January 21, 2005

僕の彼女を紹介します [丸の内プラゼール]

僕カノ

大劇場での公開最終日の駆け込み鑑賞、「僕の彼女を紹介します」←(公式サイトでは、あの泣けるサウンドが聞けます。なんだか韓流にありがちなサウンドなんですがね)。
19時の回ぎりぎりに到着、ここは、整理券制で席も指定なので、前の方の席しかとれず。はしっこは空いていたのですが、欲張って外しました。席が決められてしまうのは、気に入らなくても変更がきかないので、不便ですね。

もとい、大ヒットの本作、日本ではあの「シュリ」を超える動員数だとか。なので、映画ファンたちの前評判を多少聞きつつも、期待していました。



確かに、「ゴースト」な展開、涙腺がゆるみます。でも、「猟奇的な彼女」(これの姉妹版的位置づけ?)のようなテンポの良さ、「ラブストーリー」のようなベタな感動とはちょっと違っていて、良くも悪くも本作は商業的な映画に成長したって感じです。
具体的には、最後の方を少々ひっぱり過ぎたような気がします。韓国映画お得意の大どんでんがえしも奇跡も偶然も、一個でお腹いっぱいのような気がします。
もちろん、「彼女」のチョン・ジヒョンの、庶民派な顔に完璧なスタイルの女性警官はかっこいいし、「火山高」のチャン・ヒョクもいい味出していて、2人魅力は健在。また、前半はかなりテンポが良く、前作よりパワーアップしています。なので、後半作りこみすぎているのが少し残念ですね。

そうそう、銀座周辺(もうシネパトスでしかやってませんが)で見るなら、丸の内線の地下街のチケット屋さんに、1,300円の鑑賞券が残ってました。

※以前の記事
・「ラブストーリー」  
 http://blog.goo.ne.jp/hiroko1616jp/e/6a19fe88430d7678e815e0b710dbbc4a
・「火山高」
 http://blog.goo.ne.jp/hiroko1616jp/e/431e99c9781dd0c5cce2c2fa318dd78b

hiroko1616 at 00:00│Comments(4)TrackBack(2) 映画関連 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『僕の彼女を紹介します』  [ 京の昼寝〜♪ ]   April 26, 2005 12:06
■監督 クァク・ジェヨン ■キャスト チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク 一見うら若い乙女、ギョンジン(チョン・ジヒョン)は、激しい思い込みと正義感に燃える熱血警察官。 引ったくりと間違え、誤認逮捕が元で知り合った高校教師、ミョンウ(チャン・ヒョク)と恋に落ち
2. 猟奇的な彼女  [ 心も身体も健康ライフ♪ ]   June 08, 2005 19:54
やーっと観ました。 ずいぶん前に話題になりましたよね。。。みたかったんだけど、なんだか韓国映画〜!?? みたいなところがあり避けてました。 でも韓国旅行に行き、「ラブストーリー」を観たあたりから、 「んん?!なんとなく、日本のおばちゃま達が韓国映画に

この記事へのコメント

1. Posted by rm   January 23, 2005 21:55
こんばんわ。
HPから曲を聴いてみました。
『ノッキンオン・ザ・ヘヴンズ・ドア』って、
ディランの曲を、ガンズがカバーしたやつですね。
それを女性シンガーが、さらにカバーしてるんですね。
確かに泣けるナンバーではありますが、
なんだか懐かしい…。
2. Posted by hiroko   January 23, 2005 22:02
おお、さすが音楽に詳しいrmさん!
ガンズがカバーしてたんだ・・・(ウロコ)
3. Posted by sakuramint   June 09, 2005 07:57
TBありがとうございました。
僕かの、観たいんですよぉー
来週のレディーズデイ狙いです!
4. Posted by hiroko   June 09, 2005 23:52
僕カノ、2次上映でしょうか?
因みに私もレディースデーで観ました(^^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【お知らせ】

*当面コメントの反映のお時間がかかる設定にしておりますが、変わらずよろしくお願いいたします

*当サイトはIE6で設定しており、
firefoxで閲覧するとズレが
生じる場合があります

*トラックバックくださる際はコメントを残してくださると幸いです(コメントを残してくださったもののみ掲載させていただき、またこちらからもお伺いいたします)

ほぼ毎日つぶやいてます。
いただいたコメント