカのおもしろ動画ネタが。日・月曜日は。
※(ただ、この小ネタのコーナーも一つずつ記事化した方がアクセスアップには繋がるということは理解しているし、他のパクりサイトはこの小ネタのコーナーからもよくパクっているのも知っていて、パクリサイトにとっては好都合な記事になってしまっているようなので、それらについても対策は必要だと思っている。パクっているサイトについてはいつか名指しで晒してやろうと思っているが、パクリの概念については別所に既に書いたのでここでは省く。)

にもかかわらずだ。
日本のサイトはバカみてぇーに土日も記事を大量に投稿していて僕はちょっと呆れている。
バイトのライター陣にそう強制させているのか知らんが、実に日本人らしいというか、日本人の悪いところが出ているように思う。個人でやっているなら尚更バカな奴だと思う。
実際に、クソみたいな記事でも盲目的に大量に更新すればそれだけ盲目的なアクセスが稼げるからそうしているのだろうが、それにしてももう少し休めよ!と言いたくなる。休まないほうが合理的なんだろうけど、それでも休めよ!と。まさにエコノミックアニマルと形容したくなる日本人の気持ち悪さだと思う。そして日本で活動する限りは、そういった盲目的な活動に迎合しなければこちらの利益も減るのでやはりコチラもそれに迎合追従しなければならなくなる。ここが一番問題なんだろうと思うし、これが「ブラック企業」などという問題をも生ぜしめ、ジャパニーズ“KAROUSHI”の原因にもなっていると思う。

んで今、お正月だ。
毎年思うけどどこのサイトも正月から普通に記事更新しとるけども、どうなんだそれ。正月ぐらい休めよ!バーカ。

ちょっと関係ない話になるけど、相場のトレーダーにしてもそうだ。殆どボラが無くなってスプも開きまくって証券会社もシステム止めたりしてんのにいつまでチャートに張り付いてやってんだヴァーカ。 チクショウめーっ!

最近は昔と違って正月でもどこの店も開いているから、買い貯めとか必死にする必要も無くなり、すっかり「季節感」ってものも無くなって久しいが、土日だろうが正月だろうがのべつ幕なし働きやがってアホかと。
特にWEB業界やエンタメ業界は正月も普通に働くのがデフォみたいになって来てっけどもさ、
昔はTV番組も正月は撮り貯めたものを放送していたけど今はタレントさんが生で出演していて平日と特に変わらない番組を放送しているもんだから尚更季節感が無くなる。

「正月だから休むとか土日だから休むとか、そういう慣習に盲目的に従う方がおかしいし、合理的でないから」
とか、そこまで考えて働いているのならまだしも、おそらくそうじゃねえだろう。

太宰治は「斜陽」の中でこう言っている。
「この世の中に、戦争だの平和だの貿易だの組合だの政治だのがあるのはなんの為か、あなたはご存じないでしょう。だから、いつまでも不幸なのですわ。それはね、教えてあげますわ。女がよい子を生むためです。」
と。

しかし僕はこう思う。
人類は有史以来、「あまり働かなくても皆が幸せに食っていける状態」を目指してきたはずだ。と。
そしてその為に研究や開発、戦争や貿易、組合だの政治だの、その他色々な方策を取ってきたのではないだろうか?そしてついに、そろそろ、そうなっても良さそうな時代になっているというのに、最先端の先進国でこのあり様だ。
だから僕は割と「ニート」という状態や人を肯定的に捕らえている。人類の理想形だし未来人といっても良い。
朝比奈みくるちゃんだ。

これらは現代の矛盾である。
ダライ・ラマ14世はこの矛盾についてこう言っている。

大きくなった家、少なくなった家族 
便利になって、時間がない 

増える学位、鈍くなる感性 
増す知識、衰える判断力 
増える専門家、増える問題 
増える薬、損なわれる健康 

はるか月まで行って帰ってくる時代 
新しい隣人に会う為に道一つ越えられない 

情報を蓄え、複製するためにコンピューターを作り、 
真のコミュニケーションは減る 
私たちは量を重んじ、質を軽んじるようになった 

ファーストフードと消化不良の時代 
大きな身体と狭い心、伸びる利益、そして薄まる絆 

ショーウィンドウに多くのものが陳列されていて 
倉庫には何も無い、これが我々の時代だ 

オム・マニ・ペメ・フム!
楽になるために苦労して働いている。現代。日本。違うかい?

僕などは本当なら正月なんか10日くらいまで休んでもいいんじゃないか?と思っているクチだ。
そう思う僕は、もう、「古い」んだろうか?



 
twitterその他
livedoor プロフィール
twitter



タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ