Mizui Hiroko CLASS

水井博子ブログ クラス日記とプライベートも少し

水井博子クラスのご案内
セミナー「Emotional Training」は表現力のセミナーです
 HP http://www.emotionaltraining.jp


表現力 パーソナルレッスン詳細
http://blog.livedoor.jp/hirokomizui/archives/54650381.html

<レギュラークラス>
「からだメンテナンス」 恵比寿クラス  毎週火曜日 9時〜10時40分・11時〜12時40分  
高田馬場クラス 土曜日 10時〜11時40分

「デサントフィットネスラウンジ」
毎週金曜日10時〜11時15分「バレエコンディショニング」
11時30分〜12時45分 「からだメンテナンス」体幹トレーニング&リラックスストレッチ編

M&Sカンパニー 
テーマパークミュージカルコース(1年間のコース)
http://www.msc-dance.com/studio/

思った通りに身体を動かす 

レッスンでこんな光景に出会いました
IMG_1589
















レッスン前にトレーニングをする数名




それも自分たちの好きな楽しい曲でやっていて
伝えてきたことが浸透してきたかなぁと思えた瞬間でした




もちろん毎週生徒をみているわけですから
見えないところで頑張っている生徒の姿も見逃しません

身体の変化や意識の変化は毎回のレッスンでちゃんと見えてきているんです


そんな中今回のレッスンで重きを置いたのは
「思った通りに身体を動かすこと」です


私も今週末の舞台に向けていろいろ取り組んできたので
前にも増して自分の実感のあることだからこそ
生徒たちに伝えたいことの一つでもあります


このトレーニングは
いつも一緒にお仕事をさせていただいている
札幌の森脇俊文トレーナーから教わりました


骨も筋肉も
二の腕の筋肉がこう動こうとか
太ももの骨がこう動こうとか
考えてくれません


考えてくれるのは
自分の脳ミソ


脳から司令が行くのであれば
頭に描いたイメージと動きを一致させることが
非常に重要になってきます

ですから
ほんのすこしの微差にもこだわる練習方法であり

5ミリの単位で
自分の感覚と実際の動きのズレを修正します

実際にバレエの動きに反映されると
動きがどんどん正確になっていきます

自分の思う通りに身体を動かすなんて
とっても大変なことですが

そういった感覚と
練習方法を見極めることが
上達への近道になれば
成果がわかりやすいですよね


そして
大事なのはその先

それが無意識化するまで身体に入れることが本当に大変な部分です

ここを頑張れると
本物が生まれるのではないかなと
感じます


生徒たちの成長を目の当たりにするのは本当に嬉しいことですから

まだまだ一緒に頑張っていきたいと思います








自己満足の表現  〜Emotional Training〜

9月に開催されるDLS(ダンサーズライフサポートドットコム)セミナー


13330426_10153842908424331_2132649502_n
















佐藤愛さんのセミナーは毎回のことながら
予約開始からあっという間に売り切れてしまうのですが

僅かですが空きが出たそうです



私が担当させていただく「表現力のワーク」ではこんなことをご説明しますので
是非参考にしてください


表現力が途切れたり
なんだか違和感を感じたり
うまくいかない時の例として挙げられることがいくつかあります

1練習量が足りず集中力を欠いている
2よく見せたい、みられたい、結果が気になる・・・
3気持ちが伴わず形だけで演ろうとしている
4テクニックや条件に重きを置いている

など

あくまで例ですが
これって結構思い当たる部分があるのではないでしょうか




そこでDLSの佐藤愛さんが書かれた記事に出てくる【自己満足】と言う言葉

これは表現力においてとても大事なことなので
私なりの見解で書いてみます




「自己満足の表現」


これ
いろんな舞台を観て感じますが
演じている本人はとっても気持ちが良いんです

かつて私がそうでした




舞台より一つお芝居の例を挙げてみます

ものすごく感情的になって大きな声で騒ぎ立てるようなシーンがあったとします
本人は大きな声で怒ったり泣いたりしています

しかし観ている側にとっては
感情が「そんなに〜〜?」って言うぐらい大きすぎたり

演じている側が感情に流されていて
言葉が明確に聞こえてこなくて何を言っているのかがわからなかったり

なんだか引いちゃった・・・みたいなこと
見たことあるかもしれませんね




この現象は
自分だけの解釈で
好きな部分や得意なところにスポットを当てすぎていて
そこだけ気持ちよくやり過ぎていたり

それによって
与えられた役を演じることから離れてしまったり

感情に流されて技術的な部分(踊り・歌・台詞)が崩れたりする事によって起きる現象であり

もちろん
プロの舞台にだって起こりうる「役と自分」の紙一重の部分だと思います




バレリーナだろうとダンサーだろうと
役者だろうと
「表現」と言うくくりで考えた時

それは芸術でありエンタテイメントであり
お客様に観ていただくからには必ず相手がある事


お客様に喜んでもらって初めて成り立つことだと考えると

大きな意味でコミュニケーションであり
サービス業としても捉えられると思います


だとしたら

自分の気持ちの良いことだけ
演りたいことだけを観せているって
結構身勝手な話かもしれません



舞台で一歩出るだけでも
手を差し出すだけでも
「はい」って一言の台詞でも

振付や動き(動線・ステージング)の意味
相手役も含め役柄のいろんな背景
作品を理解することで
どのような表現がその場に一番ふさわしいかを考えて
それを最大限にわかりやすく見せられるかまでが
練習でできることなんだと思います



決して自己満足の表現が悪いと言っているのではなく
自己満足の表現がとっても気持ちの良いものなのであれば
それも取り入れる部分がありつつ
観る側の満足度も考慮して

「相手の観たいものを届ける」と言うところまでを練習できると良いですよね


そのためには作品や振付を読み解いたり分析する力
自分を客観視出来る力
思ったように身体を動かす運動能力や
筋力・柔軟性・スタミナが必要になるのだと思います


こんな風に考えてみると
自分になにが足りないのかも見えてきやすいでしょうし
苦手な表現にも挑戦したり練習したりする必要性が出てきますね




私はミュージカルの舞台に立っていたおかげで
自分のキャラクターとは程遠い役柄にたくさん出会いました

しかしそれと向き合えたおかげで
自分の得意不得意なこと
自分の弱さ
練習のやり方や必要な時間がわかり

不得意なことに向き合う度に
得意なことはもっと得意になりました






DLSセミナーの空きは僅かですので
お早めに

詳細はこちらより








































自主練

先日のブログで
我が地元富山での舞台に向けて現在自分で取り組んでいることの一つが
歌のレッスンであると書きました

今回はダンスナンバーが1曲
ミュージカルナンバーで歌って踊るものが1曲
その他は歌が4曲

稽古をするうちに
自分にもうすこしプラスしなければならないことが
スタミナだと気づきました


自分の好きな時間にダンスレッスンに通えたらいうことありませんが
仕事や娘の夏休みのことなど
物理的に無理だとわかり
ならばと始めたのが「走る」こと
IMG_1477


























初めて走った時の理由は
生徒さんで走っている方がいらしたので
身体の使い方や走る楽しみを知りたかったから


しかし
「面白くない」・・・
「しんどいだけ」・・・
正直走ることがそんなに好きではないので
継続するまでに至りませんでした


しかし今は

走る度に数値を測り
その数値の変化と
日々の自分のスタミナの変化を感じられるようになったり
身体の奥から湧き上がる熱と汗
夏の風を心地よく感じたり・・・と

自分の目的とゴールがはっきりしており
決して無理をしない中で短時間で出来る自主練であり
なんてたってお金がかからないですし(笑)

昨日の自分を超えるための走りにできるようになりました



からだメンテナンスレギュラークラスでも
プロを目指す子たちにも
Emotional Training(表現力)パーソナルレッスンでも

変わりたいのであれば
レッスンを受ける以外の自主練が命とよく言っています

「〇〇だから出来ないんだよね〜〜」という中には
物理的(時間的・金銭的)に無理なこと
精神的に無理なこと
やり方がわからなくて無理なこと

ざっくりですがこんな感じに分かれると感じます


指導者としてだけでなく
プレイヤーとしても
いろんな方と接する機会に恵まれると
すこしずつでも自分の身体が変わっていったり
短時間で自分の持つスキルが高まっていったりする方は
自主練のやり方や時間の使い方をよくわかっている方だと感じます





劇団時代

作品のお稽古が終わってからのほうが
みんな稽古場に残り
稽古場の取り合いであり
先輩後輩問わず
納得するまで自主練と研究をしていました

・・・と言っても自主練の時間が長いから良いというわけではありませんし
一生懸命やっていても方法が違っていれば変わるまでの道のりは遠まわりになります



どこまで確実に自分に落としこむかが大事であり
私もたくさん間違ってきたからこそ
方法を見極めた上での自分に合った自主練が
自分のその後の成長に繋がると思っています




目的とゴールをはっきりさせること

一生懸命やるだけではなく
方法を見極めた自主練にすること

レッスン以外の時間を上手に使って継続の工夫をすること





時間をかけて自主練しているのに変わらないと思うのであれば
方法を見なおしてみると良いかもしれませんね




























































livedoor プロフィール
クラス開催情報
Emotional Trainingは表現力のセミナーです
_DSC7410













「からだメンテナンス」クラス
_DSC5381












恵比寿クラス
高田馬場クラスがございます










Recent Comments
記事検索