2007年01月18日

コピー

一年間のラリーとのタイマン英語、英米比較文化という名の

シェイクスピアを英語で解説、、、、という俺にとっては、、、ぐはっという授業。

毎週要約をつくってくるのが、ひーひーしていた授業が

ついに終わった!!単位GET!

先生のおかげで古典に興味をもてました!

その後、教員図書館、中央図書館、戸山図書館にて、

地下でえんえんと、○○大学の紀要とか

学会誌とか検索して、

論文コピーしまくった。

コピーカード2枚、つまりは約200枚ですな。

もちろんフォルケ系

成人教育、民衆教育、開発教育系

パウロフレイレ

どっかの国での民衆教育運動の思想とか人にスポットをあてたもの

デンマーク系

これはまじ軽くオタクはいってきたよ。

とりあえず、名古屋大学のは、もうコピーするもんない。

デンマークの教育論文も邦文はだいぶしめてきたぞ。

基本要領、容量わるいので、数で。

たくさんの論文を読んでいれば、なんとなく、書くコツとか

こんなやりかたもありなんだとか、勉強になるはず。

それにしても思想、歴史レベルから実践の教材に関してまで

または誰かの子どもの日記から分析とか

いろんな論文があるんだなー。

秋までに書けたらいいなー、妄想。

健康教育論で授業プランをたてたのが

なんか、久々で、とても楽しかった。

授業プラン?企画案とかつくってシナリオ、イメージして

どうやっておもしろく、わかりやすく、相手にねらいがつたわるか

おこるか、とかやっていると、発想がでてきたときが

楽しいな。

 

 

 

 

 



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
ひろぽん
現在大学院1年生。比較教育学をやってます。デンマークと民衆教育関係で。8月から2ヶ月現地いってました。
世界の国をもっとこの眼でみたい。多くの社会をみたい。
自分の常識をいい意味でどんどん破壊、創造していきたい。それは本を読むことも、人と対話することも同じ。
日本、世界でのさまざまな気づきを大切にしてこれからも行動していきたいなって思っています。

「百聞は一見に如かず」「誰かのためにと強く意識したときには、誰もそんなこと望んでいないのだと再考しよう。それをやりたいから、俺はやるのだ。」「一人でできないことをするために組織(チーム)がある」
あたまかたくならないよういろいろからだうごかしまーす
ふにゃふにゃ

・学問
グローバル教育・潜在能力とか感性を発掘する教育とか
教育協力、文化人類学、社会学、デンマーク
民衆教育、新教育運動とか(人や思想に興味)

・先祖は(両親に聞くと)

商人と軍人系のエリートさん(満州国の)だそうです

・旅とかなんやら

北海道〜屋久島
フィリピン、韓国、デンマーク、オーストラリア
ひとりがすきです。気をつかわないし。

・本好き
・歌好き、演劇とか、司会とか
とりあえず声はでかい。

いろいろありましたが
これからもいろいろあるんだと思います
論理や現実の特に負の面に嫌気がさすときも
ありますが、レーチェル・カーソンの
センスオブワンダーや「論理じゃないんだよ!」
みたいなものは忘れずにいたいな、と思います。

Recent Comments
アクセスカウンター