早くも一週間が過ぎましたが
8月27日に福田晴美先生主催名古屋STUDIO MOVEで開催された
水井博子
乾直樹のコラボセミナーが無事に終了しました
IMG_9940

 

私目線のレポートを書きたいと思います
 


まずは森脇トレーナーの癖取りセミナーから

 
とっても深い内容なのにこのポーズ(笑)
IMG_9937

でもこれも皆さんをリラックスさせるためのもの・・・のはず〜(笑)

ま。それは置いといて(笑)



私自身が実際にプレイヤーとして感じていることですが
癖を取るのは勇気がいるし時間がかかるし本当に難しいです

なぜなら今までやってきたことを変えないほうが楽だから
 
 
自分をよく知ることと同時に新たな発見をしていかねばなりませんし
時に自分の苦手なことと真正面から向かい合わねばならなくなります

しかし
癖や潜在意識について理解できると
それに対しての修正法がわかったりコントロールする力を持てるということが
森脇トレーナの解説からよく理解できるのです
 

私はこの内容を東京ジョイントセミナーでも聞いていましたが 
表現の根本の部分にも触れる奥の深い内容ですので
プレイヤーとしても指導者としても理解が深まると非常に良いのではないかと
ジョイント・コラボする意味を更に強く感じた時間になりました



そしてそれにつなげて私のエモーショナルトレーニング



次の乾さんの時間では
皆さんそれぞれの「こうしたい」という思いや意識が生きてきて欲しいわけですから
私の時間は
しっかりと自分の内面と向かい合ってもらうことを重視しました

これって言葉で聞くととってもシンプルなことだけど
実際にやってみると実は難しいことでもあります
 

自分と向かい合うことを余儀なくされると
苦手な部分もわかってきますし
自分のパターン(癖)で過ごしていることも見えてきます
そこから新しい表現にチャレンジしてみようという踏み出す勇気も必要になってきます

だから表現するためには内面に対する自覚がとっても大事


内面を覗いてみること
そして内面が動けばちゃんとそれは連動して肉体の動きとして出てきますし
出てきたものがリアリティのあるものであると実感すること
そして説得力のあるものとして伝わることは
踊る上でとっても大事なわけです

お互いに見合って
他人を参考にするということも含めて
オーディエンスとして客観的に見る目も養ってもらいつつ
内面と行動をつなげることをメインにし

私のクラスはここまで
 
そして乾さん


教え方がとにかく丁寧です

コンテンポラリーダンスって人によってはまだまだ馴染みのないダンスなのかもしれませんよね

けれど
もしバレエで留学するとか考えているのであれば必要なダンスだし
いろんなジャンルのダンスをやることでわかることってとってもたくさんありますから
どんどん経験してほしいと思います


コンテンポラリーをここまできっちり紐解いて教えてもらえることって
このセミナーならではですね

 ウォーミングアップから振り付けまでを身体に入るまで何度も何度も行いましたので
順番を覚えてないということで戸惑うことは殆どないという状況になります


これは順番で戸惑ったり間違えないために「振り付けは簡単にしました」という意味ではなく
振り付けが身体の中で自動化するまで
使い方や動かし方までを繰り返し身体に入れるという作業を行ったという意味です


その上で音楽や言葉を聞き内面で感じたことをどのように発展させるか
そこまでに至ってくれることを願っていましたが

参加者の皆さんが最後のクラスでのびのび踊っていたのは言うまでもありませんし
その人その人のやりたいことが見えたり
想いが見えたり

皆さんの心の声がちゃんと伝わってきていましたよ

素敵でした




最後に
このセミナーが皆さんに受け入れられている理由のひとつは
講師間の信頼関係や連携がしっかりと取れていて
3つの時間が上手く混ざり合っているところではないかと思います

今回は4度目ともあって前回にも増してしっかりと話し合いをした上で臨みましたので
よりよい内容のものをお届けできたのではないかなと思っています
 (・・・というのは皆さんからのフィードバックに反映されてたからです)


今後我々が更に自信をもってお届けできるセミナーとして発展させていきますね



主催の福田晴美先生
そして講師の森脇さん乾さん
参加者の皆さん

本当にありがとうございました!



私もまたこれから次に皆さんに会うときは
もっと進化した内容をお届けしますよ!


またお目にかかれることを楽しみにしております



・・・ちなみに
「熱かったでなも」って名古屋の上品な上町言葉なんですって

だそうだみやぁ〜〜(笑)