倒産社長のここまで言っていいんかい? 這い上がってみせましょうよ!

会社やってました。受注も増え売上も上がりましたが・・・倒産させました。 でも復活するのです!復活する為の決断です。 社長業って思った程楽じゃ無く苦が多いですが「なんだかなぁ・・・」と思ったらこのブログへ来てみて下さい。 私が10年間で経験した面白い事、エグイ事なんかを書いて行きます。 社長の成功体験的な本は良く出てます。私も良く読み実践しました。 でもそんなに話は上手く行きません。 でも「失敗は成功の基」って事だけは事実ですわ。

facebook

最近の私はHPは勿論、facebookも営業に多用しています。
ここ1年、セミナーに通うでもなく自分で色々試してみて自分なりの手法を作り徐々に効果が出始めています。

それに伴いfacebookでの友人もかなり増えた。
皆さんそれなりに営業をしてくるのだが私はそんな営業はせず他の方法でお客様をゲットしています。

色々な業種の中で非常に熱心に営業してくるのがコンサルタント系です。
「御社の為になる情報です!」とか「御社の弱点を克服します」とか・・・
結構20代の若い社長が多いのにびっくりします。

良くその人のページを見るとビットコインや株を始め金融に関係する人が多い様に思います。まあ、私は興味が無いので時代遅れとか言われても無視しています。
勝手に保証の無い投資で遊んでください。

その中で中々まともな社長がいたのでメッセージの交換をちょくちょくしていました。何か私の会社に興味が有るらしく色々とお薦めの話をして来られました。

遂に「とにかく私は御社の為に何かお役に立ちたいんです」と言われるので分かってはいましたか試すつもりで「役に立つことしてくれるのはタダなの?」と聞くと「いや、それはコンサル料が掛かります」ときた。
んなら「御社と一緒に儲かる事を考えましょう」とか「一緒に儲けましょう」って言われへんか?それは営業やろ?と返信しました。

「私どもはコンサルです。それが理解できないので有れば仕方ないですね」と一方的に切られました。

理解はしているが金が絡むコンサルなら本音を言いなさい。
「私は利益が欲しいです。一緒に何かやりませんか?」とかね。
でも大概のコンサルの本音は毎月のコンサル料が欲しいだけの人が多いです。
「儲からなかったら返金します」まで言えば信用しますけどね。
中々難しいですが大阪にそんな会社がありますけど仲良くやってます。

とにかく私はお金を得る為にやってます。
当たり前の事をはっきり自覚して仕事すると中々周りの環境も変わるようです。

人は変わる

最近倒産した時から人格が変わったと言われ始めました。
倒産した時は借金と前途のプレッシャーに潰され写真で見ても悲惨な精神状態と風貌でした。最初の頃はとにかく全てに自信が無く怯えて外出するのも一苦労でした。
ブログをお休みしてから3年間はホンマに馬車馬となって働きました。やはり結婚した事が大きく影響しましたね。
そうなると表情も朗らかになり自信を持った顔付きになった様です。

そんな中でお付き合いする人も随分変わりました。
以前の会社でのお仕事の方や知り合いとのお付き合いは無くなりました。
この正月の年賀状を見ると如実に表れてました。

倒産した頃は確かにそんな人達に助けられ生き延びて来ました。
感謝はしているのですが・・・疎遠になりました。

中には裁判になったりした事件も有りました。完全勝訴しましたけどね。
親友とも疎遠になりました。
先日も揉め事が有りましたが仲裁に入ってくれた人がこちらの非が無い事を相手に話して解決しました。

「んー、何で揉める事が多くなったのかな・・・」と考えていました。
疎遠になる人も増えましたが新たに仲良くなりビジネスを楽しくやる仲間はかなり増えました。

ある社長と話しているとその理由が分かりました。
倒産した時の弱った私を知っている人が私の変化に対応出来ないから揉める事が増えたのです。

以前の私は自信が無く自分の考えを主張する事は無かった様に思います。
仕事で間違った事でも次の仕事が欲しいので黙ってやり過ごし結局こちらが損したり、勝手に足元を見て減額されたり・・・。

しかし最近は自分の意見を主張し間違った事は指摘する様になりました。
揉めた事案の全てが無理な要求をしてきたり自分の都合を押し付けてきたりと完全にこちらを見下した感の有る事案ばかりです。

「人は変わる」のです。
今、以前からお付き合いをしている方々は全て私の変化を受け入れている方々ばかりだと分かりました。

「こいつ以前は弱ってたのに生意気な!」
「こいつ以前は弱ってたのに最近復活して来たな。良かったなぁ」
と思う2つのパターンの後者しか私は付き合いません。

3年・・・

3年経ってしまいました。

正直頑張りました!

結論から言うと法人として事業を復活させ、且つ再婚(事実婚)しました。

勿論前科(金融のね)が有るので流石に取締役にはなれませんがね。

今は電気業を本業として奥さんを社長として現場と営業をやっております。

業績は少しずつですが着実に上がり家庭としての収入(私個人は有りません)は安定しました。


金融機関からの督促は来ますが徐々に減ってます。

特に日本政策金融公庫や銀行は債権をサービサーへ譲渡しています。

車のローンをしていた信販会社だけはしつこいですね。

色々と内容証明や配達記録で送って来ます。

逃げませんが無視してます。

生活に何の支障も有りません。

住民登録もしてますし保険も使えます。

会社の融資も私の名前は出ませんからすんなり通りますしカードも奥さんのカードを使いますので全く問題有りません。

ただカードは裏面のサインをする場所には「本田翼」ならhonとかのローマ字を筆記体で書いたりしないと「カードの使用は本人のみ」と硬く断る店も有りますので注意が必要です。


知識ばか

先日、ある商売でのルール違反が有り仕入れ先の営業マンを怒りました。
実は私の得意先に直接商品を売り込んだんですが、この営業マンは倒産前から弟の様に可愛がっていた人間。
母親が危篤の時には、なけなしのお金も貸した位に可愛がってたんですが・・・。

その場はすいません、と帰ったのですが暫く経って「ノブータさんの前からフェードアウトします、後は後輩に任せます」といって離れました。

その後輩から聞いたんですが「あんなに怒らないでもええのに・・・もうええわ」と言っていたそうです。

彼は何時も「僕は独立するんだ!」というのが口癖で色々な社長と会っては知識をつけていました。
知識を付ける事に問題は有りませんが、最近気になって いたんですが徐々に態度が変わってきていたのです。
要は私を馬鹿にし始めたのです。
他の社長の行動を批判したり私に経営の意見を言ったり・・・。

私は勿論聞きません、何故なら彼はサラリーマンだからです。
言っている内容は他の社長からの聞き売り&サラリーマンの理想だからです。
経験の無い経営論はコンサル会社のサラリーマンの意見と同じで正論では有りますが本当の対応が出来ませんし何か有っても責任は取れません。

そう、所詮サラリーマンなんですよ。
黙っててても失敗しても給料は貰えるんです。

「あんなに怒らないで・・・」
そりゃ怒りますよ、その件を黙認するとで私の収入は減るのです。
必死ですよ。

何か自分は知識を得て偉くなった様に思ったのでしょうね。
まぁ、彼が消えても私には何も変わりません。
代わりは幾らでもいますからね。
幾ら個性の有るサラリーマンでもビジネスの基本は会社との付き合いですからね。
勘違いしてる人が増えてきてますね。



 

気負い過ぎはアカン

昨日は画期的な新商品を売りたいので手伝って欲しいという人に会いました。
喫茶店で待ち合わせしてたんだけど私は10分程前に到着してコーヒー飲んでました。
基本的に私は必ず時間は守ります。

待ち合わせ時間から5分程経過してから電話が有って20分程遅れるとの事。
まぁ仕方ないな、とゆっくり新聞なんか読んでました。

30分程してカラカランっとドアが開いて40歳位のスーツ姿の男性が入って来ました。
予め私の服装をお伝えしていたのですぐに相手は私の所へ来ました。

「遅れて申し訳ありません」と謝り席に付きました。
んで名刺交換ですわ。ふーん、代表取締役かぁ。
まっ、そこまでは良しとしましょう。 

次の言葉が「いや、前のお客さんの所ですごく引き止められましてね。いやすごい食いつきで又来週も会うんですけど系列会社全社で売ろうか、なんて事になりまして・・・」
と前の客の事を興奮しながら5分程喋ってました。

「んで、何を売るの?」
と聞くと相手はハッと我にに戻り商品説明を始めました。
で、その説明の中でも「〇〇という会社ではこんな使い方をしようと検討してくれて××という会社は□□という会社を紹介してくれるんですよ」といかに自分の会社の商品が興味を引いているかを熱烈に説明します。
それと有名な会社の社長を知ってるだとか前は取引有ったとか・・・

何か自分に酔ってるんかいな・・・と思う様な感じ。
こんなんで売れんのかな?と思って「で、どれだけ売れてんの?」と聞くと急にテンション落ちて「まだ2件なんです・・・」との事。

「で、私に何をして欲しいの?買って欲しいの?売って欲しいの?誰か紹介してほしいの?」
もう30分も自分の話だけして流石にイラッとして聞きました。
「いゃ、出来れば色々な形でご協力頂けないかと」

こっちの会社の現状や方針を聞かずにそんな事を言う奴は単なる「押し売り」ですわ。
お互いに利益の有る事で商売は成り立つはず。

初対面だけどその点を言おうと思ったら「すいません、実は次のアポが入ってまして・・・ちょっと取締役とか出て来るので・・・」
ほな、私は何やねん
呼び出して待たせといてあげくの果てには次が有るから・・・取締役が出ようが私には関係ないからね。

彼は資料を鞄に詰め込んで「ここは私が出しますんで」とそそくさと出て行きました。

自分は偉い人と会える人物でアポもガンガン入ってます!ってのを全面に出して相手の都合も何て事ない・・・そんな営業する人まだ居たんですね。



 
プロフィール

ノブータ

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ