2006年09月22日

センチ

キッチン料理長のアイマンに怒られた。。。

SCでやるイベントのアイディアだしを、生徒全員から

意見を、アイディアを募集しようということを提案し、なって

朝告知して、昼食時にでは今からかいてねーみたいにやろうと

してマイクにぎってあいさつした瞬間に。。。

校長でさえわたしに確認をとるのに

なぜおまえが勝手にやっているんだ。

ちーん

さらにこの1週間、ヒューマンライツウィークに

はいって、明らかに疲れています

なんか、うまくいえないんですけど

俺のなかで過去に興味をもって、やってみて、自分との距離感というか

スタンスを決めたものや、多様な視点からみたいなっておもうことを

ひとつのたとえば、人権を守らねば的な感じできたり

現場で支援してます、love everything

的なことをいわれると、前提やバックグラウンド、視点を

おしえてくれないと、以前はそのインパクトでぐはーってなっていたかも

だけど、今は、ひいてみるか

むしろ拒絶反応に近い

ああ 柔軟で寛容でありたい

trafficking も、視点を変えて英語の向上に意識をもっていきました。

まあ、与えられた環境のなかで、なにをみるか、学ぶか

自分の意識を変えることは、最後の尊厳なので、きっと

ぶっちゃけ授業以外のフリーにいろんな会話しているときのほうが

そのあとに深いこといったり、そういうほうが楽しかったりしています

たぶん、とくに文献が届いてから、集めてから

それの作業、勉強する時間を確保したいのに

ほんと深夜しかない。。。ヒューマンウィーク、

自分のまわりをまもる。以上。

でも歴史とか知るのはおもしろかったり。

 

あと2週間したら去るといったら泣いてくれた。

ああせつない。。。

IPCっていうよりも

デンマーク、出会った友達、先生

なによりそれが悲しい。

来年デンマークにはくるけど。本格調査に。

ああ冬にいけばそのまま北上してオーロラみて

アイスランドでMのうちいって、チェコのZ、ハンガリー三人と

数人と行脚できるのになー。

 

 

 

 

 

 

 



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
ひろぽん
現在大学院1年生。比較教育学をやってます。デンマークと民衆教育関係で。8月から2ヶ月現地いってました。
世界の国をもっとこの眼でみたい。多くの社会をみたい。
自分の常識をいい意味でどんどん破壊、創造していきたい。それは本を読むことも、人と対話することも同じ。
日本、世界でのさまざまな気づきを大切にしてこれからも行動していきたいなって思っています。

「百聞は一見に如かず」「誰かのためにと強く意識したときには、誰もそんなこと望んでいないのだと再考しよう。それをやりたいから、俺はやるのだ。」「一人でできないことをするために組織(チーム)がある」
あたまかたくならないよういろいろからだうごかしまーす
ふにゃふにゃ

・学問
グローバル教育・潜在能力とか感性を発掘する教育とか
教育協力、文化人類学、社会学、デンマーク
民衆教育、新教育運動とか(人や思想に興味)

・先祖は(両親に聞くと)

商人と軍人系のエリートさん(満州国の)だそうです

・旅とかなんやら

北海道〜屋久島
フィリピン、韓国、デンマーク、オーストラリア
ひとりがすきです。気をつかわないし。

・本好き
・歌好き、演劇とか、司会とか
とりあえず声はでかい。

いろいろありましたが
これからもいろいろあるんだと思います
論理や現実の特に負の面に嫌気がさすときも
ありますが、レーチェル・カーソンの
センスオブワンダーや「論理じゃないんだよ!」
みたいなものは忘れずにいたいな、と思います。

Recent Comments
アクセスカウンター