旅行・小旅行

October 10, 2011

子どもとヒルトン小田原 [小田原]

048とうとう今日が出産予定日ですが、普通に胎動を感じるし、まだまだいけそうな感じなので、パパとちゃまお散歩の合間に、ちょうど1ヵ月前に訪れた小田原の記事をアップします。

今年はタイミング的に海外旅行に行けない年。更に、近年は春秋と2回行っている名古屋も震災で夏に1回しか行けずじまいでしたし。
なので、私プロデュースでちょいちょいレジャーを(勝手に)企画してきましたが(パンパシ横浜ステイなど)、その出産前最後のイベントは、家族で温泉に行きたい!ということで、小田原に決めました。
何で小田原なのかというと、タクシーで行ける品川から電車1本で、最短の海が見える温泉があるから(箱根も迷ったけど、身重でもう1本電車に乗り継ぐのが面倒で…)。海がみえることにはなんとなくこだわりがあって。ハワイへの未練かもしれません。

というわけで、今回は「ヒルトン小田原リゾート&スパ」にステイです。
こちらの施設は「スパウザ」時代に訪れたことがあります。公の施設でこんなに安くてこんなに良いサービスが受けられるなんて!と感激したのを覚えています。女子3人でシュウウエムラのエステをしたっけ(食事はイマイチだったように記憶してますが)。

119厳密に言えば、小田原から在来線で一つ先の「根府川」という駅にあります。無料シャトルバスで山の方に上がっていくので、景色がとってもキレイ。
実は水遊びの道具も持ってきていたけれど、自力ではとても遠くて無理な感じでした(夏は送迎もやっているそうですよ)。


054内装は前の施設を引きついでいるのでごくごく普通。パンパシの直後だからそう感じるのかも?!
ラナイ、いやベランダにテーブルとイスがないのが残念ポイントですが、直射日光が激しいので、ベランダでくつろぐとしたら午後から夕方になるのかな。



106この日はマーくんとハンカチ王子の対決だったので、夫婦でテレビにかじりついていて、夕方ちょこっとお散歩したらもう夕食(17:45に予約してました)。

お部屋には雑誌も置いてありましたよ。重いので置いてきたけど。


072海の見える窓際席に通してもらいましたが、優雅に景色を眺める余裕など全くなく、子どもとの食べる速度競争はいつものことで。
コチラは、キッズブッフェコーナーがあって、カトラリーも完備されていて、子連れには実に至れりつくせりです。もちろんハイチェアも完備。自分でお料理を取りに行けるようになったらますます楽しめるようになるんじゃないかしら。ソフトクリームマシーンもありますが、ちゃまには意外にも不評。カレーとスープがとてもお気に入りのようでした。
そういうわけで、ブッフェは子ども連れでいっぱい!デートに訪れるとちょっと拍子抜けしちゃうかも(ただ、他にもレストランは幾つかあります)。

073今はちょっと気になる魚介類も少しずつつまんでいただきます。

 

 



074実演ローストビーフはお約束!パスタ類にお肉やお野菜の煮込み系が充実していました(地中海フェアか何かだったように記憶しています)。




075天ぷらは、揚げたてをサーブ。







076個人的に最も素晴らしい!と感じたのは、デザートのクオリティの高さ。2月に新宿のヒルトンのデザートブッフェに行きましたが(当時妊娠2か月、つわり知らずのスゴイたべっぷり…)、そちらに引けをとらない美味しさです。ホテルブッフェってデザートで手の抜き方がわかっちゃいますよねぇ。

チーズケーキ、いちごのロールケーキ(生クリームとスポンジ劇ウマ!)、マンゴープリンなどを半ば掻き込むようにいただきます。下の子が増えたらますます食べれなくなるから、じいじやばあばも連れてきて、女性だけでデザートのんびり食べれたらいいなーなどと思ってしまいました^_^

部屋に戻り、パパは温泉を諦めてちゃまと室内風呂。ママは一緒に連れて行ってすっ転んだりしたら大変なので、ゴメンネゴメンネ〜。
私は一人ノンビリ露天風呂に。遠くの山と星空しか見えない女風呂だけど、極楽気分でした。水風呂に足をひたして、むくみも取れてすっきり。

085ちゃま就寝後の晩酌(私はキリンフリー)おつまみは、売店で手に入った「赤い実」のミルフィユなど。こちらのミルフィユ美味しかったです。千疋屋にも卸しているって本当かな。
鈴廣の小さいチーかまも美味しかった。

早く寝たかったのに、NHKで津波の特番を再放送していて、夫婦でマジに見てしまってけっこう夜更かししちゃいました。

109それでも翌朝は7時台に無理に自分を叩き起こし、再度露天風呂へ。
パパも朝風呂に入ることができました。




102

最後のお楽しみはモーニングブッフェ!
オムレツの実演、この先いつ食べれるかしら。
サラダバーには、野菜の産地が書いてありました。グレート!ワッフルもあって、朝食はパンパシよりこちらに軍配かも?
コーヒーはテイクアウトカップに移してお部屋でいただくこともできます。その方がのんびり飲めるからgood。
もちろんキッズコーナーもあって、スープやたまご料理やパンやソーセージ、フライドポテトなど子どもが大好きなもの満載でした。

103和食もお約束。
苦しい…






104

2歳3か月くらいから靴下と靴の脱ぎ着がスムーズになりました。登園のとき勝手に脱いで靴箱へ閉まってくれるから楽になりました。





121チェックアウトは11時と、マリオットやパンパシより早め。

帰りはアクティも拾えて、シールブックに夢中であっというま。エキュートに寄っても13時前には自宅に到着でした。近いですねぇ。

シールブックといえば、売店は子ども用のおもちゃや絵本がとっても充実していて、中でも目を見張ったのが、シールブックのラインナップの数の多さ!どれにしようか迷いました。買いだめしとけばよかった。

123唯一自分用にお土産で持ち帰ったのが、ホテルではおなじみのバナナブレッド。確か600円切るぐらいで、都心よりリーズナブルです。お揃いの絵葉書もカワイイ。
翌日の幸せ朝食に並びました。他のパンも美味しそうでしたよ。


ヒルトン小田原、施設内では完全カンヅメになるけれど、子連れにはまったりできてとってもいいと思いました。
都心から少しだけ足を伸ばして温泉につかりたいときに、またぜひ利用しようと思います。

楽しい旅行は企画するまでは時間がかかるけど、過ぎてみるとあっというま。
次は4人で旅行になるわけですが、2人目だと何かと勝手がわかるので、意外とふつうに旅行に行っているかもしれません。その日をとても楽しみにしています。

だからベビよ、早く出てきて〜



hiroko1616 at 14:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

October 07, 2011

軽井沢日帰り日記

出産まであと数日もちそうなので、まだ上げていない記事を上げていきたいと思います。どこまで追いつけるかしらー。

8月の最後の週、お友達の夏休みを1日もらって、一緒に軽井沢に日帰り旅行をしてきました。
166この日は台風が接近していて、現地はレインブーツに傘をさす覚悟でいましたが、なんとか持ってくれました。

今にも泣きだしそうな空だけど、東京が暑すぎたので、このくらい涼しいのが正直快適でした。

新幹線で1時間で軽井沢に到着、近い!!

降りるとすぐに巨大アウトレットモール。訪れるのは二度目ですが、前回よりも大人めのお店が多い向かって左側の建物を攻めました(そのもっと左はスポーツ系が充実していて、パパでいっぱいでした)。

結局散財したのは私だけで、お財布を衝動買いし、キッズウェアを2着購入したのでした。自分の服は今は試着できないのでその分は抑えられましたが。体型が戻ったらまた行きたくなりました〜

因みに、モールはファミリー天国。軽井沢は子連れにも優しい観光地ですね。

意外とアウトレットに時間を割いてしまい、タクシーでお目当ての「万平ホテル」ランチへ向かいます。

178こちらも訪れるのは2回目。前回はテラスでお茶して、美味しい松の実のタルトをいただきました。
レストランはクラシカルで雰囲気あります〜




1871900年代初期の大正時代から使われているというレトロで素敵なメニューカード。



 


 





168マグロのミルキュイ軽井沢アメーラトマトのミルフィーユ。

レアのとろとろマグロをトマトでさっぱりといただきます。



169170

 

 



 

パンとスープ。パンは調子に乗っておかわりしてしまいました。おかげでお茶をする別腹がなくなっちゃった。でも美味しかったからいいかな。

171信州サーモンの薄切りソテーヴァンブランソース青ネギ風味&種子島産黒豚のソテーザンガラソース。
サーモンも豚もとっても脂がのっていて、けっこう食べごたえあった一皿でした。種子島産というのが妊婦の私には嬉しく。
サーモン美味しかった〜

このほか、ジェラードのデザートにお茶もついていましたよ。
色々素敵なお店があるけれど、思い切ってホテルランチにしてよかったです。

181帰りの新幹線まで2時間くらいしかなくなったので(ウチの保育園お迎えの都合で…ゴメンネ)、タクシーを呼んでもらって、軽井沢銀座へ向かいます。

森林浴〜







192

195

 

 

 


 

そぞろ歩きでは、母やお友達へのお土産の購入が中心でした。
自分用には、翌日の朝食用に、ジョンレノンでおなじみの「フランスベーカリー」でチョコレートブレッドを購入しました。焼き立てでほっかほか、その場でかぶりつきたかった!翌日トースターでリベイクして幸せ朝食でした。チョコはまだ食べさせていないちゃまにもサービス。通販でも購入できるそうです。

184

お茶をする別腹が残っていなかったので、2人ともチェックしていた「ミカドコーヒー」のモカソフトをいただきながらお散歩です。
観光地のソフトってどうして美味しいんでしょうね。外せません!

楽しい時間はあっという間に過ぎて、駅までのんびり歩いたらもう新幹線の時間でした。
短い時間でしたが、エッセンスを堪能できた軽井沢でした。
こんなに気軽に行けるのなら、ぜひまた行きたいものですね。


185

ちゃまへのお土産は、あさまのクッキー。大好評!クッキーは少ししかあげていないけど(笑)






189

お約束のキティは瓶に入ったジャムバージョン。久々のヒット作!






rmちゃん、また復職前に、よかったら日帰りの旅につきあってね〜



hiroko1616 at 00:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

November 21, 2010

神戸日帰り日記 PART2 /おまけ:都内お仕事でのランチ

神戸5先週は久しぶりに関西へ出張に行きました。
最後に行ったのは、妊娠が分かった直後の大阪だったので、2年ぶりの出張、2回目の神戸
今回からは以前と違って、1分でも早く帰宅する必要があって、短〜い滞在となってしまいました。

写真はかろうじて購入できたいつもの551豚まん。

11時半前に伊丹に到着、12時半に元町到着(三宮からタクシー)。現地には13時20分入りでしたので、30分強ランチするのがやっとでした。

神戸3そんなバタバタを予想していたので、ランチは神戸出身のお友達に聞くのが安全かなと思い(前回ナビしてくれた方は転勤に…)、教えてもらったお店へGO!
紹介してもらったお店はどれもよさそうだったけど、1軒目のお店はすごい行列だったので、その近くにあるかわいいカフェ「マドマド」でランチすることにしました。

神戸2こちらは紅茶が美味しいとのことなのですが、ランチ目的でしたので、あたたかいほうじ茶のようなお茶をポットサービスでいただきました。ランチは和定食が1種類。
店内は女子でいっぱいでしたが、1時前には落ち着きを取り戻していました。森ガールにリュック、みたいな女の子が多かったです。店員さんかな?

女子には嬉しいヘルシー和定食!お野菜たっぷりで、旅の疲れを癒してくれました。デザートはたぶん紅茶のゼリー。美味しかった〜
至福のランチタイムでした。これがなかったら今回の神戸の旅はとっても質素なものになっていたと思います。

神戸7帰りは、50分も時間が押してしまって、16:10のバスに乗りたかったのが、支社を出たのが15:55で、超ダッシュで三宮にタクシーで向かい、ギリギリセーフ!飛行機は17:25だったから、到着しても小走りでお土産屋さんを眺めた感じでした。
前回がかなり充実していただけにちょっとバタバタでしたが、乗り継ぎがとってもうまくいってよかったです。
お土産は神戸プリンキットカットと、五感のマドレーヌを買えただけ。五感は、いかにもお土産仕様という感じでしたので、次回はお店に寄れたらなぁと。支社にものすごく近い大丸のダニエルかモンシュシュすら行けなかったのはちょっと残念。
帰宅後はみんなで豚まんを食べました。お迎えに行ってくれたパパに感謝!

神戸4忘れちゃいけないご当地キティ〜

神戸なのでパイレーツ&伊丹空港の印象が濃かった今回なので、伊丹キティ。

次回は北陸に行く予定です。休日になってしまったら交代してもらうかもしれないのですが。出張有りの働き方に徐々に慣らしていかなきゃです。


〜おまけ〜

神戸がちょっとさびしかったので、地方出張解禁でなかった頃の都内出張で美味しかったお店を。

後楽園11)後楽園or春日にある小さなフレンチ「Cafe Restaurant Mansai」。駅からは少し離れています。

クオリティの高いフレンチのランチが1,000円でいただけます。ブイヤベース、丁寧に作られていました。きっとディナーも美味しいのでしょうね。



後楽園32)後楽園or春日そばにあるかわいいスコーンやさん「conanoco」、野球観戦のとき見かけて気になってました。
色々な種類のかわいらしいスコーンたちに目移りしちゃいます。



後楽園4ちょっと小さいのですが、具だくさんだったり、しっかり作られています。
手前の三食スコーンはお野菜がいっぱい入っていて朝食におすすめです。チョコピーカン、ブルーベリークリームチーズはおやつ感覚で。
至福の朝ごはんにどうぞ。


新御徒町23)新御徒町すぐにある、小さいけどハイレベルなリストランテ、「IL Candito」。
イタリアンは飽きるほど食べてきたけれど、こちらは記憶にちゃんと残る美味しさ。美味しいお店をいくつかあげたら5位以内に入ってしまうかもってくらい。
新御徒町は仕事でもない限り訪れないであろう地域ですが、上野に行かれた際のとっておきのお店として、ぜひ!
新御徒町1トマトのパスタのゆで具合は絶妙!チキンのフリッターに、揚げたお野菜が沢山も嬉しい。他に大きなサラダもついて確か1,780円。打ち合わせの待ち合わせということもあって、飲み物もつけたかったので、フンパツしてコース(だとしたら安いでしょう?)にしましたが、1,100円くらいのランチもあったような気がします。私は待ち合わせなので予約しましたが、すぐに席はいっぱいになり、その後何組が断られていたかわかりません。
店員さんがちょっとコワイ印象でしたが、それでも近くに寄ったら間違いなく再訪するでしょう。

ずっとアップしたいお店たちだったので、この機会にご紹介できてよかったです。



hiroko1616 at 16:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

November 17, 2010

子どもとマリスタ&シェラトンで朝食を [海浜幕張][舞浜]

もこもこ今日はさぶ〜い日でした。ちゃまももこもこフリース(〇ニクロ製)で冬仕様に。最近発熱しないのでインフルエンザの予防接種もできました。

それにひきかえ私はちゃまからもらった風邪がなかなかなおりません。先週は出張で関西(もちろん日帰り)、週末は朝から保護者会、翌日はちゃまパスポート受領と重なるときは重なるものですねぇ、ゲホゲホ。

ハワイ気分1そんなこんなですが良いニュースも。保護者会から帰ってきたら、ワイハのキャンセル待ちが取れていました。羽田発。バンザーイ!キャンセル料が発生するその日から空きが出るというのは本当なのでした。これで晴れて情報収集開始です。モヤさまもハワイ行きましたしね(触発されて、カイルアに行く!とダンナ)。
写真は本文と関係ありません。ちゃまのパスポート作りに行った日に「カフェナチュレ」でいただいたパンケーキ。

ハワイ気分2幸運の女神(男性かもだけど)は、先週このお土産をくださった、ダンナの部下さんなのかもしれません♪


 



・・・と、またまた長かった前置きですが、更新が遅れているので、まだ日本シリーズのお話へ。

マリスタ2日本シリーズ3戦目、マリスタに行ってきました♪サマソニで来たことがあるけれど、野球観戦は初めてなのです。

通常通り勤務してから(しかもいつもより遅め)、保育園にお迎えに行き、ちゃまを前だっこしての海浜幕張は遠かったっす。タクシーを駆使しましたけどネ・・・

寒い寒いと周囲から聞いていましたので、防寒対策はばっちりしていきましたが、この日は運よく暖かい日で、ダウンは現地で一瞬袖を通したくらいでした。
それどころか託児所がわかりづらく(バイトのお兄さんも正確にわからないくらい)、探し回っていたら汗をかいたくらいです。

マリスタ5

ちゃまを託児所に預けたときはすでに20時でした(18時半スタートでしたが)。
この託児所、30分600円と、どこぞのドームに比べて格安なうえに、保育士さんがと〜っても感じ良く、いただいた記録もほのぼのとしたものでした。かなり好印象でしたので、それだけでまた来たいと思ったくらい(教えてくださったはなさん、ありがとうございます!)。

マリスタ6イケア仕様というキッズスペースも完備されているので、託児所がいっぱいでもこちらで遊ばせることもできますね。

ちなみにこの日はちゃまには森野を着せていましたが、マリンのユニフォームの女児にからまれてました^^;

マリスタ4

ドアラ、シャオ、パオ、チアドラみんな来ていました。バック転は失敗。最近の観戦ではマトモにとんだところを見ていません。。




マリスタ1

楽しみにしていた花火、今年最後の花火。
日本シリーズなので、かなり長めで、大きい花火も多く打ち上げられました。
今年はなんだかんだいって、花火をいっぱい見れた年でしたね。


マリスタ3

試合は、完全に渡辺俊介にもっていかれてしまい、すでに山井は降りた後でした。。そのまま見せ場もなく、9回の最初の打席で席を後にしたのでした。

日本シリーズは鍵を握る投手陣の誤算が響いたのと、チャンスを活かせなかったため負けるべくして負けたって感じですよね。。

シェラトン1

さて、東京に戻るのはちゃまには過酷なので、舞浜に宿を確保していました。
海外ではよくお世話になるシェラトン。開業以来最大のリニューアルしたそうで、スタイリッシュに生まれ変わったみたい。

 

シェラトン2すでにおねむのちゃま・・・

添い寝なのでベッドガードをつけてもらいましたが、壁際なので大丈夫でした。普段は添い寝しないので心配でしたが、お互い起きることなく朝までぐっすりでした。

 

 


シェラトン3

パパママは真夜中の晩酌。スイーツなんて買えないから、お土産やさんで買った東京みやげやキヨスクのお菓子がおともでした。




シェラトン7

翌朝はとってもいい天気!
窓からの海もとってもきれい。このころはまだワイハがキャンセル待ちでしたので、ワイキキビーチに思いを馳せていました。



シェラトン6

ママがひそかに(一番?)楽しみにしていた、モーニングビュッフェです。

キッズ向けで有名なグランカフェはすごい行列でしたので、平和にトスティーナでのんびりいただくことにしました。内容もあまり変わらないそうなので。


シェラトン4カトラリーはグランカフェの方が充実していたみたい。

どうせ手づかみだけど。



幸せ朝食時間。ママは朝からいっぱい食べました。これはほんの一部。
スモークサーモンとオムレツとバナナブレッド(ちゃまもお気に入り)が美味しかった〜

シェラトン8シェラトン9

 

 



滝と緑できれいな裏庭をお散歩。
花嫁さんもいましたよ。



野球は負けてしまったけど、シェラトンはとっても居心地が良かったので、またマリスタのときにぜひ泊まりたいと思います。
もちろんディズニーランドのときも!



hiroko1616 at 00:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

September 28, 2009

シルバーウィーク日記 ベビーと新潟へ /川せみ [目黒] /the Pantry [丸の内]

日本海2昨日の週末が終わり、やっとシルバーウィークモードが終わった気がするのは私だけでしょうか。
日中はまだまだ暑い日もありますが、朝晩は冷え込むようになり、日も短くなって9月も終わりなんだなぁという感じです。

さて、シルバーウィークの前半は、息子を連れて、新潟の私の祖父母の家を訪問しました。↑たそがれの日本海。

新幹線

はじめての新幹線。1時間半なので、前半は3人(母も同行)で交代で抱っこしてランチ、後半は授乳で泣かれる間もなく到着。



まい泉ポケットサンド1ランチはグランスタを楽しみにしていたのですが、シルバーウィークの初日でイモ洗い状態。東京駅限定らしいまい泉のポケットサンド、ブルディガラのサンドを購入するのがやっとでしたね。
まい泉は端のプレスされているサンド。片手で食べやすくていいですね。半熟卵美味しい〜(断面を見る。汚くてスミマセン)。

お弁当

ブルディガラ

 

 

 

 


ブルディガラのサンドはサーモンとチーズを2個購入したのですが、作り置いているせいか、初めて食べたときのあの感動はナシ。パンはおいしかったです。アボカドサンドが売っていなかったのと、横で食べているダンナの牛肉弁当がやけに美味しそうだったからかも?

船橋屋1到着してイトコと会うなど一服した後、陽が落ちないうちに、お土産購入&海の見えるところに連れて行ってもらいました。
出雲崎の老舗、「船橋屋商店」。




船橋屋2こちらの海鮮漬物「北前漬」が大好きです。数の子・いか・昆布がのお漬物でご飯がススムくんですよ〜(盛り付けを見る)。









日本海1左手に出雲崎の妻入りの町並みを眺め、右手には日本海を臨みます。息子にとってははじめての海。
風が強いよ〜

今回は短い滞在なので、ゆっくり回れませんでしたが、幼少の頃から親しんできたこの街に、いつかもっと成長した息子を連れてきたいと思います。


 


畑畑だよ〜

伯母の手料理ご飯は無・低農薬のお野菜と日本海の海鮮づくし!糸うりと昆布じめというのが珍しかったです。ここ数年は和食が好きなので、美味しくて、ご飯も山盛りいただいちゃいました。新潟はお米も美味しいですから。





お野菜新米と畑で採れたお野菜は送ってもらいました。毎日食べています。





越後線1越後線2

 



 


息子がお昼寝してくれたので、一人お散歩。
青い空がまぶしい越後線。スタンドバイミーの音楽が流れてきそう。コスモスも咲いていました。



ミミちゃんモモちゃん


 



祖父母家の癒しのアイドルたち。
美猫のミミちゃんは凛とした小顔の美しい白猫ちゃんなんです。仔猫のときぶるぶる震えていたところ、ここのおうちの子になったラッキーガールです。左はビーグルのモモちゃん。

滞在は本当にあっという間でしたが、赤ちゃんの可愛い時期に連れてこれてよかったと思っています。お忙しい時期に、こちらの予定にあわせていただいちゃってすみませんでした。とーっても楽しかったです!
いつか、息子が海水浴に行きたくなったら、国内では断然日本海なので、またお邪魔させてください〜。
過去の記事

きなこ柿の種新幹線の時間がギリギリで、お土産コーナーもろくに見れず、売店で柿チョコの新商品(?)きなこフレーバーを購入して新幹線に飛び乗りました。元祖甘しょっぱ系ですよね。美味しくてひと息に食べちゃった。








ご当地キティそれでも手に入れたご当地キティ(出張ないので久しぶり!)。トキですね。





紙風船トキといえば、紙風船も購入しましたよ。出雲崎の名産品なんです。
手前の手作りの木のおもちゃは出雲崎在住の伯母から。








川せみ2この日は疲れ果てて、外食することに。禁断の大好きなお蕎麦やさん「川せみ」にトライです!
18時ごろ行ったのでお客が少なくてホッ。ベビーカーOKでした。しかしちゃまは泣いてしまい、交代で抱っこしながら蕎麦をすすったのでした。でも、ずっと見合わせていたこのお店に入れたのは大きいなぁと。






川せみ1

いつもの季節のお蕎麦。「秋せみ」はきのこづくしです。やっぱり美味しいなぁ。

 




 



ドームさて、シルバーウィークのもう一つのお楽しみ、それは4ヶ月ぶりの野球観戦!
息子同伴予定で2階席の一番後ろの端っこを取ったのですが、新型インフルが流行してしまったので、連れて行くのは断念しました。首はすわったのですが。


チャム2チャム1







息子は義母が見てくれることに。3人でチャムランチです。
いつものみそすーぷカレー。
最近の記事

浅尾

席は野球盤みたいで、全体を俯瞰して見ることができてなかなか満足です。授乳室もちょうど隣の通路でしたので、次もこのあたりかな。ベビーカーもたくさん預けてありましたし、野球ってファミリー向けのスポーツだなぁと改めて感じました。

ズームしまくってもこのサイズの浅尾くん。この手を上げる投球フォームが可愛くて好きです。うちの両親は息子が大きくなったら浅尾みたいなイケメンくんにならないかなぁと盛り上がっています(笑)
…ってわからない方スミマセン。

試合はチェンで投手戦でしたが、あっさり負けてしまいました。胴上げはかろうじて避けられたのですが(翌日でした…)。

チョコチュロスはじめてのいちごチュロスを食べたかったのに、完売して仕方なくチョコチュロス。次回に期待!


 


胡麻豆づくし義母からは和のお菓子たくさん!
胡麻がこれでもか!と入っているお煎餅や、そら豆を海苔で巻いたものなど、揚げていないしもち米も使っていないので母乳にやさしく、毎日毎日食べています。



〜おまけ〜
ベビとランチシリーズ。今回は丸の内へ。

続きを読む

hiroko1616 at 17:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

November 02, 2008

伊豆旅行写真日記 オーベルジュ編 〜伊豆高原〜

テラス2伊豆旅行の後半は、がらっと変わって伊豆高原のオーベルジュに宿泊しました。





ケニー3伊豆高原に到着後、すぐさま最初の目的地「ケニーズハウスカフェ」へ。濃厚なミルクソフトで有名なお店です。
地図で見るよりちょっと歩くけど、周辺にちょこちょことお店があって、駅裏散策にはもってこいです。すぐ近くには、この後行くつり橋もありますしね。


ケニー1これは、ダンナの頼んだミルクソフトのコーヒー。濃厚です♪
本当はテラスで食べたかったけど、アイスなのであったかい店内にしました。店内はログハウス風です。




 




ケニー2

私はベリー&ベリーワッフルを注文♪真ん中にはミルクソフトがトッピングされています。ソフトはけっこうダンナにとられちゃったけど。
ここのところ和食三昧だったので甘〜いワッフルが懐かしく?感じられました。
お食事メニューも、ビーフシチューやパスタなど美味しそうでした。もう1日あるならここでランチもよいかも?と思ったくらい。

余談ですが、私やダンナが幼少のときにケニーという下半身が不自由な少年のドキュメンタリー映画があって、話題になりました。同世代の方はご存知かも。店名から20ン年ぶりくらいにそのことが2人の話題に上がって、ケニーは今どうしているのか?!と盛り上がりました。ネットで調べてみたら、カルキン坊やも真っ青の人生を送っているみたいで、すこしさびしい気持ちになりました^^;お金は人を変えるのでしょうか。
…余談でしたね。

橋立吊橋1ケニーを後にして、次の目的地橋立吊橋に向かいます。意外と深い森の中の小川を伝って歩きます。こっからの0.6Kはけっこうあるように感じましたね。でも川の流れが気持ちよく、ちょっとしたハイキング気分です。


橋立吊橋2海が見えてきました!川が滝になって、つり橋までもうすぐです。










橋立吊橋3絶景の橋立吊橋に到着です!お天気もとっても良く、海がきれい!
学生のときに行ったことがありますが、お隣の城ヶ崎にも有名なつり橋があり、こちらも有名な観光スポットです。
つり橋を堪能した後はランチへ向かいます。


ル・フィヤージュへの道のり

駅からの大通りを一つ中に入って、不安になるくらい雑木林の中をくねくねと歩きます。この地帯にはリスがいっぱいいました。


 

ル・フィヤージュ2

目的地の、森の中のベーカリー「ル・フィヤージュ」に到着です!





ル・フィヤージュ1

お目当ては、緑に囲まれたテラス席でいただく、無添加のパン♪朝ごはん重かったので、パンランチがちょうどいいのです。







 


ル・フィヤージュ3

ランチはサンド+飲み物、お好みでスープというシンプルなメニューです。
ダンナはチキンのフォッカチャ(右)。
最後に団体さんが来るまではお客はいなかったので、ぽかぽかの太陽の下、ゆーっくり森林浴。ぎりぎり寒くない気候でしたが、ひざ掛けも貸してくれました。
そしてここにもリスがいっぱい。

私は生ハムのバケットサンドをチョイス♪スープはお野菜たっぷりのボルシチでした。噛めば噛むほど味のあるバケットは、食べごたえありです!

ル・フィヤージュ5宿のおつまみ用に、ベーコンエピをテイクアウト。もっと欲しかったけど、これから行く宿もパンが美味しいことで有名なので、これだけにしました。




伊豆高原の宿2宿に到着です。明日の朝はこのテラスで朝食をいただきます。楽しみ〜
実はこの宿リピートなのですが、10年くらい経って、サービスもお値段もグレードアップしたようです。テラス朝食というのも以前はなかったような…



伊豆高原の宿1ホワイトでまとめられたお部屋。

 




ウェルカムデザートウェルカムデザートは濃厚なパンナコッタでした。このジャムは手作りで、現金で清算するとお土産にいただけます。なので、カード派な私も現金でお願いしました。ヨーグルトにぴったりの美味しいジャムに朝食もすすみます♪


 

 


3日目の夕ご飯1

待ちに待ったフレンチの夕食です。
前菜は濃厚なチーズのパテをバゲットでいただきます。

 



 


3日目の夕ご飯2

洋梨のポルト酒漬け、ショーフロア仕立て。
アスパラにはキャビアが添えられていました。
フォアグラと梨の組み合わせが、しつこすぎずgood。



3日目の夕ご飯3

完熟トマトのポタージュ。冷製です。濃ゆーい、トマトそのもの。





3日目の夕ご飯4

下田産天然伊勢海老のパイ包み 白ワインソース。
新鮮でぷりっぷりの伊勢海老は今が旬。この旅行で、今まで生きてきた中で最多の伊勢海老を食べたんじゃないかって思います。洋風でも美味しいのですね。


3日目の夕ご飯5

お口直しの氷菓子。
お砂糖は入ってないであろうさっぱりした、これも洋梨のシャーベット。次のお肉に備えます。

 


 

 


3日目の夕ご飯6

契約農家直送合鴨モモ肉のコンフィ ケイパーソース。やわらか〜い鴨は大変脂が乗っているので、このくらいでもおなかいっぱい。
後方のパンは、ふわっふわです。今までのパンの中で一番柔らかいんじゃない?ってくらい。

 




3日目の夕ご飯7

デザートは、フォンダンショコラ 洋梨のクーリ添え。洋梨づくしです♪焼きたてのフォンダンショコラはアツアツでとろけるよう。


おなかいっぱいのご飯の後は、夫婦で貸切露天風呂へ。風邪をひきたくないので、内風呂ですませましたが、他に人がいないのでのんびり入浴できました。

テラス14日目の朝。幸運なことに今朝も晴天!テラス朝食にはもってこいのぽかぽかの日差しです。東京でこんな寒くなっていたなんて想像もつかない温かさ(ニュースで見たから、上着が1枚増えてるなぁーとは思っていましたが)。





4日目の朝この写真の中央には、リスがいるのですが、わかるでしょうか。テラスから、ちょこちょこ動くかわいい姿が時おり見られました。



楽しみにしていたパンは、近くの工房での焼きたてパンがあったかい状態でサーブされます。

テラス朝食2このパン、本当〜にやわらかいんです!ああ、もう一度食べたい…。



 

テラス朝食3きのこのコンソメスープは屋外の朝食でほっとするあたたかさ。





テラス朝食4サラダもその場でサーブしてくださいます。近辺の自給自足で暮らす方が作る少量の有機野菜を少しだけ分けてもらっているのだそうです。
ハーブは、裏のハーブ園のもの。

血液サラサラ系のお野菜も入った、体の喜ぶお野菜をたっぷりいただきます。

テラス朝食6これも楽しみにしていた、オムレツ。もちろん中はとろとろのふわふわです。





テラス朝食7季節の果物の盛り合わせと、自家製ジャムを添えたヨーグルト&レモングラスのハーブティー。

 


 



 

楽しかった朝食とともに、この旅行もおしまいです。
疲れたくなかったので、この日はのんびりと帰るだけにしたんです。品川まで出ればタクシーなので、あっという間におうちに着いてしまいました。

続きを読む

hiroko1616 at 23:47|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

October 31, 2008

伊豆旅行写真日記 和風旅館編 〜稲取・熱川〜

CAFE KICHI1今年も連続休暇がやってきました。8月ごろから予定をたてていて、海外旅行の予約も入れ、業務調整もすんだのですが、諸事情により近県の旅行にスイッチすることとなりました。おやすみをずらすのも面倒だし、ものは考えよう、これを機会に近場の伊豆でのんびりしよう!ということになりました。なぜ伊豆かというと、南国に行く予定だったので近場の海が見たかったからなんです。しかも3泊くらいに耐えられるような。なので、伊豆なんです。

さて、このカフェはどこでしょう。
実は熱海なのです〜しかも駅から超近い、熱海に行った旅行者は必ず立ち寄る あのおみやげ物やさんエリアの中ほどの小路にある、「CAFE KICHI」です。

CAFE KICHI2

もう14時でしたし、夕飯(和食)の量の多さは容易に想像できますので、2人ともパンを食べることに。
私は桜えびとしらすのピザトースト。+300円で飲み物をつけることもできます。



CAFE KICHI3

ダンナは2種のチーズトースト。
パンは黒米入り、天然酵母もパンはもっちり美味しく、カラダにも優しいのです。おいしー
姉妹店が二股に分かれたおみやげものやさんエリアの片方の道にもあります。そちらはしらす丼でした。これからしこたま食すと思い、丼はパスしたんです。結果、パンで正解でした〜

ご当地キティ熱海・稲取編せっかく熱海に寄ったので、お約束のご当地キティを物色。温泉まんじゅうと、これから行く稲取の金目鯛バージョンです。




稲取の宿1さて、宿に到着。
畳敷きのロビーで海を眺めながらウェルカムお茶菓子をいただきます。
この宿は全館畳敷きで、裸足で歩きます。とっても清潔なので、裸足も嫌な気がしません。


稲取の宿3お部屋はこんな感じ。和風だけど畳ベット、小上がりからは手の届きそうな位置に海、というのが気に入ってここにしました。
もちろん、露天風呂付きのお部屋も多くあります。今回はたまたま伊豆ですが、温泉メインの旅行ではないので(そりゃあったら嬉しいけど!)、そこはこだわりませんでした。
※因みにお写真は翌日です




稲取の宿2お部屋から眺める夕暮れ。






やまももドリンクあちこちの自販機にあった「やまももドリンク」を飲んでみました。うすーいクランベリージュースみたいですが、伊豆を訪れたらぜひお試しあれ!








夕飯1日目1夕飯です。ここの名物はロースターなので、上げ膳下げ膳ではなく、個室の食堂に移動します。
四角い小皿を使っていたり、旅館にしては今風な盛り付けでした。

 


夕飯1日目2ロースター。日替わりで違う魚介をサーブしてくれました。

 



夕飯1日目3かさご揚げ。これ、かなり大きくてグロテスクなのですが、お塩をつけながら頭から丸ごといただきます。スナックみたいでとっても美味しかったです。
ぐるじー
あとは温泉に入って寝るだけなのです♪


2日目の朝2日目。
ちょっと曇ってます。





2日目朝食1朝食もずらり。



 


2日目朝食2あじの開きもロースターでその場で焼きます♪






熱川1朝食後は、2駅隣の熱川へ。






熱川2こじんまりした温泉街です。

 









熱川3源泉をいくつも巡り…

 






 


バナナワニ園1本日の観光メイン、「熱川バナナワニ園」へ。
ここは蓮の温室です。曇って肌寒い午前中でしたので、あったかさにほっとします。








バナナワニ園2人が乗れるほど大きなオオニバスの葉っぱ。







バナナワニ園3ワニは端っこに重なっていることが多かったです。



 

レッサー1レッサー2






一番見たかったレッサーパンダ!!35頭は日本一の飼育数なんですって。私、レッサーパンダ大好きなんです。かわいすぎ〜
いい大人が2人して、檻の前で写真をとりまくり。
午後から急に温かい日差しが出てきたので、お昼寝中が多かったです。
レッサーパンダの行動パターンは、寝てるか笹を食べてるか、ひたすらぐるぐる歩き回っているかだということがわかりました。。。

マンゴープリンアラモード楽しみにしていた、フルーツパーラー。
こちらのプリンアラモードは、マンゴープリンなのです♪和食ばかりで不足しがちのフルーツをチャージです。




バナナソフトダンナはバナナソフトを。
いい歳して甘い物好きの夫婦です。。

 



 




しまだ1遅めのお昼は、とにかく軽めのものを!ということで、さっぱり冷やし山菜のお蕎麦に。
ごくごく普通の街のお蕎麦やさん。おうどんとラーメンも食べれるような…。
ですが、意外にもしこしこしていて美味しかったのですよ。

しまだ2こちらのお店(熱川にはあまり飲食店がないので、お散歩しているとすぐわかります)。



 

ご当地キティ伊豆編本日連れて帰ったご当地キティは、やまももと、あじの開きです。





お土産バナナワニ園のクッキーを会社のお土産に(お写真は自分たち用)。
宿の冷蔵庫にあった2種のかんきつジュースも飲んでみました。さっぱり。



夕飯2日目1夕食はまたもや獲れたてのお魚てんこ盛り!
お刺身、2日目は少し残してしまいました。









夕飯2日目2この日のロースターは伊勢海老でした。伊勢海老のグラタンもあってエビづくし!
昨日は金目鯛のしゃぶしゃぶだったお鍋はブイヤベースになっています。
くるしー
今日も温泉に入って寝るだけです。極楽〜

3日目の朝3日目は朝から晴天です。






3日目朝食朝食のロースターの干物はえぼ鯛でした。



 


ぐり茶1伊豆名産のぐり茶をお土産に。

清潔で快適な和風お宿を後にします。


 

ぐり茶2ぐり茶のペットボトルも良く見かけました。緑茶の濃い味といった感じです。
因みにこれは電車の中です。




リゾート21黒船電車1黒船電車リゾート21で伊豆高原に移動です!

 

 


リゾート21黒船電車2海側を向いた席で、晴天の青い海を堪能します。伊豆の島々もくっきり見えました。

 


 





前半は純和風でしたが、後半はがらっと変わって高原のオーベルジュでフレンチです♪
連休中に記事を上げることが目標ですー



hiroko1616 at 21:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

October 27, 2008

日本料理 行形亭 /新潟日帰り日記 [新潟]

お花昨日は日帰りで新潟行ってきました。
弟と私にとっては、遠くに離れたお兄ちゃんみたいな存在のいとこの結婚式なのです♪




MAXとき

MAXとき。新潟までノンストップのものを予め予約です。行きも帰りも1階席でしたが、自由席も空いていたので2階に移動していました。家族も同様に移動していたようなので、みんなそうしているみたい。これは勿体ないことだなぁと。お金を払う人に優先的に2階をあてがえば、席をダブルで押さえるムダもなくなるのに、と思いました。

万かつサンド1万かつサンド2

 

 

 


東京駅に、名物かつサンドを集めた売店が!ダンナが衝動買いです。ゲンカツ、まい泉、いろいろあった中で、あえて万かつサンドに。

行形亭外3新潟で弟と落ち合い、楽々タクシー10分程度で現地へ。新潟大神宮でお式を挙げた後、披露宴会場の「日本料理 行形亭(いきなりや)」 へ。
300年以上の歴史を持つ、由緒ある日本料理屋さんで、地元の方でも敷居が高くて滅多に訪れる機会がないのだそうです。


行形亭外2入口を入ると、川の流れる深い緑の庭園に包まれます。


 


行形亭外1宴会場から庭を臨みます。
この日は小雨がぱらつく瞬間もありましたが、殆ど濡れずにもってくれました。雨のしずくに濡れた緑がしっとり会場を包んでいます。



行形亭1お祝いの器に盛られたお料理たち。
うかつなことに、メニューを机上に置いてきてしまいました…





行形亭3黄金の米俵や打ち出の小槌を開けるとこんな感じ。魚介を中心とした和懐石がお目見えです〜





行形亭2右上の鶴の器の中には鱈のたまごやお野菜の煮物。かなりしっかりと味がついています。移動の後の和食って何だかほっとしますね。
このお店のシンボルは、縁起物の鶴のようで、あちこちにあしらわれています(グラスの底にまで!)。


行形亭5こちらも鶴の入れ物のおこわ。もちもちして、とっても美味しかったです。さすがお米どころ新潟だけありますね。




行形亭6新鮮な日本海のお刺身。お魚たくさんで本当に嬉しいです。

 

 

行形亭8のどぐろ。貴重なお魚ですが、新潟に来ると必ずといっていいほどいただいています。脂がほどよくのっています。贅沢な焼き魚です。




行形亭9最後のご飯は変わりお寿司。上はぷちぷちした食感で、いくら、かしら。やはりお米が美味しいですね。



 

行形亭10デザートのアイスは嬉しいお抹茶とのミックス。

 




 

ウエディングケーキは新婦のお友達作なのだそうです。大好きなショートケーキですよ〜♪

行形亭11新婦が前日に作ったシフォンと2点盛り!シフォンはちゃんとトレンドを取り入れて、お野菜(南瓜)のケーキです。
ショートケーキともどもとても美味しく、ダンナの分もいただいてしまいました!さすがのフードファイターな私もお腹がぽっこり出てしまいました(ワンピだからバレますー)。

ざくろ伯母がお庭で採れたざくろを持たせてくれました。女性の美容お助けアイテムです!もう1個の半分食べました(あんまり食べ過ぎないように言われているので少しずつ、なのです)。



ご当地キティお式が終わったら、余韻にひたりつつも弟と3人ですぐに駅へ。この日は新潟VS浦和の試合があったので、それに当たらないようにとタクシーを呼んでくださっていたのです。こまやかなお気遣いに感謝です。
駅では15分しかなかったのですが、お約束のキティを2匹連れて帰りました。笹団子とチョコ柿ピー。先日越後湯沢に行った母からもキティのお土産があるそうなのですが、私たちがかわいいと思うものって大抵一緒なので、かぶったらどうしよう〜と思いつつ、でもかわいいので何個あっても嬉しいのですけどね!

帰宅後、楽しみにしていた引き出物開封ターイム♪

続きを読む

hiroko1616 at 23:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

September 23, 2008

大阪日帰り日記

蛸之徹4先週末、休日出勤で大阪に行ってきました。
大阪出張はこの会社で二回目(前回も休日でした)、その前も泊まりで2回来ているし、何より幼少の頃父の転勤で住んでいたので、なんとなーく土地勘のある数少ない都道府県です。

8時台の新幹線で12時前には大阪入り。京都出張・大阪出張はわたし的には飛行機を使わない最南の地なので、けっこう遠く感じました(神戸は飛行機でした)。
さて、アポは15時ですが、大阪からは40分ほど離れた(イメージでは東京でいう立川〜八王子あたりなのかな)堺のその先でしたので、地図の下側は土地勘も働かず(兵庫に近いエリアに住んでいたので)、かなり時間的には余裕があると思っていましたが、意外とそうではありませんでした。
まずはoishi--i さんが紹介してくださった、お好み焼「きじ 本店」へ。TOKIAにもある有名店です。新梅田食堂街というこてこての食堂エリアにあり、かなり気分的に盛り上がって訪れたのですが、がーん、長蛇の列でした。。。10組はいたかしら。お昼にありつけないことだけは避けたかったので、泣く泣く別のソース系のお店を探すことに。
といっても、知っているのはマルビル(丸ビルにあらず)の中のたこ焼きやさんだけだったので、ちょっと離れているけどそこまでダッシュ(地上から行くとコンコースがあって意外と遠かったです。。。)

蛸之徹1自分で焼くたこ焼きやさん「蛸之徹」です。
しかし、ここも先頭ではありましたが並ぶはめに。でももう他の選択肢はなく、10数分待ちました。
休みの日なので、出張リーマンはもちろん私だけ(しかも女子一人も)。でもめげずに店員さんに教わりながらたこ焼きひっくり返してましたよ。

蛸之徹2蛸之徹3






蛸之徹5じゃーん、できあがりです。
焼きたてのアツアツたこ焼きはやっぱり美味しいです。こっちの方っておうちでたこ焼きフツーに作るそうですよね^^
サラダと飲み物のセットで850円くらいでした。
1時間に一度くらい、店内の照明が暗くなって、水族館風に蛸ちゃんの絵が浮き上がってくるしかけがあるのですが、今回もそれを見ることができ、満足(笑)
お店を出る頃は、店内はすっかり空いていました。12時のお昼時だったからなのでしょう。なーんだ。。。

さて、1時になってしまいました。大阪を54分の列車で出発予定です。
お茶しながらお仕事の予習をする候補のお店は2つ印刷してきていました。堺市の「かん袋」と、中津の「カンテグランデ」。前者はさきほどのoishi--i さんに紹介していただいた、くるみ餅とカキ氷がすっごく美味しそうで、折りしもフェーン現象で31度以上あったこの日はかなりそそられましたが、乗り換えてそれを食べる時間はとてもなく、中津でさえ無理でしたので、後者の「カンテグランデ」マルビル店で手を打ちました。このお店も2度目なのですが…今回は移動が多いので仕方なし。どっちもタクシーも視野に入れていたのですが。

カンテG3ここ「カンテグランデ」はウルフルズのメンバーがバイトしていたことでも知られるカフェですが、大阪ではカフェそのものが有名なようです。上で行っていた中津にはトータスとケイスケが、マルビルにはジョンBがいたようです。
7年前より入口が開放意的になりました。インド喫茶っぽかったのがよりカフェっぽくなったような気がします。

カンテG1「カンテGでやっぱ、チャイとケーキ♪」
前日は10数年ぶりくらいにウルフルズの「大阪ストラッドを聞いて気分を盛り上げてきましたよ(笑)。
後方のケースにはケーキがたくさん!

カンテG2

抹茶チーズケーキと、お約束のチャイです(トータス直筆のチャイの作り方、7年前に撮影)。ブルーベリー・シフォンとも迷いましたが、店員さんに聞いて、人気のこちらに決めました。
ケーキ、みかけは大振りですが、フォークを刺すとふんわりしていて、シフォンケーキのよう。そしてこのクリームがとっても美味しいんです。お砂糖の加減なのかな、他になにか隠し味が入っているのかな。とにかくこのクリームと抹茶の風味が良く合って。
チャイチャイも、優しいミルクティーそのもので、スパイスの味はほとんどなく、飲みやすいです。バッグの中に入るチャイをお友達用に買って帰りました。



パンカンテ滞在時間は短めでしたが(合計で1時間ないくらい)、リフレッシュして仕事に臨むことができました。いつか中津本店、訪れたいものです。
向いには系列のパンやさんもできてました。仕事があるのでガマン…。
因みに大阪付近は三番街などにもあるようです。

現地には私は約束の15分前に、外部のスタッフの方は45分前に到着しましたが、支社の方が30分以上遅刻してきたので(^^;2人でしぶーい喫茶店でカルピスを飲みつつ待ちました。各駅しか止まらない駅前に唯一あった、夜はパブになりそうな喫茶店。電車が来ると戸がガタガタ揺れて、扉に付けられた呼び鈴がカランコロン揺れます。実はこの待ち時間が今回の大阪の道中で真っ先に思い出す光景だったりして。写真に撮りたかったなぁ。
帰りは。。。

続きを読む

hiroko1616 at 01:12|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

August 03, 2008

広島日帰り日記

お好み焼12ヶ月ぶりの出張は、初めての広島です。
宇都宮、軽井沢と先方の都合で2つ出張が流れて(軽井沢は行きたかった!!)油断していたら、名古屋旅行直後の出張となり、移動の多い週でしたね。。。



お好み焼2空路でしたが広島駅へ行ったので、新幹線口の「みっちゃん」で広島風お好み焼を。
カウンター席しか空いていなくて(スーツ、クリーニングに出しました^_^;)、荷物は膝の上と過酷な状況でしたが、せっかくなので牡蠣入りを食べました。お写真、わかりますか〜?出張中のおじ様はけっこういらっしゃいましたね。女子の一人は私だけでしたが。
かなりのボリュームで苦しくなりましたが、19時40分の飛行機なのでこれくらいでちょうどいいのです。
その後、くつろぎたくてスタバに入ってしまいました。本当はご当地のお店がよかったのでしょうけど、一瞬でも書類を広げたくて。

その後、お台場みたいなエリアに向かって仕込みをして、車で支社にお迎え、お仕事済んだらまた車で送って・・・ととにかく移動ばかりで体力勝負の一日でした。しかもお台場みたいなとこ、冷房が効いてなくて・・・本当に暑い日でしたね。
でも車の中から眺めた広島の街は海に川にととても美しく(地元の方も川が自慢だと仰っていました)、景色に和みました。

平和記念公園

支社から徒歩圏内が平和記念公園でしたので、最短の飛行機まで3時間あるし、寄ってけば?と言われ、せっかくなのでそこまでタクシーに乗せてもらいました。

夕暮れの平和記念公園は何だかしんみりした気分になりました。これが、あの川なんですね。遠くに高層ビルが見えました。これを復興とみるのか、景観を損ねるととるか、議論が分かれるところですよね。
日本人として一度は来てみたいところでしたので良い機会でした。

広島市民球場

野球ファンならここも必須ですよ〜この日はちょうど中日戦がドームでしたので、高校野球をやっていました。平和記念公園のすぐそばです。
タイミングよく路面電車が通ってくれました。



ケーニヒス クローネ

球場のすぐ横はそごうがあり、そこがバスセンターになっていて高速バスが出ています。
ケーニヒスクローネ」で甘いものをチャージして(滞在時間は8分くらい・・・)バスに飛び乗ります。空港までは1時間。遠いわ〜


もみじまんじゅう、カープ牡蠣

ダンナのお土産に、広島カープの牡蠣のおつまみ、自分用に、あのにしき堂のりんごもみじまんじゅう。中にりんごジャムが入っていて、かなり好きな味です!あんこのより好きかもしれません。もっと買えばよかったなぁ

 

ご当地キティ

いつものご当地キティ、左からもみじまんじゅう、カープ、広島風お好み焼。


 


川通り餅ネットで調べておすすめのお土産としてよく見かけた「川通り餅」は空港で購入しました。信玄餅のタレのついていない状態のものに限りなく近いです。なんだか懐かしい〜



初めての広島は過酷なスケジュールでしたが、その割にはちゃっかり楽しめたと思います。
この次は広島風つけ麺を食べたいものです^^



hiroko1616 at 22:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
【お知らせ】

*当面コメントの反映のお時間がかかる設定にしておりますが、変わらずよろしくお願いいたします

*当サイトはIE6で設定しており、
firefoxで閲覧するとズレが
生じる場合があります

*トラックバックくださる際はコメントを残してくださると幸いです(コメントを残してくださったもののみ掲載させていただき、またこちらからもお伺いいたします)

ほぼ毎日つぶやいてます。
いただいたコメント