契約書をインターネットで申し込もう!

契約書につきまして、ブログで諸々紹介していきます。 インターネットからのお申込み、お待ち致しております。

私人間でのお金の貸し借り等、日常には様々なところで、契約書が存在します。
契約書を作成します際、どのようにすれば良いのでしょうか?
ワンポイントアドバイスを綴っていきたいと思います。

日本全国、対応可能な内容であれば、契約書を作成致します。
お気軽にお問合せ下さい!

2014年05月

契約書を書くために(知っておきたい民法_その140)

民法第302条には、次のように書かれています。


留置権は、留置権者が留置物の占有を失うことによって、消滅する。ただし、第298条第2項の規定により留置物を賃貸し、又は質権の目的としたときは、この限りでない。


例外部分の後半を除き、基本的に大切なことが掛かれています。


留置権が成り立つためには、占有を継続しないといけないと書かれています。


例えばですが、留置している物(留置物)を無くしてしまった等の場合には、留置権が消滅すると書かれています。

大塩行政書士法務事務所へは、下記まで、お問合せ下さい。

電話: 06-6585-9548
メール:ホームページ[メールでのお問合せフォーム]より
(※うまく開かない場合はCtrlキーを押しながらクリックして下さい)

“あなたの街の法律家”大塩行政書士法務事務所を、お気軽にご利用下さい!

インターネットで対応可能であれば、日本全国対応可能です。

過去および現在、消費者金融でお金を借りられていました(います)方、過払い金が戻ってくる可能性がございます。提携弁護士、司法書士と対応致します。ご相談無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい!

現在、他のホームページ、チラシ及び下記ブログを書いております。お気軽にお越しの上、お悩みを解消して下さい!
(※うまく開かない場合はCtrlキーを押しながらクリックして下さい)

経営者必見!請求書、データ入力を格安でご対応!

必見!内容証明を詳しく解説しています(日本全国ご対応OK)!

必見!契約書を詳しく説明しています(日本全国ご対応OK)!

大塩行政書士法務事務所の説明

大塩行政書士法務事務所のチラシ

行政書士、大阪市情報が満載ブログ

内容証明を詳しく説明していますブログ

行政書士のヒロシが記事を書いていますブログ

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

日本全国、インターネットからのお申し込みも可能です。
大塩行政書士法務事務所のお問合せフォームから、
お気軽にお問合せ(お申し込み)下さい!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

契約書を書くために(知っておきたい民法_その139)

民法第301条には、次のように書かれています。


債務者は、相当の担保を供して、留置権の消滅を請求することができる。


担保って言葉は、日常でも出てくるのではないでしょうか。


例えばですが、高級自転車を修理しました。しかし、修理代1万円を頂けません。


結果、高級自転車は留置されている状態なのですが、修理代1万円相当の別の物を提供することで、留置権を消滅させることができるとか書かれています。


早く手元に戻したい場合もありますね。

大塩行政書士法務事務所へは、下記まで、お問合せ下さい。

電話: 06-6585-9548
メール:ホームページ[メールでのお問合せフォーム]より
(※うまく開かない場合はCtrlキーを押しながらクリックして下さい)

“あなたの街の法律家”大塩行政書士法務事務所を、お気軽にご利用下さい!

インターネットで対応可能であれば、日本全国対応可能です。

過去および現在、消費者金融でお金を借りられていました(います)方、過払い金が戻ってくる可能性がございます。提携弁護士、司法書士と対応致します。ご相談無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい!

現在、他のホームページ、チラシ及び下記ブログを書いております。お気軽にお越しの上、お悩みを解消して下さい!
(※うまく開かない場合はCtrlキーを押しながらクリックして下さい)

経営者必見!請求書、データ入力を格安でご対応!

必見!内容証明を詳しく解説しています(日本全国ご対応OK)!

必見!契約書を詳しく説明しています(日本全国ご対応OK)!

大塩行政書士法務事務所の説明

大塩行政書士法務事務所のチラシ

行政書士、大阪市情報が満載ブログ

内容証明を詳しく説明していますブログ

行政書士のヒロシが記事を書いていますブログ

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

日本全国、インターネットからのお申し込みも可能です。
大塩行政書士法務事務所のお問合せフォームから、
お気軽にお問合せ(お申し込み)下さい!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

契約書を書くために(知っておきたい民法_その138)

民法第300条には、次のように書かれています。


留置権の行使は、債権の消滅時効の進行を妨げない。


この条文は、ある意味大切です。


金銭債権の場合、10年で時効になります(もちろん、時効の中断を行いましたら、リセットされ、また1からカウントしますが)。


しかし、留置権により、ある物をずっと留置していたとしましても、時効までのカウントダウンは続いていくと書かれています。


留置権を行使しているからといって、安心ばかりはしていられません。

大塩行政書士法務事務所へは、下記まで、お問合せ下さい。

電話: 06-6585-9548
メール:ホームページ[メールでのお問合せフォーム]より
(※うまく開かない場合はCtrlキーを押しながらクリックして下さい)

“あなたの街の法律家”大塩行政書士法務事務所を、お気軽にご利用下さい!

インターネットで対応可能であれば、日本全国対応可能です。

過去および現在、消費者金融でお金を借りられていました(います)方、過払い金が戻ってくる可能性がございます。提携弁護士、司法書士と対応致します。ご相談無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい!

現在、他のホームページ、チラシ及び下記ブログを書いております。お気軽にお越しの上、お悩みを解消して下さい!
(※うまく開かない場合はCtrlキーを押しながらクリックして下さい)

経営者必見!請求書、データ入力を格安でご対応!

必見!内容証明を詳しく解説しています(日本全国ご対応OK)!

必見!契約書を詳しく説明しています(日本全国ご対応OK)!

大塩行政書士法務事務所の説明

大塩行政書士法務事務所のチラシ

行政書士、大阪市情報が満載ブログ

内容証明を詳しく説明していますブログ

行政書士のヒロシが記事を書いていますブログ

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

日本全国、インターネットからのお申し込みも可能です。
大塩行政書士法務事務所のお問合せフォームから、
お気軽にお問合せ(お申し込み)下さい!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

契約書を書くために(知っておきたい民法_その137)

民法第299条には、次のように書かれています。


1 留置権者は、留置物について必要費を支出したときは、所有者にその償還をさせることができる。


2 留置権者は、留置物について有益費を支出したときは、これによる価格の増加が現存する場合に限り、所有者の選択に従い、その支出した金額又は増価額を償還させることができる。ただし、裁判所は、所有者の請求により、その償還について相当の期限を許与することができる。


留置権者、すなわち留置物を持っている側は、留置物を保管するのに、必要な費用が発生した場合には、その費用を返還させることができます。


また、留置権者が留置物を改良する等により、有益な費用が発生(支払い)した場合には、留置物の価値がUPしていた場合に限り、費用の返還を請求できます。


但し、所有者(留置物を渡している)側が、留置権者が支出した費用と、留置物の価値の増加分のどちらかを選択することができます。

大塩行政書士法務事務所へは、下記まで、お問合せ下さい。

電話: 06-6585-9548
メール:ホームページ[メールでのお問合せフォーム]より
(※うまく開かない場合はCtrlキーを押しながらクリックして下さい)

“あなたの街の法律家”大塩行政書士法務事務所を、お気軽にご利用下さい!

インターネットで対応可能であれば、日本全国対応可能です。

過去および現在、消費者金融でお金を借りられていました(います)方、過払い金が戻ってくる可能性がございます。提携弁護士、司法書士と対応致します。ご相談無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい!

現在、他のホームページ、チラシ及び下記ブログを書いております。お気軽にお越しの上、お悩みを解消して下さい!
(※うまく開かない場合はCtrlキーを押しながらクリックして下さい)

経営者必見!請求書、データ入力を格安でご対応!

必見!内容証明を詳しく解説しています(日本全国ご対応OK)!

必見!契約書を詳しく説明しています(日本全国ご対応OK)!

大塩行政書士法務事務所の説明

大塩行政書士法務事務所のチラシ

行政書士、大阪市情報が満載ブログ

内容証明を詳しく説明していますブログ

行政書士のヒロシが記事を書いていますブログ

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

日本全国、インターネットからのお申し込みも可能です。
大塩行政書士法務事務所のお問合せフォームから、
お気軽にお問合せ(お申し込み)下さい!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

契約書を書くために(知っておきたい民法_その136)

民法第298条には、次のように書かれています。


1 留置権者は、善良な管理者の注意をもって、留置物を占有しなければならない。


2 留置権者は、債務者の承諾を得なければ、留置物を使用し、賃貸し、又は担保に供することができない。ただし、その物の保存に必要な使用をすることは、この限りでない。


3 留置権者が前2項の規定に違反したときは、債務者は、留置権の消滅を請求することができる。


留置権のお話が続いていますが、留置権者につき、勘違いしてはいけないことがございます。


例えばですが、時計の修理代を払ってもらえないので、時計を留置物として、留置権者が持っていたとしましょう。


その時計ですが、あくまで持っているだけで、勝手に使ってはいけないのです。


もちろんですが、時計の持ち主の許可(承諾)なく、その時計を担保にし、お金を借りる等も行ってはいけないのです。


こういった違反があれば、債務者(時計の修理代を払えていない人)は、留置権の消滅を請求できるのです。


尚、「善良な管理者の注意」のことを、善管注意義務といいます。

大塩行政書士法務事務所へは、下記まで、お問合せ下さい。

電話: 06-6585-9548
メール:ホームページ[メールでのお問合せフォーム]より
(※うまく開かない場合はCtrlキーを押しながらクリックして下さい)

“あなたの街の法律家”大塩行政書士法務事務所を、お気軽にご利用下さい!

インターネットで対応可能であれば、日本全国対応可能です。

過去および現在、消費者金融でお金を借りられていました(います)方、過払い金が戻ってくる可能性がございます。提携弁護士、司法書士と対応致します。ご相談無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい!

現在、他のホームページ、チラシ及び下記ブログを書いております。お気軽にお越しの上、お悩みを解消して下さい!
(※うまく開かない場合はCtrlキーを押しながらクリックして下さい)

経営者必見!請求書、データ入力を格安でご対応!

必見!内容証明を詳しく解説しています(日本全国ご対応OK)!

必見!契約書を詳しく説明しています(日本全国ご対応OK)!

大塩行政書士法務事務所の説明

大塩行政書士法務事務所のチラシ

行政書士、大阪市情報が満載ブログ

内容証明を詳しく説明していますブログ

行政書士のヒロシが記事を書いていますブログ

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

日本全国、インターネットからのお申し込みも可能です。
大塩行政書士法務事務所のお問合せフォームから、
お気軽にお問合せ(お申し込み)下さい!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

美味しいお水はいいですよ!
美味しいお水を飲んでリラックス!!
ビジネス便利商品一覧
ビジネス便利商品一覧です!











楽天市場
大塩行政書士法務事務所

大塩行政書士法務事務所

大塩行政書士法務事務所の大塩と申します。あなたのお悩みを解決すべく、日々奮闘しております。お気軽にお問合せ下さい!

livedoor 天気