September 2008

September 28, 2008

パティスリー デフェール [たまプラーザ]

先日の出張の代休をいただいたので、数ヶ月前に退職したお仕事友達に会いに行きました。
その方はとってもステキなお姉さんで、社内でもグルメの話で盛り上がる数少ないお友達でしたので、退職はとても残念だったのですが、辞めてからもお茶しましょう!ということで、接客業で普通の日にお休みが取れる彼女とタイミング良く会うことができました。

デフェール4前からリクエストしていた、たまプラーザ駅前の有名なお店「パティスリー デフェール」です♪
以前、彼女からいただいた焼き菓子がとっても美味しく、いつかお店でお茶したいと思っていたのです。
窓際の席をキープです。たまプラマダムを眺めながら優雅なティータイム。

デフェール1これは彼女が頼んだベリー系のケーキ。お味見ごっこをしたのですが、後半私が2個目に食べたベリーのケーキよりもミルク系のムースが多くを占めていて、酸味が少なくまろやかだったような記憶。
2人ともおしゃべりに夢中で、ケーキの名前など書き留めるのを忘れてしまいました ^^;

デフェール2私の頼んだ、チョコとベリーのケーキ。ここのお店はチョコが美味しいと聞いていたので、大好きなベリー(ラズベリー?フランボワーズ?)との組み合わせのこのケーキにしました。濃厚で、すっぱいベリーの酸味との組み合わせはばっちり!美味しい〜


デフェール3せっかくなので私は2個目を。今度はベリーが中心のピンク色のかわいいケーキにしてみました。いちごとフランボワーズ(かな?)のすっぱさに、確かピスタチオ系のムースと、サクサクした(カラメリゼかな)土台の組み合わせが美味しく、こちらも大当たり。


デフェール5お土産に、焼き菓子を沢山買って帰りました。
左上から「ケーク ア ラ フィグ」「フィナンシェ フランボワーズ」「米サブレ」「ソヴィエール ニュイ」「キャレ アルザシアンヌ」「チョコチップ」「バニラサブレ」真ん中は「ガレット プルトンヌ」。
まだ全部は食べていないのですが、美味しかったのは、まずは米サブレ。以前もらってとっても美味しかったんです。バニラの香りがして、サクサクほろほろのはごたえ。
「ソヴィエール ニュイ」はチョコのクッキーの間にベリーのジャムが挟まっている一番好きな組み合わせで、これもとっても美味しかった。フランボワーズの練りこんだフィナンシェも美味しかったです。
パティシエが変わったので味も変わったらどうしよう〜と以前彼女は気にしていましたが、あまり影響はなかったみたい。よかった。

たまプラの駅前には「アン・プチ・パケ」というケーキやさんもありました。デフェールでさんざん食べた後なので、この次に。気になります〜

短時間でしたが、至福のティータイムでした♪何より彼女が次の職場で頑張っている様子がわかってよかったです。この次も、周辺のお店を紹介してもらいます。楽しみです。

続きを読む

hiroko1616 at 00:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 横浜周辺のお店・雑記 

September 23, 2008

大阪日帰り日記

蛸之徹4先週末、休日出勤で大阪に行ってきました。
大阪出張はこの会社で二回目(前回も休日でした)、その前も泊まりで2回来ているし、何より幼少の頃父の転勤で住んでいたので、なんとなーく土地勘のある数少ない都道府県です。

8時台の新幹線で12時前には大阪入り。京都出張・大阪出張はわたし的には飛行機を使わない最南の地なので、けっこう遠く感じました(神戸は飛行機でした)。
さて、アポは15時ですが、大阪からは40分ほど離れた(イメージでは東京でいう立川〜八王子あたりなのかな)堺のその先でしたので、地図の下側は土地勘も働かず(兵庫に近いエリアに住んでいたので)、かなり時間的には余裕があると思っていましたが、意外とそうではありませんでした。
まずはoishi--i さんが紹介してくださった、お好み焼「きじ 本店」へ。TOKIAにもある有名店です。新梅田食堂街というこてこての食堂エリアにあり、かなり気分的に盛り上がって訪れたのですが、がーん、長蛇の列でした。。。10組はいたかしら。お昼にありつけないことだけは避けたかったので、泣く泣く別のソース系のお店を探すことに。
といっても、知っているのはマルビル(丸ビルにあらず)の中のたこ焼きやさんだけだったので、ちょっと離れているけどそこまでダッシュ(地上から行くとコンコースがあって意外と遠かったです。。。)

蛸之徹1自分で焼くたこ焼きやさん「蛸之徹」です。
しかし、ここも先頭ではありましたが並ぶはめに。でももう他の選択肢はなく、10数分待ちました。
休みの日なので、出張リーマンはもちろん私だけ(しかも女子一人も)。でもめげずに店員さんに教わりながらたこ焼きひっくり返してましたよ。

蛸之徹2蛸之徹3






蛸之徹5じゃーん、できあがりです。
焼きたてのアツアツたこ焼きはやっぱり美味しいです。こっちの方っておうちでたこ焼きフツーに作るそうですよね^^
サラダと飲み物のセットで850円くらいでした。
1時間に一度くらい、店内の照明が暗くなって、水族館風に蛸ちゃんの絵が浮き上がってくるしかけがあるのですが、今回もそれを見ることができ、満足(笑)
お店を出る頃は、店内はすっかり空いていました。12時のお昼時だったからなのでしょう。なーんだ。。。

さて、1時になってしまいました。大阪を54分の列車で出発予定です。
お茶しながらお仕事の予習をする候補のお店は2つ印刷してきていました。堺市の「かん袋」と、中津の「カンテグランデ」。前者はさきほどのoishi--i さんに紹介していただいた、くるみ餅とカキ氷がすっごく美味しそうで、折りしもフェーン現象で31度以上あったこの日はかなりそそられましたが、乗り換えてそれを食べる時間はとてもなく、中津でさえ無理でしたので、後者の「カンテグランデ」マルビル店で手を打ちました。このお店も2度目なのですが…今回は移動が多いので仕方なし。どっちもタクシーも視野に入れていたのですが。

カンテG3ここ「カンテグランデ」はウルフルズのメンバーがバイトしていたことでも知られるカフェですが、大阪ではカフェそのものが有名なようです。上で行っていた中津にはトータスとケイスケが、マルビルにはジョンBがいたようです。
7年前より入口が開放意的になりました。インド喫茶っぽかったのがよりカフェっぽくなったような気がします。

カンテG1「カンテGでやっぱ、チャイとケーキ♪」
前日は10数年ぶりくらいにウルフルズの「大阪ストラッドを聞いて気分を盛り上げてきましたよ(笑)。
後方のケースにはケーキがたくさん!

カンテG2

抹茶チーズケーキと、お約束のチャイです(トータス直筆のチャイの作り方、7年前に撮影)。ブルーベリー・シフォンとも迷いましたが、店員さんに聞いて、人気のこちらに決めました。
ケーキ、みかけは大振りですが、フォークを刺すとふんわりしていて、シフォンケーキのよう。そしてこのクリームがとっても美味しいんです。お砂糖の加減なのかな、他になにか隠し味が入っているのかな。とにかくこのクリームと抹茶の風味が良く合って。
チャイチャイも、優しいミルクティーそのもので、スパイスの味はほとんどなく、飲みやすいです。バッグの中に入るチャイをお友達用に買って帰りました。



パンカンテ滞在時間は短めでしたが(合計で1時間ないくらい)、リフレッシュして仕事に臨むことができました。いつか中津本店、訪れたいものです。
向いには系列のパンやさんもできてました。仕事があるのでガマン…。
因みに大阪付近は三番街などにもあるようです。

現地には私は約束の15分前に、外部のスタッフの方は45分前に到着しましたが、支社の方が30分以上遅刻してきたので(^^;2人でしぶーい喫茶店でカルピスを飲みつつ待ちました。各駅しか止まらない駅前に唯一あった、夜はパブになりそうな喫茶店。電車が来ると戸がガタガタ揺れて、扉に付けられた呼び鈴がカランコロン揺れます。実はこの待ち時間が今回の大阪の道中で真っ先に思い出す光景だったりして。写真に撮りたかったなぁ。
帰りは。。。

続きを読む

hiroko1616 at 01:12|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 旅行・小旅行 

September 18, 2008

国登録有形文化財 二木屋 [浦和]

二木屋概観1連休の中日にダンナの実家を訪れ、浦和の「二木屋」に連れて行ってもらいました。
国の有形文化財に登録された建物で、牛肉をメインとした和会席がいただけるということです。和のコースは大好きなのですが、そうはいってもあまり行く機会に恵まれないので、行く前からワクワクしていました。

二木屋概観2こちらがそのお屋敷です。昭和初期当時、ホテルやホールなどの施設は少なかったので、政治家が会合などに自前のお屋敷を使うことが多かったのだそうです。




二木屋概観3その会合があったのだろうなぁと思われる、洋間、外からですが、重厚な家具にシャンデリアを見ることができました。


 

十五夜

私たちが通していただいたのは、お庭に面した広い窓際の席でした!折りしも十五夜でしたので、お月見団子にたいまつがお供えしてあって、気分満点。四季折々のしつらい(飾りつけ)が楽しめるのだそうです。
そしてこのお庭には能の舞台も組まれるのだそうです!

二木屋箸付

そうこうしているうちに、テンポ良くお料理が運ばれてきます。
これは無花果ゼリー寄せ。ちょこんと添えられたざくろ、例年はお庭の樹齢150年(確か)の木になるものなのだそうですが、今年は暴風雨で木がしなって倒れかけて、実が落ちてしまったのだそう。古い木が実を付けること自体、珍しいのですって。
二木屋前菜1前菜は、料理長の方手書きというかわいいうさちゃんの紙蓋がしてあります。





二木屋前菜2月見団子に見立てたしんじょうや、うさぎの形をした鶉の卵。うさちゃん、かわいいです!(拡大図






二木屋お椀二木屋造里







二木屋焼物二木屋煮物







その後も次々とテンポ良く、少ずつ運ばれてくるお料理たち。左上から松茸のお椀、旬のお造り、焼き物は真名鯛柚庵焼、煮物は鴨と秋野菜。
お肉のお店と聞いていましたが、生に焼きものにと、お魚も多くの種類を少しずついただけて、嬉しいです。

二木屋凌ぎ二木屋牛刺(別窓)






れんこんの酢びたしでさっぱりと。
右は追加注文した牛刺し。ほんのり甘くて舌の上でとろけるようなやわらかさ(お写真は最後の方で撮りました・・・)。これはパハール岩塩というお塩でいただいても美味しいんです。インダス川で6億年前の化石化した自然のお塩だそうで、塩分はほとんど飛んでミネラルだけ残ったのだそう。確かに成分表を見るとカルシウム分の高さに驚きます。お母さまがお土産にとミル付きのものを持たせてくださったので(写真を見る)、早速シンプルな焼き野菜やムニエルなどに使ってみました。普段使いにはもったいないくらい。これでとびきり美味しいお豆腐でもシンプルに食べたいものです。

二木屋強肴

さて、メインのお肉の到着!鹿児島牛素焼きステーキです!おしょうゆ(お料理によって違うものが出てきます)か岩塩をかけていただきます。生もいけますが、ほんのり焼いてもやわらかく、脂っぽ過ぎることもなく、ちょうど良い感じ。贅沢です〜
一緒に出てきたご飯がまた美味しいんです。もみがらかまどでふっくら炊き上げています。廃物のモミガラを燃料に、灰は肥料にと、当時は一世を風靡したのだそうです。今風にいうと、エコですね。蒸らしすぎないようにお椀に穴が空いているという小さな心遣いも珍しいです。
二木屋甘味お楽しみのデザートは、ふるふるの杏仁豆腐です。おなかいっぱいなのにさっぱりしているからさらりといただけます。杏仁豆腐のやわらかさでそのお店の腕ってわかる気がします。黒蜜ときなこという和の組み合わせも合うのですね。


家族でこんな風に美味しいものをいただけたら、また仕事も生活も頑張れそうな気がします^^幸せなひとときでした。

お料理を堪能したうえにお母さまからお土産もいただいて・・・

続きを読む

hiroko1616 at 23:12|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 浦和周辺のお店・雑記 | お土産・いただきもの

September 14, 2008

LINA'S YOKOHAMA / みかん氷 [横浜]

LINA’S1この連休中も美味しいものを色々いただきましたが、時系列でまずは土曜から。
中日戦を見に、横浜スタジアムのナイターに行きました。
夕方、軽食をどこで取ろうか迷い、ダンナからはハンバーガーというリクエストがあったのですが、赤レンガや埠頭の方にしかなく、スタジアムのそばのサンドイッチやさんに決めました。
日本大通りの東電ビルの1Fにある「LINA'S サンドイッチカフェ」です。本店はパリにあり、日本にはこことアテネフランセにあるようです。

私は小エビとアボカドをライ麦パンで、ダンナは特製ローストビーフをライ麦パンで。
東電のビルらしく、IHクッキングヒーターを利用しているそうで、少しパンをトーストしすぎている感があり(言えば焼き具合も調節してくれるかもしれませんね)、好みの分かれるところですが、アボカド+エビの組み合わせには外れなし。
ピクルスがパプリカやにんじん入りというのがお野菜もとれていいですね。欲を言えばポテトも食べたかったな…フレンチフライって言ってもアメリカですものね、確か…。
LINA’S2ここの通りは県庁や古くからの建物に囲まれた趣のある通りで、オープンテラスで通りを眺めながらもいいと思います。
横浜スタジアムにはこれからも来ると思うので、周辺のグルメ情報があったら情報をお寄せくださると幸いです。


さて、中日・横浜戦。ハマスタ名物のこれをいただきました。

みかん氷〜!なぜかビジター側内野席にしか売ってないのだそうな。なぜなぜどうしてなのっ?→詳しくはこちら。氷にみかん缶とそのシロップがかかっているだけなのですが、懐かしい(20ン年ぶり?)甘さのぷりぷりしたみかん缶と、氷の取り合わせというのが面白く、昨日のような暑い日にはぴったりのおやつです。

森野途中ノリが下がってサードを守る森野。
ネットがないのでファールボール来まくりのスリリングな席でした。





中秋の満月の1日前のお月様を見ながら、心地よい海風に吹かれ、気分は最高…だったのですが、ちょうどキンキンのみかん氷を買ってきた直後の8回、寒〜い結果に。
ドラゴンズ、目を覚ましてよ!!



hiroko1616 at 22:06|PermalinkComments(12)TrackBack(0) 横浜周辺のお店・雑記 

September 11, 2008

しろたえのロールケーキ、タルトフレーズ [赤坂見附]

8月にがんばったあることがなんとか実を結んだので、おきまりのmyプチご褒美ケーキをテイクアウト。残業帰りの強い見方、いつもの「しろたえ」です。
左はタルトフレーズ、いちごのみずみずしさと土台のサクサク感、王道のおいしさです。ちょっと小ぶりだけど、2個食べるのにはちょうど良い感じ。
右はロールケーキ。しっとりスポンジとクリームの間にはいちごジャム(かぶったー)。ロールケーキが無性に食べたかったのです。
やっぱりしろたえは美味しいですね。

そんな8月〜9月初旬を支えた癒しの食べ物・いただきものたち・・・

続きを読む

hiroko1616 at 23:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 赤坂周辺のお店・雑記 | お土産・いただきもの

September 07, 2008

A to Z cafe [表参道]

AtoZcafe2先週は表参道で午後から独りお仕事があったので、わーい、どこでランチしようかしら、と散々考えて、目的地からすぐ近くの中華有名店(ふーみん)に行ったら、ランチの時間帯ではとても間に合わないであろう行列ができていたので、あっさり断念・・・。
そのすぐ裏のこのカフェを第二候補に決めていたので、早速入店です。
246からも骨董通りからも奥まった静かなエリアのビル5Fにある「A to Z cafe」。ご存知、イラストレーター奈良美智さんが関係するアートカフェです。
アート、といっても、敷居は高くなく、私の隣の席は私のような仕事中のリーマンさんでしたし、後ろは乳母車のママさんでした。
喫煙有無を聞かれた後通されたのは奥まった個室。4人がけソファーに通されたので、1人でもよろしいですか?と聞いたら、スタッフの方はええ、とニッコリ。後ろの乳母車ママさんにも何かと気を配っている様子でしたし、とても感じが良いと思いました。
トイレが男女別に分かれているところ、ひざ掛けが常備されているところも◎。

頼んだメニューは、前から決めていたお魚ランチに。


荻上監督の映画に出てくるような、彩りよくシンプルな和定食です。鯖(たぶん)の竜田揚げ、ひじき、お味噌汁、ご飯は玄米だったと思います。お野菜もたっぷりで満足。
以前は美味しくないカフェご飯が多く、ままごとカフェなんて揶揄していた時期もありましたが、最近のカフェご飯は美味しくて女性のニーズに応えているお店が増えてきました。だからいい歳ですが、カフェ大好き^^赤坂にももっとカフェがあればいいのに。
約束の時間があったのでそんなにゆっくりできませんでしたが、機会があったらデザートも食べてみたいなあと思いました。
それにしてもこの日は暑かった!見附の温度計は35度を指していました。帰りの通り道にあるクドウでレーズンクッキーを買おうとしたら既に移転していて、時間はないし他に何か買う気もせず・・・そのまま帰社。久々食べたかったな、クドウ。



hiroko1616 at 22:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 渋谷・青山周辺のお店・雑記 

September 04, 2008

百万円と苦虫女 [シネセゾン渋谷]

百万円と苦虫女先日のイタリアンランチの帰りに、母とそのまま渋谷に出て、「百万円と苦虫女」を観てきました。
タイトルだけ聞くと、がめついおばちゃんみたいなビジュアルを彷彿とさせますが、ヒロインはタイトルイメージと正反対の蒼井優です。
蒼井演じる主人公鈴子はちょっぴりついていない女の子。短大卒業後、就職できず漫然とアルバイトをしていますが、不幸な出来事がきっかけで、100万円貯めては自分のことを誰も知らない土地へ移り住むという、旅に出ます。
「自分探しなんてむしろしたくない・・・」

続きを読む

hiroko1616 at 23:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 映画関連 
【お知らせ】

*当面コメントの反映のお時間がかかる設定にしておりますが、変わらずよろしくお願いいたします

*当サイトはIE6で設定しており、
firefoxで閲覧するとズレが
生じる場合があります

*トラックバックくださる際はコメントを残してくださると幸いです(コメントを残してくださったもののみ掲載させていただき、またこちらからもお伺いいたします)

ほぼ毎日つぶやいてます。
いただいたコメント