2006年09月05日

unlune

ccd35928.jpg

hirokiyuki at 20:12|この記事のURLComments(1)

2006年09月01日

俺も

b8b89c29.jpg俺ぁ、ストイックに生きるから!

その言葉だ。と思った。
自分の生きざまを紛れもなく表現した言葉。

それは彼が言ったから、奇妙なチカラを帯ていたのかもしれない。

俺はストイックに生きるよ!

hirokiyuki at 22:19|この記事のURLComments(22)

欠片

今、立ち上がることが必要…

hirokiyuki at 00:43|この記事のURLComments(0)

2006年08月02日

ハートフル

3efc9872.jpg世界一のスラッガーが、明日は、ホームレスでゴミ食べてるみたいな。

そんな人生の変貌が、誰にでもあるのだけれど。
どうしてもドラマに見えて仕方がない。

これからが面白くなるところだろっていつまでもTVに喰らい付くように。
人生の佳境は主観とは裏腹に、夢が潰えたときに灯るブラウン管なのかもしれない。

だから誰もが頑張って、全てがドラマになる。

僕らはそういう夢を見ているのさ。

hirokiyuki at 19:06|この記事のURLComments(0)

2006年07月31日

アントアクアリウム

04421265.jpgデートで15分遅刻したら、帰ってしまうカノジョがいるらしいです。

昨日、アントアクアリウムを買った。

世の中には、僕を何時までも待っていてくれる人も居そうです。

だから、僕は期待に応えたいと思います。

帰る時まで…

hirokiyuki at 09:40|この記事のURLComments(1)

2006年07月17日

今が過去と違うなら

aaea6a00.jpg報える事と

報えぬもの

僕は両方知っている。

できることをする

できないことをしない

そんな賢さが

僕は嫌い。

何かを手にするには片手を離さなきゃいけないことを知らないんだ。

でもいっそ、やり方を知らなければしあわせだよね。

hirokiyuki at 05:06|この記事のURLComments(0)

2006年07月13日

君の名前は

d02e4571.JPG今まで失ったものは多かったけど

それらが本当に欲しいものだったのかといえば、たぶん違ってる。

流動的な世界自体が僕そのものであって、過去が『イブツ』となるのは当たり前な気もする。

因果があるように見えてどこにもない。

だから、失ったものが大切だったにも関わらず今日も僕は遺物とならずに生きている。

大切だったものに異物と言われてもなお…

そうではないのだ。

hirokiyuki at 13:10|この記事のURLComments(0)

2006年07月04日

両手を広げて

9bf1a941.jpgあるカメラマンが言っていた、『快晴の空はつまらない』と。
撮る物が何処にも見当たらないのだ。

デジタルカメラでフィルム代に困る写真家はいなくなった。
しかし、無限のフィルムは、彼等の魂を台無しにしたのだ。
世界がフィルムに覆われたら、写真も撮る人も無価値になってしまう。 指で数えられる程しかないフィルムで世界を焼き付けるから、その画に情熱が感じられたのだ。
両手を広げて、掴みたい物を、ひとつ。

大切にできれば、他に手が回るかい

hirokiyuki at 15:17|この記事のURLComments(0)

2006年06月21日

style

5143938a.jpg変化し続けることが、アイデンティティだと、僕は思いたい。

転んでも蹴飛ばされても、動き続けるのだと、心に誓っている。

そして晴々と立ち向かう。世界に、自分に。

何かを目指すのではなく、自然とそこに導かれる行為こそが、僕のアイデンティティなのだ。

hirokiyuki at 15:14|この記事のURLComments(0)

2006年06月10日

一年前

1ee4d3cb.jpg彼が世界と繋がれないというのであれば、付き合っていた僕は彼にとっての唯一の世界ではなかったのか。
事象とそれに関わる時系列を断つ。
世界に終わりを告げられたのが彼ではなく、どうか僕でありますように。
それでも、あの時の約束を覚えている。
また話そう、と。

hirokiyuki at 13:17|この記事のURLComments(1)

2006年05月24日

観点

3c0565fd.jpg明日があるのか、昨日があったのか、今日という意識を、最大にして、今を感じる。
かの狂人の如く、明日を視ようと、今を完成させん。

hirokiyuki at 15:37|この記事のURLComments(0)

2006年05月03日

人と話せば思いが生まれる

a491c0a6.jpg宇宙が縮み始めたら諦めます。

自分の可能性。

hirokiyuki at 02:47|この記事のURLComments(4)

2006年04月01日

私は私…それは知能の敗北。私は、探さなければならない。私を。

f6f29d10.jpg不安はもう無い

慈悲深き師に

不出来な弟、此処に独り
かつての思い呼び醒まさんと

始まりと終わりの行き着く場所

この信念が、業を果たすのみ

諭より、自ずと生まれたこれは

人、倖という

hirokiyuki at 02:18|この記事のURLComments(1)

2006年02月28日

非嘗不在則

hirokiyuki at 02:05|この記事のURLComments(0)

2006年02月16日

ある男の言葉

もっとも自分を追い詰めるのは欲望であり

欲望を満たすことは敗北を意味する


hirokiyuki at 02:11|この記事のURLComments(1)

2006年02月08日

満ちては欠ける

d88c2298.jpg子供の頃から月が満ちた夜な眠れなかった。

まるで渚のように、僕の魂も、あの遥か遠くの白い石に引かれて、ざわめくんだ。

僕が最も欠ける夜だ。


hirokiyuki at 02:47|この記事のURLComments(0)

2006年02月06日

最短距離

510837df.jpg僕は、光だ。
世の毒に侵されたような意味ではなく、
限りなく原始的な意味で
合理的で

どんな場所でさえ最短距離を通るし、
僕の軌跡が最速と言われる。

ただ唯一、彼の計算ミス、見落とした真実があるとすれば、僕に意志があること。

hirokiyuki at 08:18|この記事のURLComments(1)

2006年01月25日

じっと

799fb6ad.jpg自分を見つめよう
足元に咲く花を摘んで
深い谷へ跳躍しよう
我も忘れて
我よ我よと再構築
アイデンティティ

hirokiyuki at 22:32|この記事のURLComments(1)

2006年01月16日

僕が

一人じゃないことを忘れない

今夜の僕は、彼等の声を聞いたんだ

まだ前に進める

hirokiyuki at 02:05|この記事のURLComments(1)

2006年01月09日

イエローケチャップ

591d6127.jpgありきたりなことが、大切に思えて、xxxxxxxxxxxxxxx

hirokiyuki at 11:41|この記事のURLComments(0)
Archives