インスタでは

ひとつき前くらいに


お知らせしたのですが…




ここには何も書いてなかったので


昔からのシャチ好きさんが来ないように



ここにも書くことにします。






私にとって


鴨シーはもう癒しの場所ではなく




逆にストレスを


感じてしまうようになったので




もう2度と行きません








やっぱり


昔から鴨シーに通っていた人は



今の鴨シー嫌いだよね







昔から来ていた人が



ひとり


ふたりと姿を見せなくなって





ここ数年で



みんな来なくなってしまった









みんなは


とっくに気づいて




去っていったのだと



今になって思う








そんなわけで


昔からのシャチ好きさんたち




今まで




ありがとう!

5

至らない母だった


母親らしいこと何もしなかった




編み物も


縫い物も



料理も




何一つまともに出来ない


愚かな母だったね







父親がいなくて


家族旅行を


経験させてあげることも


できなかった





父親がいる普通の家庭を知らずに


育った






友達の家とは違う家庭環境に


戸惑っただろうし



羨ましいと思ったことも



沢山あったでしょう






それでも


その怒りや悲しみを

口にすることは無かった



恐くて言えなかったのかも

知れないけれど…笑








神様が私たちに与えた

親子ふたり旅なのだと思う


あなたはそう書いた手紙をくれたね







私という

自由奔放な船に

振り落とされそうになりながら


必死にしがみついて



一緒に

さ迷ってくれたのは




ニーナが一緒にいなければ


いつか沈没してしまうと



そう思ったからなのかな…






急発進

急ブレーキ

急に右へ

急に左へ


時に暴走する





この親の船に


長い間乗り続けてくれて



本当にありがとう






ニーナに代わって

暴走船の舵をとる秀に母を託して



お嫁にいくんだね








ありがとう


最愛の娘よ





あなたという娘を授かったこと


あなたを産んだこと






私が唯一


誇れること



自慢できること




自分を誉めてあげられること













あなたと親子の縁を結べた


それだけで


母は生きてきた甲斐が




ありました









ありがとう


ありがとう


ありがとう






全て

母を超えていきなさい


可愛い妻に

可愛い嫁に

良い母に

幸せな人生に



すべて

すべて


母を超えて……。






〜2017,10,9 嫁ぐ日によせて 〜



母より



恋する遊び島に


恋をした…





燃えるような恋心



どうしたらいいかな〜。笑


Point Blur_20171005_115714
Point Blur_20171004_204709
Point Blur_20171005_115500

↑このページのトップヘ