ひろぶろ製作日記

cssのテストなど展示ブログ。あとその他「3代目ひろぶろ」について気が付いたことなど、こちらに書きます。

吉田沙保里 「コレガ…ハイボク ト イウモノカ……フフッ」

今日は、すっかり日本のチャック・ノリスと化していた吉田沙保里ネキが言いそうなセリフを考えたみた。
とはいえ、これは僕の好きな映画「ブレードランナー」でルドガー・ハウアー演じるレプリカントが最後に言うセリフ。

【吉田沙保里 談】

お前ら人間には信じられぬものを俺は見てきた

オリオン座の近くで燃えた宇宙戦艦や

暗黒に沈むタンホイザーゲートで光るALSOKビーム

アテネに沈む夕日や北京の光化学スモッグ

だが・・・、そんな記憶も、時とともに消えてしまう

雨の中の・・・、涙のように

その時が来た


Blade runner - I've seen things you people wouldn't believe... Time to die


金は・・・ 3つでじゅうぶんですよ・・・




良い、win-winの人身売買という考え方について。

例えば会社を立ち上げようと思うとき、
「どんな人をどれくらいの給与で雇うか?」という問題が必ず出てくるが、
どんな人をどれくらいの給与で雇おうとも、結局他人などアテにならないし、難しい部分が多いだろう。
また、社長の自分はその事業の成否が生死に関わるという気持ちでやっているが、雇った従業員は一緒に心中はしてくれないだろう。

しかし、こう考えてみてはどうだろうか?

人材についても、お金持ちが「お買い物」として買う人身売買なのだと。
人の時間とサービスを買うのだ。そして、従業員として雇う場合、“それ”は単なる投資物件だ。
その物件がどれだけ売り上げを伸せて来てくれるかは様々だろうが、
あくまでも一つ一つの投資物件の「お買い物」だ。


だからあまり最初に雇う人や、今いる従業員に賭ける必要はない。
ダメだったら次を買ってくれば良い。

風俗嬢や執事、秘書、家政婦、エンジニアや作業員、営業マン、会計士、税理士、弁護士等の雇用、
その他、相談役、友達、愛人に至るまで、これらは単なる人身売買である。

だからこれをイメージ化しやすくするために、クラウドソーシングのように、人がそれぞれアピール内容を書いてパッケージ化して売り出している状態を思えば良いかも。箱に「私は○○○が出来ます!」とか「○時~○時まで働けます!」とか製品情報が記載されている状態だ。
人間がフィギュアのようにパッケージ化して売られているのだ。躊躇うことなくそれを買えば良い。

極力コストを抑え、より良い人材をなるべく安価で雇いたいと思って気負ってしまいがちだが、
こう考えるとだいぶ雇用に関して気が楽になるのではないかと。

雇用とは人身売買であり、単なる商品であると。
こう言うと「酷い・・・」と思う人もいるだろうが、これはあくまでも経営者が考え方として、気持ちを楽にする方法、考え方、例えである。

ただ、「人間(他人の時間やサービス)」という商品は情が移ったり非常に値が張るというのが難点だが…。


ハート様


それから、
会社、個人事業というものは、常に売り上げに対して少ない人数で行わなければならない。
それが経営の基本であり、資金を(主に人件費を)無駄遣いせずに利益を上げていく大原則である。
また、それが、かつて世界中の左翼が熱狂したマルクスとエンゲルスの「資本論」で指摘された、「資本主義の矛盾」でもある。

しかし、自分、若しくは従業員が楽に楽しく働く法則とは逆行する。

要するに、いつも少し人手不足で忙しいという状況を保っていくことが最善であろうと思われるが、
その「人手」の中に自分を入れてはいけないということだ。










これから色々リニューアル予定

一か月に一度くらいは更新しないと思って今回も取り急ぎこの記事をUPする。
何度も言っていることだが、本当はこのブログもちゃんと整備しして、毎日本家で紹介した記事の感想等を書こうと思っている。

不平不満や、自分が気が付いた世の中の矛盾を指摘したり、サイトに関する憤りを書いているブログがよく在り、そんなことを書いても読者の意識を変えることも出来ないし無意味で無駄なことだと思う。無駄なことだとは思うけど、結局そんなことしか書くことが無かったりして、あんまりネガティブなことも言いたくないので、やっぱり更新滞る。


で、
ひろぶろはそれなりにアクセスがある。
ただ、このブログやひろぶろDJミュージックの方には殆ど人が来ていない。

ひろぶろのアクセスの実に1万分の1の人しか来ないっておかしくね?

もうすこしこう・・・、興味を持ったらどうかと・・・。
なんていうか・・・こう・・・、おかしいだろ!うまく言えないけど…。

このブログも音楽の方のブログも、アクセスが来るようにちゃんと整備するつもりだし、
今はまだそれが成されていないからアクセスが少ないのもわかるんだが、それにしてももう少し・・・
ひろぶろが好きでひろぶろで紹介するネタのファンならもう少しその裾野の部分も探求しようとか思わないのかな?
僕だったらチェックだけはする。だからこそ言うんだけど。
世の中のアホ共も、僕みたいにもう少し何かをチェックしたり勉強したりしてはどうかね?



だぁ~~~~れも見てないから書く気も失せるけど、
こうして書き始めるとウダウダと長くなってしまうので・・・、

ひろぶろに関しては近々、やっと大きくリニューアル工事が出来るのではないかな?とは思っている。



逆アクセスの話し。

このブログも最低でも一か月に一回くらいは更新させないと思って今取り急ぎ書いている。

というわけで今回は少しだけ逆アクセスの話。

もう最近では2ちゃんねるまとめサイトからの逆アクセスが本当に微々たるものになってしまった。
朝の記事紹介では一応、今まで逆アクセスに応じて選んでいたけど、もうそれだとほとんど成立しなくなってきている。

もともと2ちゃんねるまとめサイトの連中はアクセスのギブアンドテイクとか全然意識してないみたい。
なぜなら、これも元々、あれらのサイトは全くギブアンドテイクが成立していないアンテナサイトからのアクセスに甘んじてきたからだろう。

前にも書いたが、1日の逆アクセスが大体100位なら、当サイトでそのサイトを紹介する頻度は3日に1回で十分ギブアンドテイクが成立するだろう。でも、2ちゃんねるまとめサイトで1日100くれるサイトなど限られている。全滅の時もある。

それでも奴らはお構いなしだ。
そのアクセスのギブアンドテイクなんてもともとまったく気にしていないからだ。
あまりにも逆アクセスが少ないから、当サイトから暫く紹介するのを見送っていると、相互リンクを切るバカサイトも沢山ある。

全くバカだと思う。

あと、これは知っている人は知っている僕の別サイトにも書いたことだけど、
マキャべリは「隣国を援助する国は亡びる。」と言っている。
詳しくはここでは省くが、
そのサイトから全く逆アクセスが無いのにそんなこと御構い無しに、糞ヴァイラルメディアの記事を平気で紹介しているサイトも、遠くない未来に滅びるだろう。

そしてそんなんだから潰れていくサイトも多くある。
そんなこと(アクセスのギブアンドテイクのこと)すら分からず、あるいは無頓着にやっているからテメェんとこのサイトは廃れるんだよ!

バカが。



良くなろう!!善くなろう。善い人間でありたいという意思が大切。


先日、本家サイトの方で紹介したチェルシーFCのフーリガンの映像について。

なんていうのかな…。

僕は「ジョジョの奇妙な冒険」でアバッキオの警官時代の相棒が言ったセリフを思い出した。

というのは、
人って、なかなか幸せには生きられないものだけど、良くなろう!善い人間になろう!とか、善い生活がしたい!でもいいんだけど、そんな風に思って生きている奴はいつかは良くなると思うんだよね。善くなろう、若しくは、善く在ろう!という意思が有るか無いかが凄く重要な気がしたわけです。

件のフーリガンの連中や、日本でも、ダメな状況、良く無い状況に甘んじている奴はその「良くなりたい!」という意思を放棄していてるからこそ、今後も良くならないし、世界の「悪」の部分で在り続け、酒と不平不満を煽りながら悪態をついたりしているのだろう。

せめて「良くなろう」という意思をもって、誰もが暮らしていければ世界はもっと良くなるし、そういう意思を持った人が多い国は、すなわち民度が高い国・・・ということにもなってくるのだろうと思った。

あんまりジョジョ関係なかったみたいになってるけど…。
以下のセリフを付けておく。



31a1f66c.jpg大切なのは真実に向かおうとする意思だと思っている。
向かおうとする意思さえあれば
たとえ今回は犯人が逃げたとしてもいつかはたどり着くだろう?
向かっているわけだからな
・・・・違うかい?






IT業界はすぐに担当者が変わりサービスが終了する。




どうしてウェブ業界というのはこうも移り変わりが激しいのだろうか。
日々、閉鎖されるサイトや終了するサービスがあって考えさせられる。
すでにウェブ上にUPされているものはそれほどコストがかからないものは放置しておけばよいのに…。
と、素人考えかもしれないが思うのです。

先日、ヤフーパイプスで作った独自のRSSが読み込まなくなった!と書いたが、
本当に今更だが、最近になってやっとその原因が分かった。「ヤフーパイプス」自体がサービス終了してたんですね…。
(それでも原因が分かったのはなんだか嬉しい。)

IT業界は人の移り変わりも激しいといわれる。
担当者がすぐに変わってしまって新しい人に一から説明しないといけなかったりするんだよね。

いいじゃんね。
他の業種と同じでずっとそれをやっていれば。さ。
ピーターの法則というものもあるしね。



トンデモWeb業界 Webサイトはこうして作られる
小田原 貴樹
ソフトバンククリエイティブ
2006-06-23


デヴィッド・ボウイって知ってるか!?

最近、デヴィッド・ボウイが亡くなり、本当に色々と考えさせられているのだが、
それはそうと、色々な所(2chまとめサイトなど)で、
「デヴィッド・ボウイってだれ!」
とか
「名前だけは聞いたことある…」
とか
「40~50代の人しか知らないんじゃね?」
みたいなコメントを見るとマジでコロしたくなるわ。

そういう奴は聖徳太子とかイエスキリストなんかも知らないんだろうな。
ていうかデヴィッド・ボウイを知らないとなると、自分の母親の名前や、自分自身の名前すら知らないんじゃないのだろうか? おい、マイケル・ジャクソンって知ってるか!!?

要するに哲学的ゾンビというか、「おじろく・おばさ」というか、そんな存在なんじゃなかろうか。
そしてそんな奴らの頭をカチ割ってやりたくなります。
「ハロー ハロー 頭はお留守ですか!?」

ま、そんな奴らはどうせこれが皮肉だってことにも気が付かないのだろうし、
間違いなくこんなところも読んでいないだろうけどね。

もう少し「物を知れよ!!」と、言いたくなって仕方がなかったのでつい。




それにしても僕は、・・・、
本当に本当にデヴィッド・ボウイに強く影響を受けているし、大・大・大ファンでした…。
悲しすぎる…。


ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ [DVD]
デヴィッド・ボウイ
ワーナーミュージック・ジャパン
2014-10-08

新年早々のインフルエンザなど。予防接種はやっぱり効く!!

あけましておめでとうございます。

最近、またインフルエンザに罹患したようなのだけれど、
以前、酷く罹った時の教訓でそれ以来、毎年自主的にインフルエンザの予防接種を受けているために、悪寒は酷かったが熱が出ず、どうやら乗り切ったらしい。

インフルエンザの予防接種については今も賛否両論で、どちらかと言えば「効果がない」「無意味」「受けるべきでない」といった意見の方が優勢なのは知っている。
しかしだ、これは本当に気休めでも良いと思っていて、しかも今回のように、明らかに罹患したにも拘らずこれほど軽度で済むという体験をすると益々予防接種の重要性を再確認せざるを得なかったのであります。

今後、僕が会社等を立ち上げたら、必ず社員にはインフルエンザの予防接種を受けさせようと思うし、その為の休みや費用は全面的に負担したいと思う。
まあ、そういうことは強制できないのも理解しているので、あくまでも、強く勧めるといった感じか。

それにしても、自営業者等で、自主的にインフルエンザの予防接種を受けに来ているような奴はお爺さんばかり。
それなりに若者、あるいは中年の人は殆どいない。




2015年のまとめ記事に関する詳しい説明


マリオカートをスケボーとCGでリアルに再現したショートフィルム!!

おまえらホントこういう動画嫌いだよな…。
パクッて後出しする他のサイトでは嬉々としてコメントする癖によ…。
ひろぶろでは求められていない類の動画ってかんじなんだろうけど、本当はこういう動画こそがひろぶろで紹介する動画の本筋なんだけどな…。
ひろぶろはこういう動画を紹介するサイトであって、こういう動画にアクセスが無かったり反響が無かったりすると、
予想は出来ているけれどやっぱり気分的に落ち込む。こういうの紹介したくてこのサイトやってんだよ!?

エロ、グロ、韓国ネタ、その他衝撃映像を見たいなら他へ行ってくれ。
そういうのでしか反響が無いと、なんだかな~って気持ちになる。

ちょっと…、この事について、うまく説明できていないけど、この機会に説明しておく。
元々の初代ひろぶろは衝撃映像などを紹介するサイトだったけれど、
僕がやるようになってから、色々な事情で、もっと「ネタサイト」という形態になっているんだよね。
それが何故なのか?とか、詳しくはまた機会があれば別所で説明しようと思うけど。
粉瘤ニュルニュルネタとか見て面白いかい? つまらないよね!? もう一度よく考えてみて!?
そんなサイト見るのやめなよ!



ストップモーションで作られたピュアな「Imagination」が美しい!!

当サイトに限らず、ネット全体にそんな傾向があるのだと思う。
世の中の大多数は工□とグ□にしか興味ないみたいで段々閲覧者がバカに思えてきて自分のモチベーションも下がる。だとすればこれは非常に良く無い事だね。
コメントに書くことなければリツイートとかブクマとかしといてね!
というかコメント欄を閉鎖すればリブログが増えて色々と捗る部分もあるんだろうなぁと、最近気が付いたが、勿論それは今のところやらないのでどんどん書き込んでね!
ヤらしい話になるけど、コメントは書きこまれると嬉しいけれど腹の足しにはならないんだよね。
ところがリブログは巡り巡って腹の足しになる部分があるんよ。多分だけど。ね。



「安室奈美恵」の新曲PVの説明
一点を軸に。画面中央に色いろ絡みつく「安室奈美恵」の新曲PV

この動画を最初に紹介したのは当サイトで、それを見て面白いと思った他サイトが後出しで紹介する。
(勿論、そうではなく、そこの管理人が独自に海外サイトに行って発見し、面白いと思って紹介した場合もあるだろうが…。特にこの動画は他の海外サイトでもいくつか紹介していたしね。パクりの概念に関する決め手になる映像というわけではないけれど。)
非常に大きなサイトですら、ひろぶろで品定めしてるんだ!とか、そんなことが言いたい。


_genic (CD+DVD)
安室奈美恵
Dimension Point
2015-06-10


「忙しい」というのは恥ずかしいこと。物事が上手くいっていない証拠。

post_2972_0925

いい歳こいて「忙しい」というのは恥ずかしいことだと思っているんだけど、実際になんだか分からないけど滅茶苦茶忙しいからマイッチング。。圧倒的マイッチング…っ!!(死語)
物事の整理がついていて、それを無理なく続けていけている状態を築いていなければならないお年頃なのにそれが出来ていないから「忙しい」などということになるのだ。それから、どうしても成し遂げたい事があるのに、いい歳こいてそれが成し遂げられていないから、やっぱり「忙しい」などということになるのだ。どちらにしてもそれは恥ずかしい事であろう。

それにしてもなんでこんなに忙しいのか?と思って、自分なりに忙しさの原因について考えてみたんだけど、
よく考えてみると僕は少なくとも4つの、まったく別業種の仕事を同時進行しているから忙しいんだという、単純なことに気が付いた。この内の一つが「ひろぶろ」のネタ探しと更新作業なんだけど、その4つの仕事は本当に、まったく別ジャンルの仕事で、全て、ちゃんとしっかり成し遂げて永続的に成功させたいと思っている仕事なんだよね。

しかも、
現在稼働させている仕事は4つだが、僕が個人的にどうしても成し遂げたいと思っていることを入れると最低でも10個ぐらいのまったく別々のジャンルのことについて、普段から勉強したり練習したり準備をしていったりしなければならないということになり、そうだとするとこれは欲望自体を抑えたほうが良さそうな気もしてくる。
とはいえ、僕の理想はそれらすべてにおいてトータルで成功させていくことで、それが成されてやっと完成なのです。なぜなら僕は、性質的にオールラウンダーでありジェネラリストだからだ。
そこは譲れないような気もするが、もう少し「足るを知る」という気持ちで業務や「夢」を減らしていくべきなのではないだろうか?と思っている。人を雇って作業や業務を分散させていくという方法もあるし、その方法も出来る限り取っていくつもりなのだが、今はまだその域に達していないと思っており、あと数年は忙しいままなのだろうなあと覚悟している。

ひろぶろも本当はもっと色々と改良したい部分がある。
この製作日記の方に、ひろぶろで紹介した記事の解説を書こうと思っているんだけど、
それも結局来年からになりそう。


twitterその他
livedoor プロフィール
twitter



タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ