昨今の行政書士試験は、原則、基本的な部分を中心に出題されています。

基本的とはいえ、なかなか骨のある内容も多いです。

テキストに、すぐに線を引く。

恐らく、その30ページ後、いや、100ページ後は、テキストが線まみれになっている可能性があります。

何故、線を引くのか?

知らない上に、強烈なインパクトがあったので引いているのでしょうが、民法や行政法は、かなりインパクトが大きいです。

つまり、線まみれになる訳です。

テキストには、重要事項が載っています。

線を引いてない箇所は意味がないのか?

とっても意味があります。重要です。

テキストには、できれば、全く線を引かないで下さい。

昨年まで、2冊併行勉強法を載せてますが、興味があれば、是非読んで下さい。

1冊だけなら、線は引かないで(または、極力引かないで)下さいね。

それが、インプット攻略の秘訣ですので。

今日もファイトで!応援しています!!

ランキングに参加しています。下記ボタンをクリック頂けますと嬉しいです!!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村

大塩行政書士法務事務所へは、下記まで、お問合せ下さい。

大阪市西区阿波座2-4-3 坂本ビル202
電話: 06-6585-9548
メール:ホームページ[メールでのお問合せフォーム]より
(※うまく開かない場合はCtrlキーを押しながらクリックして下さい)

──◆◇ お知らせ ◆◇──────────────────────────

行政書士試験過去問講座(平成21年~平成28年分;音声講義付)
+条文穴埋めファイル(8+2ファイル)が何と税込2,980円!


お申込みは、下記ボタンをクリックして下さい!
b9

合格応援中です!

────────────────────────────────────────