2023年09月16日

Bad Idea Right? / Olivia Rodrigo

【80年代のGoGosのようなガールズPop/Rockまだまだ十分に健康的】
アメリカの子役/女優というよりは、もうスターロック歌手の感のあるオリヴィア・ロドリゴ。ブリトニー・スピアーズのようにスターになってビッチに豹変していないところが宜しい。この曲もまだまだ十分に健康的です。

Olivia Rodrigo - bad idea right?



hirokitee at 17:17|PermalinkComments(0)mixiチェック Pop | Rock

2023年09月02日

Cory Wong, Live at Madison Square Garden / Vulfpeck (ヴォルフペック)

【超人の域 変態ファンクバンドVulfpeck(ヴォルフペック) 】
7:55 からの曲「Cory Wong」ならばどこかで聴いた事あるでしょ?このバンドの正式メンバーでないけど常連さんのギタリスト、コーリー・ウォンの名前そのまま。この人、ポールジャクソンジュニア (Paul Jackson Jr) に次ぐ、ファンキーなカッティングギターの名手に間違いありません!

Vulfpeck Live at Madison Square Garden


hirokitee at 17:06|PermalinkComments(0)mixiチェック Funk | Fusion/CrossOver

2023年08月27日

Day / Nulbarich (ナルバリッチ) feat. PUNPEE

【優しさに満たされた日常ワンシーン〜失恋コメディシークエンス】
シンガーソングライターJQさん率いる謎の不特定多数バンドのNulbarich(ナルバリッチ)とPUNPEE(板橋区の誇り:DJコンビ「板橋兄弟」)のコラボ曲。

Nulbarich(ナルバリッチ)というバンド名は、Null(ゼロ、形なく限りなく無の状態)、 but(しかし)、 Rich(裕福、満たされている)から作られた造語で、形あるものが全てではなく、形の無いもの(SOUL、思いやりや優しさ含めた全ての愛、思想、行動、感情)で満たされている「何も無いけど満たされている」 って感じか。確かに、この曲もそんな状態?を感じる?



hirokitee at 16:06|PermalinkComments(0)mixiチェック Rap | 日本製 Made in Japan

2023年02月07日

To Pimp A Butterfly / Kendrick Lamar

【抑圧の黒人史を俯瞰する視点と葛藤する内面、怒り、自己嫌悪、後悔とアイデンティティ】

先ずは祝!第65回グラミー賞においての〆罵ソ┘薀奪廛▲襯丱狆沺椒薀奪廛僖侫ーマンス賞+ラップ楽曲 三つ巴受賞!さてさて、時代を遡って、、、

2014年での米国はあの事件以降「Black Lives Matter」が声高々に叫ばれる時代に。
2015年にはコモン氏(Common=グラミー受賞の社会派者)がマーチンルーサーキングJrの伝記映画で「我々は打ちのめされても前に進む」と歌った。

で本作は、ピューリッツァー賞を受賞した最新作『DAMN.』に比べ売上は3分の1だった
2015年発売の[西海岸の非不良として社会に向き合うアフロ・アメリカン]=ケンドリック・ラマーの3枚目のアルバム。
ジャケット写真からしてホワイトハウス前で勝ち誇った様子の黒人たち。


1曲目からしてファンクの神様ジョージクリントンとサンダーキャットとの共演なのだが、
歌詞に驚愕!「音楽業界/アメリカ社会/資本主義に崇拝するのかよ?
お前は食い物にされるだけだぞ!」と。2曲目なんて「俺のアレはタダじゃないんだぜ!
アメリカはビッチだ!」と…さらに過激だ。

なのにオバマ大統領にホワイトハウスに招待されるとは!アメリカって。。苦笑

国内CDライナーノーツには高橋氏が「抑圧の黒人史を俯瞰する視点と葛藤する内面」と述べられたが
歌詞を読み解くと、この表現が実にばっちりです!

ところでプリンスの大ファンで本アルバムへの参加を希望していて
ミネソタのプリンス邸を訪ねてセッションまで行ったそうだが。。。
完成曲の発表には至っていないのは残念。1曲目なんてモロプリンスの為の曲っぽいのに!
Lady Gagaさんも同様に共同収録曲未リリース。

あと最後にタイトルに関して一言。彼は
2Pacに多大なる影響を受けた事を公言しており、元はアルバムタイトルを
「Tu Pimp A Caterpillar」にして頭文字が「2PAC」になる予定だったそうです!



hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Rap | R&B

2023年02月06日

宇宙・日本・世田谷 / フィッシュマンズ Fishmans

【永遠に続くリズムの恍惚と間の黄昏】
個人的には、2曲目「Weather Report」と7曲目「Wakling In The Rhythem」を寝る前に独り部屋の中で聴いて欲しい!最後の8曲目なんかはもう、コクトーツインズ Cocteau Twins の名作「トレジャーTreasure〜神々が愛した女たち」に匹敵するような響きと囁きの孤高の世界、ここにあり。神々は世田谷在住だったのか!(笑) え?Fishmansからコクトーツインズ連想するのはダメですか?レゲエ、ダブ、ロックステディは抜きとして。。ってことで。

この作品を発表してから1年8ヵ月後にボーカリストの佐藤は33歳の若さで亡くなった。拝
僕にとっての痛すぎる「シューゲイザー」はこの人しかない。と思っています。

https://www.youtube.com/watch?v=jQAXj1QtGP4&list=PL_GjLs9YOrcLCgTdhrb4xr6DUA5cAuSmJ&index=2


https://www.youtube.com/watch?v=2QFptd2yPtc&list=PL_GjLs9YOrcLCgTdhrb4xr6DUA5cAuSmJ&index=7



hirokitee at 22:50|PermalinkComments(0)mixiチェック 日本製 Made in Japan 

2023年02月03日

Stretch Out Like The World / Frank & Tony Feat. Eliana Glass (Timmy Regisford Vocal Mix)

【超環境音楽っぽいHouseギャラリー内部的閉じてる浮遊感】
Frank & Tony は、ブルックリンの DJ Francis Harris とダンス ミュージック プロデューサー、Anthony Collins の間で結成されたエレクトロニック ミュージック デュオ。この曲はミニマルな前衛ダンスに心地良さそう。Timmy RegisfordがMIXだ!

https://youtu.be/mbMR3bSok8U


hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック House | 現代音楽 Contemporary Art

2023年02月01日

MASCARA / XG

【アイドルなのに楽曲&音質最高】
エックスジーは 2022年3月に韓国でデビューした7人組ガールズグループで日本のavex(エイベックス)と韓国の芸能事務所XGALX(エックスギャラックス)がタッグ組んだ日韓共同プロジェクト”X-GALAXY”からの誕生なんだって。7人すべての日本人メンバーは幼少期からavexアカデミーなどに所属していたそうな。容姿、踊りも素晴らしいがやはりこの曲を爆音で聴くべし。

https://www.youtube.com/watch?v=aVatpxBTfZs


hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック World | Dance

2023年01月27日

You Have Puzzled My Heart (Hayart Albi Maak) / ウンム・クルスーム Umm Kulthūm

【20世紀アラブ世界STAR〜エジプト歌手&女優の叙事詩】
私も初耳でした。20世紀のアラブ世界でもっとも有名なエジプトの歌手だったお人。当時の公演は短いオーケストラの間奏から成っており、西洋でいうオペラのように数時間かかるステージ構成で歌われていたそう!

https://youtu.be/rWSfnCkFCJk


hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック World | Vocal

2023年01月21日

Get Money / SASUKE

【10歳にしてNYアポロ・シアター優勝その後】
2019年時点で16才の純和製トラックメイカー原口沙輔(はらぐち さすけ)10歳にしてNYのアポロ・シアターでのミュージシャンやシンガーの登竜門的ショー「アマチュアナイト」で日本人として史上最年少で優勝。その後ワーナーミュージック・ジャパンに所属しm-floなどの様々なアーティストの楽曲のリミックスも手がけている。が角川ドワンゴ学園通信制高校N高等学校に在籍。その後どうしてるのかなぁ〜?!

https://www.youtube.com/watch?v=UJ2Gs5gHmVs


SASUKE「平成終わるってよ」
https://www.youtube.com/watch?v=iIIWbGRJWQ4


SASUKE J-POPは終わらない
https://www.youtube.com/watch?v=l0s2-O-r0Xw


hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Rap | 日本製 Made in Japan

2023年01月20日

Hot Girl / JOMMY feat. JP The Wavy

【ジャパニーズレゲエラッパのハウス×ヒップホップの夏】
Tofu Beatsさんがカリブ海なラッパぁ風だったらきっとこうなっていたはずだ”。なんて。

https://youtu.be/5FHjpFqv5VY


hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Reggae/Dub | 日本製 Made in Japan

2023年01月15日

It Is What It Is / Thundercat

It Is What It Is / Thundercat
【心地よい不安定さ最新JazzyR&B、80年代AORウエストコース風な夢遊状態】
この人、なんとかつてのハードコアパンク、スイサイダル・テンデンシーズ (Suicidal Tendencies) のベーシストだった黒人さん=サンダーキャットことスティーブン・リー・ブルーナー。
なんでこんな音楽性に変わっっちゃったの〜?
まぁ彼らの音楽も後期はスラッシュメタルやファンクの影響を取り入れたクロスオーバー・スラッシュっていうミクスチャーになったからかな。フライング・ロータスや、ケンドリック・ラマー、ルイスコールたちとの交流盛んだからね。3曲目タイトル「I Love Louis Cole」だって。そのままじゃんか!(笑)

で本作、ドゥービーブラザースのマイケル・マクドナルド(Michael McDonald)ご本人様Vocal入りトラックなんかもあってなんだか80年代の西海岸の風のような心地よさにスペーシーで古風ななシンセが絡みつく。。他に変態ベース炸裂スペースJazzもあり。さらと不思議おもちゃ箱の様相で楽しい。

11曲目のイントロなんて聴くと〜、ステレオラブがJazzy+Soulfull+AOR風に奇想天外曲展開したらこんな感じになっていたかな?なんて。
Anyway、ハマると心地よくなります。ヤシの木の下の晴天下でも、深夜でも。

ケンドリック・ラマーの「To Pimp A Butterfly」なんかよりもこっちのほうが日本人にはとっつきやすいはず。
あ、Weather Repotのジョーザヴィヌル関係の鍵盤奏者スコット・キンゼイも参加してる!とまぁ細かいところまで凄いわ。

因みに、Thundercat氏の弟の芸名は「キンタロー」だそうな。マジか?どんな顔してるんだろ?

https://www.youtube.com/watch?v=golqr78Q0OY


hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Fusion/CrossOver | AOR

2023年01月14日

Until The Quiet Comes / Flying Lotus

【お化け屋敷の中、前衛アートギャラリーの中、脳みその中】
LA生まれでジョンコルトレーン(John Coltrane)の妻を大祖母にもつフライングロータスことスティーブ・エリソン氏曰く、エレクトリック・スペースJazzと。かつアンビエント、バラード、実験的側面を
全部このアルバムに入れたかったと。なるほど。その通り。

レディオヘッドのトム・ヨーク(Thomas Yorke)さんとかブレインフィーダー(Brainfeeder)のサンダーキャット(Thundercat=Stephen Lee Bruner)さん、それにエリカ・バドゥ(Erykah Badu)さんと孤高の人々終結なり。

なんか別の意味で16局目なんかは「ステレオラブ」に近い楽曲で、不思議な居心地の浮遊感に心和ましていただきました。必ず一人でおうちで深夜に聴きましょう。

そういえば2018年の彼の映画「KUSO」はその後の評価はどうだったのだろう?

https://www.youtube.com/watch?v=AcMC9R-Fgxw&list=PLZqsyBiYZFQ0rM_V5T6z7VvleTmNNrQN2



hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Ambient | 現代音楽 Contemporary Art

2023年01月12日

ドバイコンサート Fayrouz Dubai Concert 2001 / ファイルーズ Fayrouz

ドバイコンサート Fayrouz Dubai Concert 2001 / ファイルーズ Fayrouz
【アラブの歌謡曲にシャンソン、タンゴ、オペラ風テイスト加味】
レバノンの人気歌手の(アラビア語で“トルコ石”の意味の歌手名)ファイルーズさん。
要はアラブの歌謡曲なのだが、かなり西洋音楽がアレンジされた楽曲に
「分厚いベルベット」に例えられる独特の美しい歌声が絡み合う。
我々日本人の耳からするとかなり異国情緒たっぷりだけど馴染みやすいですよ。

Fayrouz Dubai Concert 2001 by Reema Rahbany

https://youtu.be/uvylkuUFhgU
https://www.youtube.com/watch?v=uvylkuUFhgU





hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック World | Vocal

2023年01月09日

Opposite People (Fela Kuti) / Newen Afrobeat feat Seun Kuti & Cheick Tidiane Seck

Opposite People (Fela Kuti) / Newen Afrobeat feat Seun Kuti & Cheick Tidiane Seck
【父 Felaの血を最も濃く受け継いだアフロビートの正統後継者】
中期のTalkingHeadsを思い出させた、アフリカン・アルタネィティブ。中毒性のあるネイティブなリズムに徐々に徐々に精神を高めていきましょう!ナイジェリア出身のシェウン・アニクラポ・クティは、フェラ クティの末っ子さんだったのね。

https://youtu.be/mFSRCG4DrmI



hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック World | Fusion/CrossOver

2023年01月05日

Mean It / Louis Cole (ft. Sam Gendel)

【必殺超絶技巧のLOOP録音技法を公開!】
こうやって一人で全部できちゃうんだ!!まいった。流石南カリフォルニア大学Jazz専攻。

https://www.youtube.com/watch?v=ly3EJbzRPjc&list=RDEMy31dsRv9R1FvLwyia4lDxQ&index=10



hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Rock | Fusion/CrossOver

2023年01月04日

When You’re Ugly / Louis Cole

【怖いわ///結構こんな強烈な社会Message曲も!】
奇人様はちゃんと社会批判も自虐的に?忘れちゃいない。ちゃんと最後には全員仮面を剥いで紹介もわすれちゃいない。まともな人々である。

https://www.youtube.com/watch?v=vS4NxiURhEw



hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Rock | Fusion/CrossOver

2023年01月03日

Let it Happen / Louis Cole

【神出鬼没の奇人を探せ!】
奇人ルイス・コール!Zoon Inしていくと至る所にサングラスに黒服のLouisが現れる!(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=fkQgAN9xRO4&t=285s



hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Rock | Fusion/CrossOver

2023年01月02日

Thinking (live sesh) / Louis Cole

【ご自宅お部屋毎実力丸見えスタジオライブ】
続いてルイス・コールの生ライブをどうぞ。後ろの3人組の左の女性は、ルイス・コールとのユニット、ノウワーでの活躍やルイスのソロアルバムへの参加でも注目を集めるジェネヴィーヴ・アルターディ(Genevieve Artadi)ちゃんです。ノウワー に関しての投稿はまた!!山ほど!!

https://www.youtube.com/watch?v=ZMI1iU7VgyI



hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Fusion/CrossOver | Jazz

2023年01月01日

Shallow Laughter〜Bitches / Louis Cole

【2分に街中参上〜3分半後から犬の餌食に〜超絶ドラマーマルチ芸人】
先日、BIG BAND JAPAN TOURを成功させた、Louis Cole(ルイス・コール)はLAを拠点とする超絶ドラマーにして、歌も鍵盤もなんでもこなしちゃう超人。いやvideoを見る限り奇人!

https://www.youtube.com/watch?v=DJ-0468suL8



hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Rock | Fusion/CrossOver

2022年12月28日

About Damn Time (Purple Disco Machine Remix) / Lizzo

【王道ディスコ一直線キラキラ本命ターンナップだミュージック万歳】

2022年だっつーのにマジ感謝。久々の王道にひれ伏しました。ありがとうございます。観念します。ターンナップだミュージック&ターンナップだライトしますわ。あ!ドイツのディスコ&ハウスDJのパープルディスコマシーンさん(TinoPiontek)のRemixではないか!満点です。




hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Disco | Dance

2022年12月27日

Will of the People / Muse

【ゴスペルかと思ったらロックだった。映像はサイバーパンク】
でも乗れるわ。途中一瞬のSound Effectも光ってます。映像かっこいいぞ。サイバーパンクか。ブレードランナー好きにはたまらん。Will of the Peopleは、英国のロックバンドMuseによる9枚目のスタジオアルバムで、2022年8月26日にWarnerRecordsとHelium-3からリリース予定じゃよ。
「この曲は架空のメタバースに存在する架空の惑星を舞台とした架空のストーリーなんだ。そこは、架空の通貨を発行している架空の銀行を運営する架空のデータ・センターが示す架空のアルゴリズムで動いている架空の独裁国家に統治されていて、架空の住民が架空の都市に居住している。そこには架空のアパートがあって、架空の人物がある日起きて"こんな世界はクソ喰らえだ"って思う、そんな歌なんだ」とフロントマンのMatthew Bellamyは語っている。




こんな人です。音効果凝ってます。楽曲も以外性あり映画音楽っぽくて好きになりました。




hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Rock 

2022年12月26日

月曜日の歌 / NEE

【可愛くもゴージャス、シュールに現実直視】<製作年:2021>
こんなアニメ映像みながらこの歌詞かよ!シュールに現実直視。だけど親近感。=>癖になりそ。




インディーズ時代の所属レーベル名称が「日本的恋愛保健室」だって。
で今は自称「エキゾチックロックバンド」だって。捉えどころないな。

「ボキは最強」って曲。渋谷の映像スピード感。なんだろ。行き場のない不発弾な気持ち。




バンドメンバー紹介をこんな風にやってますわ。




hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Rock | 日本製 Made in Japan

2022年12月25日

踊り子 / Vaundy

【一聴してこれは海外の曲だと思った】<製作年:2021>
声全然好きでないし、昭和っぽさも感じる。異色。だから絶賛玄人受け中。




hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック 日本製 Made in Japan | Rock

2022年12月24日

Do Well / SIRUP(シラップ)

【都会的、オシャレ、サチモス的、車のテレビCMのBGM】<製作年:2018>
Honda「ヴェゼル」CMで話題沸騰。なのにMusic Videoのイメージがどうも僕の想像とちがうんだよな。アーティストネームの「SIRUP」の由来は、「Sing & Rap」からなる造語だそうです。RAP声質とコブシの利かせ方はm-flo(エムフロー)のラッパーさんVERBALさんことリュウ・ヨンギを連想。





hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック 日本製 Made in Japan | Rap

2022年12月23日

Moving / Love Regenerator, Eli Brown, Calvin Harris

【大箱の中盤徐々上げ方程式基本的展開王道楽曲】
中盤からフェードインしてくる定番ピアノがハウスの基本を彷彿。
1,000人規模の大箱だと気持ち良さげです。




hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック House | Club系

2022年12月22日

Great DJ / The Ting Tings(ザ・ティン・ティンズ)

【超簡単だけど口ずさめる踊れる定番ポップロック】
途中のギターサウンドはまるでU2みたいでオッて感じ。
その後はB-52sのように無性に踊りましょう。ビデオもサイケな背景色でやはりB52の再到来か。
イギリス・マンチェスターで結成されたポップ・デュオ




hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Pop | Rock

2022年12月21日

Faith / Limp Bizkit

【ロックの中で一番ハマってるスクラッチ名演奏シーン】
天国の彼、George Michaelの歌。吐きながらどうぞ。
一番好きなところは1'52"からのスクラッチの所。名演奏だべこりゃ。




hirokitee at 22:04|PermalinkComments(0)mixiチェック Rock 

2022年10月01日

I Remember / Deadmau5 & Kaskade

【深夜のドライブ向き、クールな躍動感】
昔、愛用のパソコンの中にネズミの死骸を見つけたという、カナダの電子音楽プロデューサーこと「デッドマウス(死んだネズミ)」さん。そんなグロテスクな名前を忘れ去れる透明感あふれる楽曲。物足らなさそうな微妙な満足感が心地良い。




hirokitee at 00:00|PermalinkComments(0)mixiチェック House | Club系

2022年09月17日

All Alone / Sylvia Striplin

【ストリングアレンジゴージャスなファンクソウル】
そんな楽曲にロリータ風ブラックな声がとろけて絡み合う1981年の名曲。あ!あのエロオヤジことRoy Ayersがプロデュースだって。(昔New YorkのSOHOにあった楽器店)Dr. Sound Music Storeの常連客で仲良くさせてもらってましたんで許します!




hirokitee at 00:00|PermalinkComments(0)mixiチェック Funk | Soul

2022年09月10日

Deep Down / Alok x Ella Eyre x Kenny Dope feat. Never Dull

【元ネタ探しクイズに最適なディスコ/ハウスサウンド】
君は何曲分のネタを言い当てることができるか?(笑) 2022年は往年のディスコサウンド大ブレイクだね。ありがとう!ケニー・ドープ (でも当時NYでゴキブリ死体入りのE-MUのSP1200を俺に売りつけてきたことは忘れませんぞ!)




hirokitee at 00:00|PermalinkComments(0)mixiチェック House | Dance

2022年09月03日

セーラ☆ムン太郎 Sailor☆Mun-Taro / マハラージャン Maharajan

【昭和のライブハウスが似合いそうっぽい】<製作年:2021>
一番気になるのはこのビデオ出演の女性だ。作り物なのか?いいえ。ボディビルの準優勝者でジム経営の社長の櫻井美沙季さんです。次に気になるのは音楽。昭和のライブハウスが似合いそうっぽい。わざわざインドのターバン巻いた格好なんてしなくて良いのに。。

/Sailor☆Mun-Taro



hirokitee at 00:00|PermalinkComments(0)mixiチェック 日本製 Made in Japan | Pop

2022年08月27日

Watch Me Now / The Crystal Method feat. Koda & VAAAL

【映画の途中で流れてきそうなドラマチックな展開とムード】
ロサンゼルス発エレクトロニックミュージックでデュオ「クリスタル・メソッド」さんの本曲のアニメOfficial Video必見!音のほうもすごい今っぽい音響処理かけまくってるロックです。Sound Engineering凝りに凝ったMixで、録音より絶対MixDownのほうにお金と時間かけてそう!





ライブセットも映像もGood



hirokitee at 00:00|PermalinkComments(0)mixiチェック Rock | Hard/Heavy

2022年08月21日

ブラックホール / 4s4ki(アサキ)

【きゃりーぱみゅぱみゅが椎名林檎だったら?!】<製作年:2021>
久しぶりに聴いたある意味筋金入りのオルタナかも!4s4ki (読み:アサキ) は作詞作曲、編曲、トラックメイクまで1人でこなしてる。新進気鋭の女性シンガーソングライターなんだって。なんか刺さるわ。




難病らしい。頑張れ!以下引用.。
--------------------------------------------
わたし難病指定されてる病気を患ってしばらく経つのですが、
主に記憶が飛んだり、ご飯をまともに食べられなかったり、
パニック発作起こしたり、 まじで何年も苦しめられてるから神様に
復讐の歌作る 音楽だけはせめて作り続けさせてよ頼むよ〜〜」
「2ヶ月で5キロ落ちてしまった。昨日駅でぶっ倒れたし
そろそろ死んじゃうな pic.twitter.com/3iGKLX6RCG

— 4s4ki (@0311asaki) November 10, 2018」


hirokitee at 11:52|PermalinkComments(0)mixiチェック Rock | 日本製 Made in Japan

2022年08月20日

Dolla Gang / Vesus

【ハウスです。が、Vocal魂は凄くロック感じます】
アーティスト情報も楽曲情報もなく。。でも、この路線行ってる玄人志向って何度聞いても能天に引っ付いて一晩中グルグル回る。今でもこんな曲調があるなんて。貴重かも。基本的でもある。




hirokitee at 14:50|PermalinkComments(0)mixiチェック House | Dance

2022年08月13日

Music for a Sushi Restaurant / Harry Styles

【寿司屋の為の音楽って曲名ですわ!?】
ハリースタイルsが。。 Harry Stylesが3枚目のアルバムHarry’s Houseをリリースしたんだけど、、なぜこの曲が寿司屋なんだろう?




和訳付き動画はコチラ




hirokitee at 14:45|PermalinkComments(0)mixiチェック Pop | Rock

2022年07月02日

Funk That / Nickodemus feat. The Illustrious Blacks

【当時のクラブという箱にぴったりなHouseノリ。】
NYの街角?とよくある見たことあるよな典型的な90年代クラブ内の映像。Wonderwheel Recordings というレーベルの2017年の作品らしいけど、どう聞いても良きハウス90年代サウンド。この時代のNY最高でしたね。




hirokitee at 00:08|PermalinkComments(0)mixiチェック House | Club系

2022年06月25日

It's A War / Kano

【レアディスコなんだけど映像のほう百聞は一見に如かず】
セローンのような当時の変態Disco一味なのかな?
カノは、1979年にイタリアのプロデューサーであるルチアーノ・ニンザッティ、
ステファノ・プルガ、マッテオ・ボンサントによって結成された
ミュージカルダンスプロジェクトだったそうな。





hirokitee at 00:05|PermalinkComments(0)mixiチェック Disco | Dance

2022年06月18日

Music / Mr Mendel

【アムステルダムのDJ?Mr Mendelさんの超プリミティブディスコ/リエディット】
なんか大学時代に初めて行った伝説のクラブ=Paradaise Grage(パラダイスガレージ)を思い出した。真っ暗で巨大な爆音だけに浸り、全五感を集中する。そんな環境下で聴きたい曲。



hirokitee at 00:30|PermalinkComments(0)mixiチェック House | Disco

2022年06月11日

Evil (Marin Mix) / DJ Jazzy Jeff

【え?あのDJジャジージェフさんの作品?オシャレすぎやしませんか?】
明るいじゃんか。軽いじゃんか。Discoじゃんか。






hirokitee at 00:03|PermalinkComments(0)mixiチェック Disco | Dance

2022年06月04日

Revolution Evolution / Kyoto Jazz Massive

【なんと19年ぶりのニュー・アルバム】
京都ジャズマッシブの沖野修也さん、渋谷でカフェやってるのかと思いきや。"Message From A New Dawn"なんでタイトルそのものを非常に良く表現された楽曲でてました!SOIL&"PIMP"SESSIONSのトランペット奏者ことタブゾンビさんかっちょよかった。ブルーノート東京ライブ映像必見!元ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズのVocal=エンディア・ダヴェンポートを迎えていたりして。でもなぜか日本っぽさ満載なんて感じたのは僕だけ?



hirokitee at 05:30|PermalinkComments(0)mixiチェック 日本製 Made in Japan | Fusion/CrossOver

2022年05月28日

The Bird / Selene Saint Aime

【カリブ海自然の中で奏でる母性にあふれた西インド諸島ルーツな精神】
アンティル諸島出身のベーシスト/シンガー、セレーネ・セイント・エメの2作目。ハイチのブードゥー教寺院における木製の支柱が本アルバムの主題であるという。セレーネが幼少期に祖母から聴かされたという、故郷の歴史、家族とその人生、カリブ女性の強かさといった話が根底に感じ取れた。結構重い音楽に聴こえた。楽譜の無く、ほとんど一発録音されたアルバムだそうな。








hirokitee at 09:00|PermalinkComments(0)mixiチェック Fusion/CrossOver | World

2022年05月22日

Utau / 大貫妙子 & 坂本龍一

【ピアノの音と人間の声のみが奏でる凛とした音楽という空間】<2010>
ありそでなかったこの二人だけの作品。日本の代表的童謡「赤とんぼ」をこのお二人がどう彼らなりに表現するのかが聴きたくて本CDを手に取りました。間ですよ。間。だからこそ一音一音が煌びやに輝きを放っております。




hirokitee at 21:44|PermalinkComments(0)mixiチェック 日本製 Made in Japan | 現代音楽 Contemporary Art

2022年05月21日

Derives / Jean-Philippe Viret Trio

【ジャズ、クラシック両刀派。フランスのコントラバス風演奏方法もこなすベーシスト】
ジャン=フィリップ・ヴィレ・トリオの二作目。ジャケットのようにシンプルに余計なものを一切そぎ落として完成された、孤高の3人の演奏家によるダイヤモンドのように鋭い鋭角にあふれた作品って感じかな。ずっと緊張感しっぱなしでしたわ。
Jean-Philippe Viret : bass
Edouard Ferlet : piano
Antoine Banville : drums




hirokitee at 06:00|PermalinkComments(0)mixiチェック Jazz | Fusion/CrossOver

2022年05月14日

500 Miles High (Live) / Flora Purim

【チックコリア仕込みのブラジル人のスキャット浮遊感とスパークル】
スイス、モントルージャズフェスティバルで1974年に録音されたブラジルのジャズシンガー、フローラプリムのライブアルバム。チックコリアのリターン・トゥ・フォーエヴァーに参加して世界的名声を得たブラジル人のスキャットは、空を舞うような浮遊感と、激しくぶつかり合い火花を散らすスパークルの合わせ技!
フローラ・プリム(vo, per)、ロン・カーター(b)、ミルトン・ナシメント(vo, g)




hirokitee at 23:46|PermalinkComments(0)mixiチェック ブラジル Brazil | Fusion/CrossOver

2022年03月26日

Line By Line / PREP feat. Cory Wong & Paul Jackson jr

【ロンドンの4人組が奏でる爽快心地よさ抜群のシティポップ】
PREP の新作『Line by Line』。70年代80年代の青春を駆け抜けてきたことのある人、特にウェストコースト系やフュージョン、クロスオーバーが好きだったシティーボーイシティーガールにはきっとわかるはず。メローかつポップの絶妙な融合。ここ10年での最高傑作アルバム候補かも!










hirokitee at 13:00|PermalinkComments(0)mixiチェック Pop | Fusion/CrossOver

2022年03月05日

Fire In The Sky / Anderson Paak

【本当はヒップホップやりたなくってNPOで子供向け音楽教育、メンタルサポートしてる人】
グラミー賞を獲得した、韓国人の母親を持ち、元々はドラマーでラッパーでもあったアンダーソン・パーク (Anderson.Paak) 第62回グラミー賞ではアルバム『Ventura』が最優秀R&Bアルバムを獲得してるし、アンドレ・3000とコラボの「Come Home」で最優秀R&Bパフォーマンスもゲット!ブルーノ・マーズとSilk Sonic(シルク・ソニック)でパフォーマンスを披露した人。と言えばごぞんじかな。この曲、とにかく肩の力を抜いた曲で安心して聴けるCoffeeのお供にぴったしよ。
この人は、NPO法人立ち上げて、子供むけ音楽、教育、メンタル・ヘルスのサポートしてるって所も好感もてまっす!




hirokitee at 13:00|PermalinkComments(0)mixiチェック R&B | Rock

2022年02月12日

Time Me Down / Physics

【トラック、アーティスト情報がまったく無しで謎!】<製作年:2002>
楽曲を構成する音が不思議でたまらん。ラテンパーカッションからエレピからフルート、半端なアナログシンセ音まで。トラック、アーティスト情報がまったくなく、彼らに関しても謎のまま。



hirokitee at 12:00|PermalinkComments(0)mixiチェック Club系 | House

2022年02月03日

Balmy Life / Kroi(クロイ)

【個人的にはニガミ17才以来の衝撃なファンキーごっちゃ煮】 <製作年:2021>
MVみて一瞬、え?こいつら新興宗教団体?って思っちゃっうぐらい、制服もセットもStoryもまでまるで映画ミッドサマーを狙っているのか?Tempalay "大東京万博" のMVと比較してみましょうね。。
で、音楽も80年代フュージョン風リフあり、RAPもありで、エレキはスタインバーガー、間奏ではトーキング・モジュレーター(トークボックス)もバリバリ出番ありと、スーパーごっちゃ煮ファンキーサウンド。
R&B/ファンク/ソウル/ロック/ヒップホップ/クロスオーバー色も濃厚なミクスチャーな音楽性。
なのでTrack的には、僕のイチ押しの「どんぐりず」に近い感あり。

バンド名の由来はあらゆる音楽ジャンルの色を取り入れて、新しい音楽性を創造したいという考えで、全ての色を混ぜると黒になることからくる「黒い=Kroi」と語る2018年2月に結成した5人組バンド。

ここ2〜3年の日本の音楽シーンは、ビルボードTop40なんかよりダントツ面白いぞ!



別の曲 ミュージックマンのチョッパーベースが超ファンキー。髪型も。



とにかくほかの曲も聴いてほしい。クロスオーバーな音楽性超高いっす。

あ、で、Tempalay "大東京万博"も、もう一度、比較してみましょう。



hirokitee at 22:30|PermalinkComments(0)mixiチェック 日本製 Made in Japan | Fusion/CrossOver

2022年01月22日

Walkin' On The Sun / Smash Mouth

【Doorsみたいにオルガン入り新興宗教的な怪しいサウンド】 <製作年:1997>
Doorsって昔アメリカに居たバンドのオルガンが入った妙に新興宗教的な怪しさがあるサウンド、好きですか?一方でB52ってレトロで踊れるロックンロールも好きですか?60-70年代のアメリカンなダイナーとかで聴けたら最高ですね。




hirokitee at 15:00|PermalinkComments(0)mixiチェック Rock | Psychedelic

2022年01月08日

Me & You / HONNE

【天才的なエレクトロニック×R&B/ソウルの掛け合わせ。に脱帽せよ!】
ロンドン出身エレクトロ・デュオ、HONNE(ホンネ)アンディとジェイムスさん。因みにこのビデオにご本人たちは出てきません。撮影は韓国、ダンサーも韓国の新人ダンサーたちです。心地よくって100回でも聴けそう。神戸のTOFUBEATさんみたい。





hirokitee at 15:00|PermalinkComments(0)mixiチェック Pop | Dance