Processing

2007年12月04日

Processing ダウンロード

引き続きProcessingネタです。

こちらからBETA版がダウンロードできます。

インストールは不要です。Javaが入っていればOKみたいです。
これは弊社CTOのライフワークの一環であるポータブル開発環境にも組み込まれそうです。

あとは起動ファイルを実行すればOKです。

次回からのProcessingネタはサンプル作製をやっていこうと思います。

hiroki0907 at 02:31トラックバック(0) 

2007年11月30日

Processingについて その2

前回に引き続きProcessingについて書きます。

Processingには3つのモードがあります。

・Static Mode
・Active Mode
・Java Mode

Static ModeはProcessingのプログラミングによる静止画作成、Java ModeはJavaの直接記述のようです、マウスの操作などと連動させるのはActive Modeになるので
Active Modeがメインになりそうですね。

比較対象のアプリケーションとして、自分にも身近なFlashが挙げられるのですが
計算速度などはProcessingが有利みたいですね、AS3だとどうかわかりませんが。
複雑な運動計算をしてゴリゴリ動くアニメーションに強いということでしょう。

Processingの描写ライブラリーは本質的に3次元である点も特徴のようです。

他言語との詳しい比較はこちらを参考にした方が良いと思います。

私見ではFlashとはまた違った表現の用途がある感じですね、AS3になってリアルタイムでの計算描画も強くなって、重なる部分もあるとは思いますが。

あとは実際に色々使ってみるしかないですね。

hiroki0907 at 15:12トラックバック(0) 

2007年11月29日

Processingについて その1

最近雑誌を読んでいると、目にすることが多くなってきたので
少し調べてみました。

意外と情報が少なくProcessingで最終的に何ができるのかもわからなかったので
まずはそこから。

ProcessingはJavaで実装されており最終的にJavaアプレットとして書き出すことが可能です。

自分としては独自のスクリプト言語で容易にインタラクティブなJavaアプレットを開発できる開発環境と解釈してます。
色々ライブラリも充実している感じです。

Javaに強いエンジニアの方にはあまり必要無いものかもしれませんが、デザイナーの人が独自の感性を表現したい場合に有用なツールだと思います。
実際に動きの演算などを一から作る場合を考えた場合でも、Processingを採用した方がいいでしょう。

サンプルなどはこちらで見れます。

巷ではデザイナーのためのプログラミング言語なんて言われてるみたいですね。

弊社はJavaに強いエンジニアが多いですが、デザイナーの人に表現手法の一つとして
やっておいてもらいたい言語ですね。
チャレンジするデザイナーの人はいるのかな?

もう少し色々調べたり、試したりしようと思います。
Flashとの比較もしたいですね。

hiroki0907 at 20:19トラックバック(0) 

現在の戦闘力
ドラゴンボール改 3 [DVD]

このブログの戦闘力

3919

「ナッパ」
クラスです。

by ブログ戦闘力チェッカー

  • ライブドアブログ