もれれの一口馬主ライフ〜ノルマンディー魂編〜

ブランメジェールが初勝利を持ってきてくれました

●プロフィール
名前:もれれ 職業:サラリーマン
2016年よりノルマンディーオーナーズクラブの馬に出資中!
ノルマンディーオーナーズクラブ様より所属馬の画像並びに情報の転載許可を頂いております。




3月が終わりました。
そろそろ本州への移動馬も出て来そうな時期に。

と、思いきや5月末のツアーまで全馬北海道の予定らいしいので正直、6月デビューはなさげ。

15世代は本当に小野町の渋滞の影響をもろに受けそうな世代になりそうですね。




出資馬7頭の近況が更新。



セルヴァ(オークルームの15)
馬体重488kg(-9kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限18秒
乗り込み量が不足しているためか全体的に緩い
徐々に緩急を付けて走ることを覚えてきており、いい意味での遊びが出てきた
内臓が優れているので毛ヅヤがいい

 

順調です。坂路もしっかりと集中しながら走れていてまだまだ余裕がありそう。毛ヅヤについても写真で他の馬と比較すると一目瞭然。やたらいい。



ブリリアントリリー(トーセンリリーの15)
馬体重449kg(+5kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限18秒
素直な気性、上手に体を使えている
ぎこちなかった右手前の走りはスムーズになり全体的に良化傾向

体つきやトモの運びからもまだ非力に感じさせる面はある


併せ馬をすると頭が高い。単走の方がその点は少し改善される。この辺を今後聞いてこよう。
後、最初に併せ馬してた内の芦毛の動きが良く見えるんですが。あの馬は何なんだ。



ミストレスメジャー(ブリュメールの15)
馬体重523kg(-9kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限18秒
大型馬ゆえに緩さあり
現時点での動き、体力ともに水準以上、完成度が高いく
速めの調教を織り交ぜ、ペースアップ予定

動画なし。早期デビューを目指して調教中。
遅生まれだけれども恵まれた馬体でポテンシャルありそうでよかった。早く本土に行こう。



ヴィアプラド(ヴイプラドの15)
馬体重524kg(±0kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限18秒
腹回りに余裕があって体型はボテッ、大型馬、まだだいぶ緩い
スナップの利いたバネを感じさせる軽い走り
身のこなしも柔らかく運動神経に優れている

距離に融通性も持てそうなタイプ
見た目のイメージとはギャップ



集中しながら走ってますし、全身を使えていてすごく印象がいい。
馬によっては上に上に抜けてる馬もいる中で結構いい。わくわくが止まらない。
大仕事、やっちゃおう。ぶっちゃけ期待度だけなら一番。



ファントムメナス(エスワンスペクターの15)
馬体重504kg(+1kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限18秒(前回よりステップアップ)
集中できるようになり、前向きな姿勢
大人しい性格だが、他馬と併せると闘争本能が表に
騎乗者をグイグイと引っ張るアクションはパワフルで活気十分。
まだ腰高な体型、今後の伸びシロは大きいはず




この2週間で上限が2秒縮まりワンステップ上の調教へ。
首を使って走れているっぽい。雪がすごすぎて笑うわ、こんなの。
この馬は時間かかってもじっくり育成をお願いします。早く使う馬ではない。



サワホマレ(ドゥオナーの15)
馬体重445kg(+9kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限20秒
トレッドミル調教併用、夜間放牧効果で体質強化、馬体増
キビキビした軽快な脚捌きが特徴的。好位で器用に立ち回れるタイプ
併せ馬ではやや行きたがる面

体が大きくなって来たのはプラス。プラス面のコメントは嬉しいですが、前回指摘されていたバラバラのフォーム、それが改善した様子ではないので手放しては喜ばないぞ。 




ロワセレスト(メルセダリオの15)
馬体重512kg(+4kg)
◉現在パドック放牧
20日(月)から騎乗再開、坂路2本(上限20秒)のメニューで調整も放牧地で左前膝部分に外傷
週明けからまた乗り出す予定

年明けでいいので故障しない馬体を作ってください。






残口残ってるのが怪我しているロワセレストだけになってしまいましたね。

ミーハー厩舎ですみません。

北海道の見学(4月16日)が今から楽しみでならない。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加




今日は大阪杯見に行って来ました。


DSC_0118

DSC_1465


ゴールや誘導馬も大阪杯仕様に。G1独特の雰囲気です。

宝塚記念並みに人が多くて...1レースから人がやばかったです。



DSC_1435


ブランメジェールもびっくりの白毛がいました。

徐々に人の数がやばくなって来て身動きが取れない状況に...





途中からずっと4コーナーの芝生のところでまったり寝っ転がりながらレース観戦。

まったーり。






馬場の状況なんかを見ながら本命サトノクラウンにしてたのを直前で変更。

DSC_1464

外枠のディープ2頭から馬券を買うことに!
本命:マカヒキ
対抗:アンビシャス






レースは4コーナー辺りで観戦。

人が少なくて写真撮りやすかったです。





DSC_0017

輪乗りがすぐそこでやってたので馬がめっちゃ近い。

DSC_00442


この写真を撮るまで鞍上横山だとズーーーーット勘違いw


DSC_0082

レースが始まります。




先頭のマルターズアポジーがいいペースに落として逃げてたので一瞬ひやっとしましたが


DSC_00892


開けてみたら

DSC_00932


DSC_0097


キタサン強すぎワロタ







馬券は外れてしましましたが

おそらく今の日本の競馬界のエース、キタサンブラックの強いレースを見られてよかったです。











DSC_0107


これでキタサンブラックは4度目のG1制覇。

天皇賞が俄然面白くなって来ましたね。




サトノの借りはサトノが返すのか

現役最強をキタサンが証明するレースになるのか

ものすごいマッチレースが見れそうで今からワクワクですね。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加





出資馬のオルファリオンが出走しました。

昨日は夜遅くまで飲んでたせいか、朝11時ごろ昼寝してしまい13時半起床。

レース見られず…笑



ただ、オルファリオンにとって休み明けの1戦。

正直、持ちタイム的にも馬場が軽くなるのはプラスではないですし

このメンツ、1800mを1分56秒台で走る馬がちらほら

オルファリオンの持ちタイムは1分59秒台とまぁ分が悪い



 


 
不良馬場で足抜きが良くなったにも関わらず、1分55秒台でまとめて4着。

タイムをかなり縮められたのは正直びっくり。

明らからに今までのオルファリオンから成長の跡が見られます。



レースの内容については田辺ジョッキーの好判断もあるんですが、正直、まだまだな部分はいっぱいあります。

が、これだけ時計のでる馬場でやれるようになったのはトータルとして馬の力がついているに他ならないと感じました。(出資馬なので贔屓目に見てる部分はあります。)



半分勝ち上がりは無理かなと諦めてた部分はありましたが、中山の時計勝負の馬場でやれた意味は大きくて、つまりは東京に行ってもある程度勝負になる可能性が出て来たわけです。


★4/01(土)中山・3歳未勝利(ダ1800m・混)田辺裕信騎手 結果4着

「ゲートがスムーズとはいえず後ろからの形になりましたが、馬場の割にはペースが落ち着いていると感じたので、向正面では自分から動いていきました。持ち時計から見ても、今日のような不良馬場はどうだろうかと思っていたけれど、がんばってくらいついてましたよ。大型で不器用なタイプですね」(田辺裕信騎手)

そう、不器用なんす。

だからこそ小回りの中山よりもゆるいコーナーの東京で直線勝負で追い込みが見て見たい。



 いやー楽しみ。

番組的に4月23日にダ2100mの混合戦or30日のダ1600m混合戦なんていかがでしょうか?

全頭勝ち上がり、諦めません!!







PS.明日は阪神競馬場に行きますー!大阪杯観戦じゃー 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ