2005年08月22日

トロイ2

bb6275b4.jpg監督:「ネバー・エンディング・ストーリー」などのウォルフガング・ペーターゼン。出演:ブラッド・ピット、エリック・バナ、オーランド・ブルームなど。
ここ最近の歴史物映画のはしりとなった超大作。ハリウッドならではの配役とCGとスケールと・・・。って話題ばかりが注目された作品ですが、実は劇場で見たんですよ。「金返せ」までは思いませんが、レンタルで充分だったかなーという記憶があります。
紀元前のトロイ戦争を描いたものですが、実話なのか神話なのかはだれも知るよしもないのですが、前後関係をもう少し描かないと大儀なき戦争になってしいますよね。って現代でも同じような事やってる国だらけだから、人間って太古の昔から愚かなものなんですかね?ってそんな事描きたかった訳じゃないだろうに・・。
ブラピ扮するアキレスはイイんですが、ブラピってこういう役が似合わないなーって感じました。やっぱちょっとキレたジャンキーがはまってるんじゃないかなー。エリック・バナは超人ハルクですよね。オーランドはロードオブ〜以来弓の名人なんですかね?アキレス腱の逸話もちょこっと入っているし、「トロイの木馬」もでてくるし。こんなもんで満足しちゃう程度の映画です。
★5満点で★★。ネットでもリアルでもヘンな贈り物には気をつけろって事で。

hirock at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

スイミング・プール

6499bbeb.jpg毎日暑い日が続くので、ちょっと夏らしい作品を。ってことでベタなタイトルですが「スイミング・プール」。
監督は「8人の女たち」「焼け石に水」などのフランソワ・オゾン。出演シャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエなど。
ミステリー作家サラが出版社の社長に誘われて南仏の別荘に行くが後から来たのは社長の娘。この娘がとんでもなく自由奔放で殺人までやっちゃう。段々この娘に影響されたサラは死体の処理までするが・・・。最後に待ってるどんでん返しが??だが、ミステリーって事なので単純に納得してしまうおう。
全般的にとても絵が綺麗。特にイギリスから南仏に移動した際の空とか空気感は見事。そんな事よりリュディヴィーヌ・サニエの身体はとにかくエロい。プールでベッドで魅せる見せる。シャーロット・ランプリングも顔はふけたものの、身体は年齢とは思えない(っていくつか知らないが)いい身体。脇役の男性陣も味があっていい。リュディヴィーヌ・サニエとプールに入って、あんな事やこんな事をしてみたいと思うエロ親父でした。
★5満点で★★★。内容はさておきリュディヴィーヌ・サニエはイイ。眠れない夜に見て、さらに悶々としてくださいませ。

hirock at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月21日

スター・ウォーズ3 シスの復讐

2d3e737a.jpg「こちとらただ見じゃ」といいながら、お金を払って見てきましたよ。スター・ウォーズの完結編。監督主演は今更なので省略いたします。
かれこれ20年以上もこのシリーズを見続けてきました。ルーカスの壮大なストーリーに付き合わされてとうとう話しが繋がりましたが・・・。
なんだかストーリーをかなりはしょったとういか、急いでかなり乱暴に作ってしまいましたね〜。こんなノリだとまたアニメ版で3.5なんてできちゃいそうな感じさえします。まあまた儲かるんでルーカスさんもホクホクなんでしょうけど。
それにしてもアナキンがダースベーダーになるシーンはかなり笑えました。ゾンビじゃないんだからって。それからあんなに悪の帝王になるにしちゃ理由が少しイージー過ぎないかな?人間に潜むダークサイドってそんな程度の事なんですかね?しかもフォースを使う特殊な人なのに・・・。なんて真面目に考えるのもアホ臭いんですが(w。
まあ何はともあれこれで安心としたい所ですが、この際もう少し先のお話も作っていいんじゃないですかね?エピソード12まであるって話しじゃないですか。
★5満点で★★。とりあえず見ておいたほうがいいかも。

hirock at 02:06|PermalinkComments(1)TrackBack(3)

2005年07月01日

コラテラル

8315be8b.jpg監督はマイケル・マン。「インサイダー」「ヒート」「レッド・ドラゴン」など好きな映画を撮る人です。主演トム・クルーズに相手が無名時代から大注目していたジェイミー・フォックス。
LAで地道にタクシーをやっていたマックス(ジェイミー)の車に偶然乗り合わせた殺し屋ヴィンセント(トム)の一夜をクールに描いています。
トムの殺し屋は初めての悪役の割には、銀髪でなかなかです。無表情でバンバン撃つ感じもクールで好演してるんじゃないかなと。
ジェイミーは最近Rayでオスカーを取ったりと注目ですが、個人的にはB級作品の頃からのファンです。今回もなんでそんなに正義感があるんだよっていうタクシードライバーを好演しています。結末は途中から想像できたのでやっぱりねって感じでしたが、なかなか面白い映画ですよ。特に気にいったのは、JAZZ BARでの黒人とのやりとり。マイルスが店に来てセッションした時の事のくだりは妙にホントっぽくてイイ。そのトランペッターの頭に撃ちこむトムもクールでイイ。「ハードボイルドやね〜」までは行きませんが、あの感じ好きです。
★5満点で★★★★。最近いい映画見てなかったので、かなり甘いですが、お勧めします。ドキドキハラハラしたい方は是非。

hirock at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月23日

コールドマウンテン

f992f7ae.jpg監督:「イングリッシュ・ペイシェント」や「太陽がいっぱい」をリメイクした「リプリー」のアンソニー・ミンゲラ。出演:ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、レニー・ゼルウィガー他。
これも借りようと思いながらも、借りそびれてた作品。ニコール好きな私としても早く見たかったんですが、ようやくWOWOWさんでやってくれました。
南北戦争末期のアメリカが舞台って事ですが、まず時代背景がきちんと描かれていない。どういう争いをしたのかきちんとわからないと難しい映画ですよね。同じ時代背景の「風と共に去りぬ」でさえ戦争の大義が描かれていました。
結果としてジュード・ロー演じるインマンはただ惚れた女に一目会いたくて戦線を脱走しコールドマウンテンに帰ろうとするだけのバカ男に描かれている気がしてなりませんでした。レニー・ゼルウィガー(個人的にどうも好きじゃない)が好演してアカデミーの助演を貰ったんでしょうけど、そうですか?って感じです。ニコールでさえ見せ場は、最後にジュード・ローとする濡れ場(って古い表現ですが)くらいじゃないですか?
2時間半も掛けて長い印象しか残らなかった、つまらない映画です。劇場だったら寝てるか、一服タイムが数回あったでしょうね。
★5で★。結局この映画の言いたい事が以上の陳腐な事しか思いうかびませんでした。うすっぺらくてつまらないです。

hirock at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)