2010年02月21日

このブログは、主に元相方さんとのことを綴るために作りました。
先日「このブログは消さない」と記事に書きましたが・・・
彼はもう、メールをしても返信はこないし、電話をしても出ません。
そんな彼と、この先ここで文章を綴りたくなるような関係性が築けるとは思えないし、元々最近では月一くらいでしか更新していなく、コメントもつかないようなブログを維持していく意味を見出せなくなりました。

「休みます」とか「やめます」といったような記事は、個人的には構ってちゃんなような気がして嫌だったのですが、今までここを読んでくださって、コメントしてくださった方々に何も言わずに突然STOPしてしまうのは失礼だし、感謝の意を述べるのが礼儀だと思い、記事にしました。

こんなつたない文章を読みに来てくださった方々、コメントしてくださった方々どうもありがとうございました。
日記程度ならメンミク等で書いていますし、また長い文章を綴りたくなったら、このブログを使うか別に新しいブログを作るかは、その時考えたいと思います。

hirollick at 22:51 

2010年01月18日

あけましておめでとうございます(遅)
今年もよろしくお願いします。

週末はセン○ー試験だったようで・・・
自分が受けたのはもう15年も前の話なので、さすがに昨日のことのようには覚えていません(苦笑)
でも、今年同様、北海道は結構雪が降っていた思い出があります。

そうそう、気づけば訪問者が10,000人突破してました。
どなたかは存じませんが、10,000人目だった方、おめでとうございます(?)
そして、たいした記事も書かず、月一程度しか更新しないこのブログを読んでいただきありがとうございます。

年末年始にはブログのデザインを変更し、帰省日記でも書こうと思っていたんですが、結局どたばたと過ごしているうちに今日になってしまいました

ということで、先日、鎌倉へ初詣に行ってきました。
DVC00115


おみくじは中吉。
清い心を忘れるなというような内容が書かれていました。
特別悪くはなかったけれど、一応結んできました。

その後は夕日を見に江ノ島へ。

DVC00113


朝からいい天気だったのに、夕方から雲が出てきていたので心配しましたが、運よく沈むところだけ雲がなく、沈み行く夕日を拝むことが出来ました。

最後に横浜のベイエリアへ移動。
DVC00112

DVC00111


ランドマークの展望フロアは1000円もするけれど、ここから見る夜景はホント綺麗で大好きです。
あと、幸せそうなカップルがたくさんいて、ほっこりした

その後、赤レンガを通り、大桟橋へ。
DVC00110

DVC00109


大桟橋はかなり寒かったせいか、普段はカップルであふれているはずなのに、ほぼ無人でした(苦笑)

横浜、やっぱり好きだなぁ・・・。
今住んでいる部屋の更新が5月で、更新手数料を払うなら、以前から住みたかった神奈川県の某駅周辺に引っ越そうかと考え中なのだけど、引っ越し資金を考えると厳しいかな

なんだかまとまりのない日記になってしまいましたが、今年もこのブログをよろしくお願いします。

hirollick at 01:15コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月20日

サザエさん症候群に関して書かれた記事の一文↓

「『孤独』と向き合うのも、人生の大切な試練のひとつ。孤独と闘った人こそ、その後の人生を強く生きられるのです。」

孤独と向き合い、闘えるような人は、もともと強いのでは・・・と思う自分がどこかあったことも事実だけど、なんだかハッとさせられる文だったので。

hirollick at 02:27コメント(0)トラックバック(0) 
mixiニュースで『彼氏のいないクリスマスの過ごし方9パターン』という記事があった。


【1】「ただの平日」として仕事に打ち込む。

【2】テレビを視ず、クリスマスに関する情報を遮断する。

【3】映画を観て、クリスマスであることを忘れる。

【4】ひとりで過ごしていそうな男性を誘ってみる。

【5】イルミネーションをひとりで見に行き、敢えて寂しさを堪能する。

【6】二人分のチキンを買って、シャンメリーを1本買って、家でテレビを見ながらひとりで食べる。

【7】(男友達を含め)友人とパーティーを行う。

【8】恋人がいない女友達とパーティーの約束をする。ただし、恋人ができた場合はドタキャンできる協定を結ぶ。

【9】家族と過ごす。


う〜ん、ここ数年多いのは【1】のパターンかな・・・。
学生の頃は、【2】もやったことある。
【5】の自虐パターンは、クリスマス(イブ含む)に限らなければ、わりと毎年やってるかも
【6】もたまに・・・。
【7】は、少人数ならあるなぁ。

まぁ、もうクリスマスではしゃぐ歳じゃないけどね。
今年は24,25とも平日だし、決算で忙しいから、どうせ残業して終わり・・・なんて愚痴をゲイ友にしたら、「じゃぁ、新橋で忘年会ってことで!」と言われた。
平日4日のうち、3日が飲み会・・・来週は、肝臓にも懐にも優しくない一週間になりそう(苦笑)


「Googleでクリスマスケーキ 一人用」で検索すると…?



hirollick at 02:01コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月29日

※注 ものすごく長い記事なので、PCから見る事をオススメします。


今日で付き合ってからちょうど1年。って、ヒロのことだから言われなくても分かっているとは思うけど。
節目なので総括の意味も込めて、珍しく手紙を書きます(笑)。

とはいえ何から書いたらいいんだろう。ヒロが「手術」「老若男女」って発音できないことについて?(笑)
わざわざ記念日に書くようなことじゃないか(笑)。この話はやめよう。

この前、結構強い言い合いになったよね。おれが忙しいとヒロはいつも文句を言うんだよな。「メールの一つも返せないの?」って。それで、おれはもっと理解がほしくて、言い合いになった。
もっとおれのことを信頼してほしいんだよね。メールが返せないことは、ヒロをどうでもいいと思っているのとは違うし。これはこの喧嘩に限ったことではなく。

正直言えば、ここのところ、おれは疲れていると思う。おれなりに一生懸命付き合っているつもりなんだけど、あまり信頼されていないし、ヒロの笑顔も最近は見てないし、窮屈な気分だよ。感謝もされないし、文句ばかり言われているようなイメージ…。
ヒロはヒロで、自信がないんだと思うんだよね。昔からそうだったし。でもおれは、そうやってヒロの弱さの問題をおれにぶつけてくるのが不満。おれはヒロのそばにいないよりいるほうがいいはずなのに、なんでこんなに文句言われるんだろうって思うよ。

てか、記念日のわりに内容がひどいな…。話題が暗すぎる…。
よし、良い方向に話を変えよう。

なんだかんだ言って、おれはヒロには感謝してるんだ。
ヒロは、色で言えば濃いオレンジなんだよね、おれにとって。一緒にいて楽しいだけじゃなくて、理解のある暖かい感じが混ざっている。赤でも黄色でもなくオレンジ。その存在自体がおれのエネルギーになってきたと思うし、おかげでこの一年間は充実していたと思う。

ヒロが言っていた「私は一途だし、ずっとこのまま気持ちは変わらないと思う」っていうセリフをおれは今も信じているから、おれはこれからも期待に応えたいし、ヒロを幸せにしていきたいと思っている。まだまだ二人はこれからだって思っているよ。

これからもたくさんすれ違いとかあると思うけど、二人なりに、支え合いながら進んでいこう。あ、それと、会うたびにおれの服装に点数つけるのはやめてくれ…。

では、これからも末永くよろしく。ヒロがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.スピリチュアルカウンセラー専門学校に通おうかと思ってるって、まじで?続きを読む

hirollick at 18:29コメント(0)トラックバック(0) 


ふと思い立ったので、京都へ行ってきた。
画像は↑から。
(と思ったら、携帯からアクセスしてる人は見られないのね

厳選するのが面倒くさかったので、撮った画像全部UP(苦笑)
毎回思うけど、携帯のカメラだと限界があるなぁ・・・。
昼も夜も、本当にきれいだった。

金曜の夜行バスで向かい、土曜の夜行バスで帰ってくるというハードスケジュール。
さすがに疲れた。

だけど、今回一つ勉強になったこと。
『嵐山は午前中に行ったほうがいい』
今までいろいろなところでその情報を見てきたけど、本当にそう思った。
混み方が全然違う。

あ、あと、今回初めて高台寺のライトアップを見に行って痛感したこと。
『チケットは事前に入手しておくべし』
中に入るまで、1時間弱並びました(汗)

来週は(体力があれば)鎌倉の紅葉を見に行きたいなぁ。


hirollick at 17:57コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月01日

どっかのブログで見つけたので、やってみた。
結構当たってる(^^;



ヒロさんの憧れの男性について
知的で真面目な感じの男性が好みなようです。

それでは次に、それぞれの項目について詳しく分析をしてみましょう。まず、雰囲気ですが、ヒロさんの場合落ち着きのある男性が好みのようです。ごく一般的な普通の男性です。
次に知的属性評価ですが、かなり知的な男性が好みのようです。お酒を飲んでいるときにちょっとしたカクテルのうんちくを語られると抱かれたくなります。
そして、かなり真面目な男性が好みなようです。生徒会長などに飛びつくタイプです。
男性の体型に関しては、割と細い男性が好みのようです。しかしながら太って無ければ良いよ。という寛大な感じもあります。

さて、見た目からみた男性的な傾向ですが、時に男らしい男性が好みなようです。昔、男子の制服姿にグッと来たタイプです。
次に顔的な好みですが、和を重んじるような顔がかなり好みなようです。和服の似合うタイプがツボです。
そして、相当大人っぽい感じが好みです。ガキは引っ込んでろ!と言わんばかりの大人好きです。一まわり上でも全然付き合える感じです。

そんなあなたにオススメなのは…

1位 藤木直人 (272点)
2位 玉木宏 (257.4点)
3位 椎名桔平 (257点)

【 憧れ男性ちぇっく http://checkit.name/ 】

hirollick at 22:58コメント(0)トラックバック(0) 
半年ぶりに元相方さんと会った。
初めて会ってから3年経つけれど、その間、こんなにも会わなかったのは初めて。
(遠距離恋愛してた時ですら、最長で4ヶ月弱だったと思う)
というか、声を聞いたのも2ヶ月以上ぶり。

会った時間はほんの一時間程度だったけど、正直もう会うことは出来ないのかもと思っていたので、会えて本当にうれしかった。

とはいえ、会った場所がカフェだったため、やはり周りが気になってゲイトークが出来ない俺。
結局、当たり障りのない、世間話だけして別れた。

最後に「今、幸せ?」とだけ聞いた。
彼は「幸せだよ」と答えた。
そっか。彼が幸せなら・・・それでいい。

hirollick at 22:56コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月26日

三十路を過ぎ、上京することになるとは思ってもみなかった。
けれど、仕事の無い地元でこれ以上くすぶっているわけにもいかなかったし、それに、上京すれば相方さんとの距離が近くなり、さらに良い関係が築けると思った。
ゲイの友人達とも会いやすくなり、少しずつ、自分の生活が充実していく気がしていた。

仕事は、派遣ではあるけれど、自分のやりたい仕事に近からずとも遠からずの仕事に就くことができた。
相方さんとは会える頻度が多くなり、好きな気持ち、幸せな気持ちはどんどん高まっていった。
けれど・・・彼は逆だったようで、「いずれは結婚しなくちゃいけないから、今の関係をいつまでも続けていくわけにはいかない」という理由もあり、彼の倦怠期に乗じて別れた。

「別れてもずっと友達でいたい」「メールしたり、電話したり、会ってメシ食いに行ったり遊んだり・・・付き合いは変わらないよ」そう約束したから、自分はそれを信じた。
最初のうちこそ、その約束は守られていたけど、そのうちメールも来なくなり、電話も来なくなり、いつしか会うことさえ・・・。

同じころ、一番仲の良かったゲイの友達との関係も悪化した。
きっかけは、俺が彼を傷つけるような発言をしたこと。
だから、自業自得。悪いのは俺。
でも、そのことに対する彼の態度・発言が俺の中で嫌悪感を強めてしまう。
結局その彼とも疎遠に・・・。


基本寂しがり屋のくせに一人で居たがる自分だから、なんだかんだで一人で過ごしている。
だけど、最近、休日はほぼ引きこもり。
昔は足りなかった携帯の無料通話も、最近では二カ月前の無料通話分さえ使いきれない。

大阪を離れた時と同じような気持ちになってきている気がする。
「俺はここで何をしているんだろう」「何のためにここにいるんだろう」
だからといって、東京を離れるつもりは今はない。
やりたい仕事があるし、それに向かって勉強したいこともある。
けれど、強まる孤独感・・・どうしたらいいんだろう。

hirollick at 07:34コメント(0)トラックバック(0) 
大阪に移り住んだのは、大学を卒業してすぐだった。
当時はチャットで出来た仲間が関西に多数いて、オフ会も何度かやっていたし、楽しい生活が出来そうな気がした。

でも、移住してすぐ、そこのチャットは閉鎖になった。
一時はそこに参加してた何人かが個人的にチャットを立ち上げて、それぞれの仲間内でチャットを継続させていたけれど、やはり大元のチャットが無くなったことでのモチベーションの低下で、チャットもオフも無くなっていった。

仕事面では、やっと就いた希望の仕事が、今の時代でいう『派遣切り』にあい、掛け持ちでやっていたアルバイト一本で生活するようになった。
大学時代からやっていたのと同じアルバイトで、別に全国どこに行ったってやれるアルバイト。

「自分は大阪に来てまで何をやっているんだろう?
孤独感が強まる中で、ある日地元で興味がある仕事を見つけ、応募した。
結果、そこに採用になり、俺の大阪生活はたった一年半で終わりをつげることになる。

今、こんな記事を書いているのは、東京に移り住んでもうすぐ一年半だということ。
そして、同じような気持ちになっている部分があるんじゃないかと感じたから。
そのことについては次の記事で・・・。

hirollick at 06:59コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
Recent Comments
訪問者数

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ