ひろぶろ製作日記

cssのテストなど展示ブログ。あとその他「3代目ひろぶろ」について気が付いたことなど、こちらに書きます。

ハンドスピナーを買った話。


あんなものただのベアリングであってバカバカしいなあ…
という思いは僕にも当然あったのだが、ヒョンなことから手に入って、
僕がマイコンにピッポッパッ…と打ち込んで仕事をしている間、常にその傍らに置いている。そうするとやはりというか、これ、メチャクチャはまるw。さすが流行っただけのことはあるなと思った。

これを回していると何かやったような気になるというか、手持ちぶたさが解消されるというか、本当に言われている通りのそれだけのことなんだけど、きっとそれがいいんだろうな。と。 
これにもし発電、蓄電機能があったら…とか、何か役に立つ機能が付いていたら…と考えてしまいがちだが、そうではなく、やっぱりただ回るだけだからいいんだろうと。

でもこれは嵌る。面白いかも。あるとつ~いつい弾いちまう。
バカバカしいのは十分承知の上で、でもついつい集めたくなるのも理解した。
何事も経験だ。



2017年、この夏の出来事!!


ヤバい。
一か月に一回は更新しようと思っていたこのブログだけど、気が付けば8月は更新しなかった。
なので今この記事を取り急ぎ書いて8月の記事とする。。妙に忙しいのだ。

あまり調子は良くなかったな。この8月は。
とにかく持病の歯痛に振り回された夏だったと言っても過言ではない。

書きたいことは色々あるのだが、今もちょっと忙しいし忘れてしまったのでまたの機会に譲る。

さて、一応、記録しておきたいのは、毎年言っていることだが、やはり今年も夏休み期間というのは非常にアクセス数が減っていたということ。これは致し方ないのだろうが、それならそれで、中の人も夏は完全に休んでバカンスにでも行ってしまって良いのではなかろうか??と思った。

以上です。


毎年恒例の夏枯れのことなどについて


体調はまあまあ良くなったのですが、今年もこの時期は夏枯れ市場になったなと。
去年も書いたかと思いますが、この時期は世の中全体の、経済活動等が停滞する時期の様な気がします。
それがなぜなのか??とか、詳しくは去年もどこかで書いたような気がするので今年は割愛。

夏休みが始まると同時に、そして夏休みが終わるまで、こんな感じで、サイトのアクセス数も減るってなもんだ。
ただそれは他のサイトもそうみたいだし毎年の事なので良いのだが、なんだろう・・・。
夏休みになるとサイトにアクセスしなくなる層ってつまり小中学生??

秋から頑張る。




その男、体調絶不調につき


我が持病と言っても良い歯痛が過去最高に悪化し、このままだとちょっとした手術になるかもしれず、今後暫くどうなるか分からない。本家サイトひろぶろの更新もままならない。

昨日今日は痛み止めをスナック菓子の様に大量に飲むも、もう痛み止めも効かない様だ。

困った。実に困ったなぁ。



いわゆる「サスケ(SASUKE)」についてのアイデア。

サスケ

「サスケ(SASUKE)」ってあるじゃないですか。海外版で言うならNinja Warriorってやつ。
あれ、失敗すると水にドボンでしょ?
でもね、その水の中に一週間くらいエサを与えていないお腹ペッコペコのピラニアを100匹くらい放しておいたらどうだろうか?ついでに最凶と云われているカンディルも入れておく。そうすれば失敗する人が割と少なくなると思う。
 あるいはサメ。或いはワニ。

そもそも「水」じゃなくて溶岩にしても良いと思う。
その方が絶対面白いと思う。

山田の命がいくつあっても足りないくらいだが・・・。



 

人権を無視した「囚人力発電」のトンデモアイデア


hysteric_karyoku
東北大震災の影響から、「発電」というものについて少し調べてみたんだけど、
「発電」というものは水力だろうが火力だろうが風力だろうが、そして原子力であろうが、
結局のところその力で“タービンを回して”電力を作りだしているとのことだった。

なるほど。つまり何でもいいから“タービン”というものを回せば電力が生み出せるのだと、理解した。
次に、その「タービン」というモノはどう言うものなのか?と思って調べてみたら、これが超巨大な代物で、とても人力で動かせる様なものではないことも理解した。

しかし…である。
そこはドイツ製のベアリングでも付けてグルッグル回せるようになんとか改良してもらって…、
或いは小型化してマニ車みたいに簡単に回せる様にしてだ・・・、
これを囚人、特に死刑囚に強制的に回させたらどうだろうか?
もうお前ら本来なら死刑だけど、どうせ死刑になるならこのタービンを懺悔しながら一生回してろよ!
それでも実際に「死刑」になるよりは、生きていられる分、この方がマシだろ!?と。

当然、不真面目であろう死刑囚がそんなものに協力的に動くとは思えないので、“回さざるを得なくなる”仕組みを構築しておく。例えば、インセンティブを与える。タービンを3億回転させたら1日外出権を与える!とか。
どうせ死刑囚なんだからそんなのウソで構わない。
日常的にも利益を得られるように誘導するのも大切だろう。そもそもタービンを回さなければ飯がもらえないという仕組みにしておけばイヤでも回すだろうし、それでも回さなかった場合は当初の予定(死刑)通り餓死するという。
何人もの人を苦しませ殺めてきた死刑囚が公的機関によって楽に絞首刑にされるよりはずっと良いのではないだろうか?
どんな死刑囚でも、回せば回すほど「ペリカ」みたいなものが稼げて、それによってホカホカの焼き鳥やビールを買うことも出来る様にしておけば良いかも。ていうかそれ、そのまんまカイジの地下世界じゃんw。
だからもう少しキツめな設定を考えてみる。
タービンを300回転させたらピーナッツが3個くらいコロンッと出てくる部屋に閉じ込める。
いつもピーナッツだと飽きるから、時々、ランダム・イレギュラー的にカシューナッツだったりアーモンドだったりする。
(これが後の「パチンコ」である)
また、500回転させるとニボシや甘納豆、ポテチ1枚、角砂糖が2個くらいコロンッと出てくるようにする。
あ、ていうか死刑囚に限らず他の受刑者も、つまり刑務作業は全部これにすれば良いのではなかろうか?

これで世界の電力も安泰だ!!

よかったよかった。


まあ、実際には競輪選手が一日中ペダルを漕いで作った電力を売電しても食っていけないくらい効率が悪いらしいので、まずはそこのところの効率を高める研究を是非とも(略)

あと、基本的に、全国のごみ焼却場は火力発電所も兼ねれば良いのではないだろうか?




twitterその他
livedoor プロフィール
twitter



タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ