今度はパソコンの不調。
突然ハードディスクから異音がしてぶっ壊れた。
騙し騙し使ってきた古いパソコンだったのでバックアップはそれなりにとっていたつもりだった。が、しかし、特にひろぶろ更新用にとっておいたネタ、つまり紹介しようと思ってとっておいたネタ等が全部吹っ飛んだっぽい。記事を投稿する時に使うちょっとしたテンプレートみたいなものもあったのだがそれも無い状態。これではさすがに更新もままならない。
いま、こんな時のために使うつもりでいた予備の更に古い小さなノートパソコンで作業をしているのだが不便でしょうがない。今日の朝の記事の更新に2時間半は優にかかっている。これではダメだ。
ひろぶろは更新しないとアクセスが凄い減る。
そうでなくとも最近はあじゃじゃしたー様とあやしいニュース様という、数少ないひろぶろの味方的サイトが閉鎖されて厳しい状況だ。それだけではない。広風呂のアクセスの大半を占めていたといっても過言ではないエ口具ちゃねる様が相互RSSを改変してアクセス激減。そして同じく多くのアクセスを交換していたパン銅鑼の憂ウツ様も同じくRSSランを改変してアクセス激減。それでもなんとかやってきたし今後もやっていくつもりだけど今月2月は更新数が減ったり、その他グダグダになりそう。
ただ、逆に言えば、ちゃんと記事の更新をすればそれなりにアクセスはある。

見る人にそんな事を伝えたってしょうがないかもしれないけど一応、伝えておく。

後は備忘録、これを見た人にとって少しでも役に立てば尚幸い。
効率的なバックアップの仕方について書いておく。

まず自分の中の決め事として、1週間に一度、例えば土曜日の夜とか(日)の夜とかに必ずバックアップを取ること。その方法は自分なりの方法で構わないが、出来ればオンラインストレージ等に全て移しておくことが大切。今回、僕も外付けHDDにバックアップしておいたつもりなのだが、どういうわけかそれもダメになっている。でも、オンライン上に記憶させておけば更に安全だったろう。こまめにバックアップをしていれば毎回のバックアップはそれほどの手間ではなくなるという利点もある。
あと、考え方として、パソコンが物理的に壊れて例えばネカフェ等のまったく別のパソコンでイキナリ作業をしなくてはならなくなったとしても、そのオンライン上のデータさえあればなんら問題なく作業が出来る状態を理想としてバックアップを取ることだ。パソコンは「データ」以外の窓口となっているだけという状態に普段からしていくのが理想。
そうは言っても普段、なぁなぁで使っているとそのパソコンだけのアドオンとかアクセサリみたいなものを添加していってそのパソコン特有の使いやすさが生じているものだが・・・。それをなるべく普段から止めておくことだ。

まあそれにしても、PC本体のHDD、そして外付けHDDまでダメとなると流石にお手上げだ・・・。
ていうかなんで外付けHDDまで壊れてんだよ!!今使っている古いノートパソコンが認識しないだけなのか・・・?
こうなってみるとこの外付けHDDのデータが僕の生命線だったんだなと思う。これがダメなら死んだも同然、僕は今ほぼ仮死状態である。ここ数年間、僕が営々と、且つ、粛々とやってきたこと、取ったデータや記録、メモ、著述が全て吹っ飛んだかもしれない。

こんな時でも、元々パソコンに詳しい人なら何とかなるのかもしれないが、僕はパソコンにあまり明るくないので無理。

流石に無理だわ。

:追伸:
やっぱり外付けHDDは生きていた。
USBのハブ経由で繋いだのが良くなかったらしい。
HUBを介さずに直接繋げば問題なかった。が、それにしてもやはりここ一ヵ月半のデータは消えた。
逆に言えば、今年に入ってから一度もバックアップを取っていなかったということだ。
でもまあ、これにて少し回復。後は細かなデータ修正と調整を・・・していけばなんとかなるだらう。
いま・・・、やってる。  あ、メガネの再構成を忘れた・・・。