たまゆら気分でトトロ雨

この間まで 知らない間にどこかにいたずらに勝手にURLを貼られてしまい そこから来た方々の無責任な中傷コメが絶えませんでしたが やっと落ち着いていつきました。 また気ままに blogを楽しみたいな(^-^)

届いたプレゼント

74199e05.jpg思いがけずに届いた荷物。開けてみたらBirthdayプレゼントだった。
しかも 思いもしない人からの。
それに多分σ(^_^)がSuzy's Zooのしかもブーフが好きと言うのは知らないハズ…

驚きの方が大きかったケド後から嬉しさが(*^o^*)

お礼メールしたケド 返事はなかった。
らしいなぁ

羨望

CMで花嫁を見ると
羨ましいなぁ いいなぁ
って思う。
自分はウェディングドレス着たケド サイズの合わない間に合わせのドレスだったし 自分でお金払って着たからね。

似合う素敵な気に入ったドレス 着せてもらいたかったなぁ


バツゲームなの?

巷では筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者を支援する慈善活動「アイス・バケツ・チャレンジ」とかが流行ってるらしい。

ALSへの認知度を高め、患者支援や治療法の確立に向けて寄付を求めるのが狙いらしく 氷の入ったバケツの水を頭からかぶるか米ALS協会に寄付するのが“ルール”。
更に次にかぶる人3人を指名できるとか…

チェーンメールかっつうの。

ALSへの認知度を高め、患者支援や治療法の確立に向けて寄付を求めるのはいい。
でもそれをしないなら
氷水をかぶれ 寄付しないなら代わりに寄付する次の3人を指名だ!って何か違うと思う。
どういう状況下で氷水かぶりが行われるのか それについてキチンと規定があるのか知らないケド やみくもにやおら氷水をかぶっているのだとしたら 死人が出かねないのではないか?
高齢者だったりしたら
心臓マヒを起こしかねないのでは?

プールに入る時でさえ 準備運動が必要と推奨 指導されてるのに…


ALSへの患者さん達はそんなコト求めてないし 望んでないと思う。
ALSへの認知度を高めたいなら 三浦春馬さんが演じた「僕のいた時間」というドラマだとか ALSの映画を作って公開した方がよっぽど認知度は上がると思う。
米ALS協会に寄付を募りたいならチャリティー番組をやるとか 寄付しやすいようにの窓口を拡げるとかのが 効果あるのではないのだろうか。

まぁ死人が出てからでないと やめられないのかもなぁ
そんなコトになったらALSへの認知度を高め、患者支援や治療法の確立に向けて寄付を求めるどころか
ALSが槍玉にあげられ 元も子もなくなるのに…

メディアで囃したてるのも悪いんだよなぁ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ