2018年06月23日

スティーブ=ジョブスという人

わしじゃけど。


いつものことながら、無くして気づくことが多い人生。


つい最近、今更ながらこんな文章に出会った。


以下、引用。




アップル創業者

スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉


私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
   

他の人の目には、私の人生は、成功の典型的な縮図に


見えるだろう。


しかし、いま思えば仕事をのぞくと、


喜びが少ない人生だった。


人生の終わりには、お金と富など、私が積み上げてきた


人生の単なる事実でしかない。


病気でベッドに寝ていると、


人生が走馬灯のように思い出される。

  
私がずっとプライドを持っていたこと、


認証(認められること)や富は、


迫る死を目の前にして色あせていき、


何も意味をなさなくなっている。

   
この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンの


ライトが点滅するのを見つめ、


機械的な音が耳に聞こえてくる。


   
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
   

今やっと理解したことがある。
   

人生において十分にやっていけるだけの



富を積み上げた後は、


富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。

   
もっと大切な何か他のこと。



それは、人間関係や、芸術や、


または若い頃からの夢かもしれない。


終わりを知らない富の追求は、


人を歪ませてしまう。私のようにね。

   
神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた



幻想ではなく、愛を感じさせるための



「感覚」というものを与えてくださった。


私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に



持っていけるものではない。
   

私があの世に持っていける物は、



愛情にあふれた(ポジティブな)思い出だけだ。



これこそが本当の豊かさであり、



あなたとずっと一緒にいてくれるもの、



あなたに力をあたえてくれるもの、



あなたの道を照らしてくれるものだ。


愛とは、何千マイルも超えて旅をする。



人生には限界はない。


行きたいところに行きなさい。



望むところまで高峰を登りなさい。


  
全てはあなたの心の中にある、


全てはあなたの手の中にあるの



だから世の中で、一番犠牲を払うことになる。

「ベッド」は、何か知っているかい?



シックベッド(病床)だよ。


   
あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。


お金を作ってもらうことも出来る。



だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は



見つけることは出来ない。



   
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。


しかし、一つだけ、なくなってしまったら、



再度見つけられない物がある。
   



人生だよ。命だよ。




手術室に入る時、その病人は、




まだ読み終えてない本が



1冊あったことに気付くんだ。
   

「健康な生活を送る本」

  
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、


誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。

あなたのパートーナーのために

あなたの友人のために。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。

スティーブ・ジョブス
1955年2月24日 - 2011年10月5日



という、一見すると愛と可能性を求めていくぞ!


と勘違いするが、



見落としがちなのが、



人生で十分やっていけるだけの富を積み上げた後は



のところ。



やはり富を積み上げる前に突っ走ってしまうのも。。。



と、考えてしまう。




富を積み上げながら、行きたいところに



行くなんて。。。



今回、日本から富を積み上げた友が来たが、



やはり、なかなか行きたいところに行けないらしい。




富を積み上げると、いろいろ仕事も増えるようじゃ。




友から見るとわしは、かなり自由にやっているように



見えるらしいが、富はない。




人生、どこでそのバランスをとるか?





それよりも、死ぬときに持っていける、




愛情にあふれたポジティブな



思い出をどれだけ作れるか!!




やはり、ラーメン部をもっと笑える方向に



もっていかなければならないな。



いつか、そんなところでラーメン食って




死んでしまったのか?




って最後が迎えれればええのかの?



hirodoor1203 at 10:54|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック あぁ、カナダ 

2018年06月20日

激混みTHE MORAINE LAKE

わしじゃけど。



友達夫婦が来て3日目。



夫婦念願のハイキングに連れていく。



「あまりきつくなくて、絶景が見れるところ!」




などと、インド人がそろって口にすることを言ってきた。




連れてってやるぜ!!




と計画したところは、Eiffel Peak途中までコース。




しかし・・・



近年の移民人口の増加と、SNSの普及のせいで、




簡単に絶景が見れるところは、激混み。



Moraine Lake というところから出発するのじゃが。。。




車から降りて1分歩けば、




DSC00975


この景色。





運動不足なインド人、デブな北米人が来ないわけがない。



駐車場は、50台くらい止めれるのじゃが、



通常、朝8時までに行けば余裕なので、7:30に着いたら、





駐車場満!!




30分待ってようやくスタート、




その後は、山に行くコースなので、誰にも会わず、




ちょっと森の中を歩いて、




のつもりが。。。





DSC00833


残雪が。。。






まぁ、カナダじゃけぇ。。。ということで頑張ってもらって。



森を抜けたら、



DSC00845

絶景が!!






って、時差ボケ中の夫婦は感動がなんだか薄いな。。。




まぁ、絶景といえば、ラーメン部!!



DSC00899

 日本から持ってきてくれた

カップヌードルで!!




帰りは、雪渓を利用して滑って降りてきた。



自然に癒されたのか?




夫婦仲もだいぶ良くなったと思うが。。。




成田離婚しませんように。。。









hirodoor1203 at 10:11|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ラーメン部海外遠征隊 | 犬は「ハァ〜!」とか言わない

2018年06月19日

突然、結婚式って無理じゃ。

わしじゃけど。



初日に離婚するとか言ってた夫婦の2日目。



わしの仕事終わりに、近所にあるGlassi Lakeという



湖まで軽いハイキング。



人ってきれいなものを見ると、心が落ち着くのか?



DSC00739

一緒にベンチに座ってくれた。







奥さんの機嫌もちょっとはよくなり、離婚回避!




ああぁ、えかった。




と思いきや、旦那が、



「ロッキーの中で結婚式挙げる計画どうなった?」って。。。



1週間前にメールでそれは聞いてたが、



日本のようにテキパキしきってくれる業者など




カナダに居るはずもなく、ましてやデブが横行する北米で



日本人に合うウエディングドレスなんて1週間で探せるかぁ!!




旧知の大手旅行会社の現地代理店マネージャーに相談したが、




「あなたも元ガイドだからわかるでしょうが。。。



最低でも6か月前から準備してもギリギリだよ。」



と、逆にとくとくと事情説明を受けた。




ここでのウエディングは諦めてくれてほっとして、




晩御飯に何食べる?って聞いたら、




(広島の)お好み焼き食べたい!!




って。。。。





スーツケースから天かすや青のり、



オタフクソースが出てきた。。。





いや、そんなもの持ってきてもできないから。。。




って言ったら、「フライパンあればできるでしょ?」





日本に帰ったら作ってあげるから。。。




ということで、



焼きそばで勘弁してもらった。




もちろんソバはないけん、パスタで代用。




わしが離婚したい。。。










hirodoor1203 at 09:52|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 犬は「ハァ〜!」とか言わない | Hiking

2018年06月18日

成田離婚寸前か!?

わしじゃけど。



「もう成田離婚よ!!」




と、日本から遊びに来てくれた友達夫婦が




わしが出迎えたときに放った言葉。





よせばええのに、日本からバンクーバーに到着して、



レンタカーでウィスラーに行き、




そして、そのまま車でキャンモアまで900KM




日本でいえば、東京から山口ぐらいじゃよ。




しかも900キロを12時間かけて、



ほぼノンストップで来たらしい。





途中で食べたのは、おにぎり1個、ハンバーガー1個を




2人で分けて食べた模様。




そりゃ、離婚したほうがええよ。





というか、新婚旅行なんじゃけぇ、




もっと楽しみながら来いよ。




まぁ、目の前でイチャイチャするカップルよりはましか。




明日から爆発寸前の奥さんを連れてラーメン部。





胃が痛い。




ラーメンじゃなくて、お土産に持ってきてくれた、




そうめんにしようかの。







hirodoor1203 at 20:34|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ラーメン部海外遠征隊 | Hiking

2018年06月14日

京大生の笑いのツボは?

わしじゃけど。



今年は、CCC(中年サイクリングクラブ)に張り切っている。




バイクも楽しいのじゃが、



なんといっても、メンバーが個性派揃いで飽きない。



メンバーのうちの一人、結婚願望のある30代の女、ミモー(仮)



が、日本に帰った時にお見合い話があったことを、



バイクに乗りながら話してた。




話は、実家に先方からミモー家にお見合いの話が持ち込まれた。




相手は京都大学卒で不動産も持っている、会社経営者なのだそう。



そんなおいしい話が!!



と、本人の写真も送られてきたのじゃが。。。



映っている本人はともかく、その人が着ているTシャツに、




「It's up to you!!  (あなた次第です)」




ってプリントがされてたようで。。。





ミモーは、それみて大爆笑。



これは、ギャグなのか?それとも知らずに。。。




いやいや、京都大学にもいくほどの人が意味を知らないわけがない!




と、悩んだ結果、断ったと。





それを聞いて、仲間たちが、





「お前!!数少ないチャンスを何やってんだ!!」




と、ミモーを責め立てたが、




本人は「でもぉ〜、そんなこと書いてる



Tシャツ着たお見合い写真送るなんて。。。」




と、なぜかTシャツにはじまりいろいろ言い訳が始まる。



聞けば、本人の意思とは関係なく、おばさんが



勝手に写真を選んで送ったのだとか。。。



それはそうとしても、そんな好条件の話を




断るなんて。。。



まぁ、結婚できない女ってこんな感じじゃな。




と言う、典型的なことをやってくれる。





そうは言ってるが、ミモーが今日、




着ていたTシャツには、




The Death Do us Duty  




(死ぬことと見つけたり!)



って書いてあったけど。。。



そこで、Till Death Do us part 




(死が私たちを別つまで)




っていう、こっちの結婚式での宣誓のお決まり文句だったら




もっと笑えたのに。。。




とにかく、ミモーのお見合い話は、





自虐ネタのもとに流れていった。




hirodoor1203 at 10:36|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック CBC(中年バイククラブ) | 勝手にシェアメート