田舎暮らし情報!田舎暮らしをしよう!!
田舎暮らしもいいけど旅行もどうぞ♪

トップページ田舎暮らしの計画田舎暮らしに準備期間は必要か?

田舎暮らしの計画


田舎暮らし情報!田舎暮らしをしよう!!へようこそ♪


田舎暮らしに準備期間は必要か?◆

田舎暮らしの始め方は人それぞれですが、定年退職前の準備期間をもつかどうかも人それぞれです。

たとえばクルマで数時間の場所に、宿泊型のクラインガルテン(週末型貸し農園)を借りて、田舎暮らしを試す人もいます。

月曜日から金曜日までは都会で暮らし、週末や夏休みは田舎で土いじりをして暮らすパターン。

この方法だと、田舎の環境に少しずつ慣れることが出来るし、畑仕事も学べる利点があります。ある種の研修期間と思えばいいのですが、そうした田舎との関係を持続しながら田舎の情報を収集して、住む家を購入する人もいます。

もっと実践的な人は、移住先を夫婦で入念に調べて、先に完全に田舎に引っ越し、田舎から仕事に通うケースです。

一家の主人は平日は都会で仕事、週末だけ家族の元に返るという人もいます。そして退職後は、完全に田舎暮らしに切り換えるというやり方です。

このように準備期間をつくり都会と田舎を行ったり来たりしながら、自分にふさわしい場所を探したり、本当に住みたい方を選択できれば理想的ですね。

なかには、「やっぱり都会の方がいい」と気が変わってしまう人もいることでしょう。「田舎はやっぱり退屈だった」とか「不便だった」とか、想像とは違っていることもあります。

とにかくセカンドライフは長年連れそった夫婦だけの生活の始まりです。二人でじっくりと時間をかけて下見して決めるのが理想でしょう。


☆☆田舎暮らし情報!田舎暮らしをしよう!!☆☆


田舎暮らし情報!田舎暮らしをしよう!!のトップへ♪




トラックバックURL
この記事へのコメント
1. 田舎暮らし白書   2007年08月03日 00:07
5 「通勤地獄のない田舎の生活」にTBありがとうございました。
2. denen-kurashi   2007年11月17日 08:31
名古屋から北海道十勝へ移住して15年になります。
自分の暮らしのイメージが確実で、それを実現するための実際の情報がつかめているのならば、準備期間は必要ないでしょうが・・・。全然違う場所での田舎暮らしをしようとした場合、実際の情報を掴むことは難しいと思いますし、感じ方は人それぞれですから・・。準備期間を経て序所に自分の理想の暮らしの実現を考えた方が良いと思います。私の場合も移住前下見1ヶ月(仕事も含めて)。仮住まい5年(その間に慣れと土地探し)を経てから現在の暮らし(定住)に至っています。まあ今ではネットで生の情報がやりとりされているので、期間はずっと短縮することは可能でしょうが・・・
後悔しないためにはある程度の準備期間を検討した方が無難だと思いますよ。
いきなり北海道移住でうまくいった方もみえますが、失敗して帰られた方もあると聞きますので・・・
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入りに追加♪

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

お勧め情報♪