もれれの一口馬主ライフ〜ノルマンディー魂編〜

ブランメジェールが初勝利を持ってきてくれました

カテゴリ:近況報告 > 2015産近況




3月が終わりました。
そろそろ本州への移動馬も出て来そうな時期に。

と、思いきや5月末のツアーまで全馬北海道の予定らいしいので正直、6月デビューはなさげ。

15世代は本当に小野町の渋滞の影響をもろに受けそうな世代になりそうですね。




出資馬7頭の近況が更新。



セルヴァ(オークルームの15)
馬体重488kg(-9kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限18秒
乗り込み量が不足しているためか全体的に緩い
徐々に緩急を付けて走ることを覚えてきており、いい意味での遊びが出てきた
内臓が優れているので毛ヅヤがいい

 

順調です。坂路もしっかりと集中しながら走れていてまだまだ余裕がありそう。毛ヅヤについても写真で他の馬と比較すると一目瞭然。やたらいい。



ブリリアントリリー(トーセンリリーの15)
馬体重449kg(+5kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限18秒
素直な気性、上手に体を使えている
ぎこちなかった右手前の走りはスムーズになり全体的に良化傾向

体つきやトモの運びからもまだ非力に感じさせる面はある


併せ馬をすると頭が高い。単走の方がその点は少し改善される。この辺を今後聞いてこよう。
後、最初に併せ馬してた内の芦毛の動きが良く見えるんですが。あの馬は何なんだ。



ミストレスメジャー(ブリュメールの15)
馬体重523kg(-9kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限18秒
大型馬ゆえに緩さあり
現時点での動き、体力ともに水準以上、完成度が高いく
速めの調教を織り交ぜ、ペースアップ予定

動画なし。早期デビューを目指して調教中。
遅生まれだけれども恵まれた馬体でポテンシャルありそうでよかった。早く本土に行こう。



ヴィアプラド(ヴイプラドの15)
馬体重524kg(±0kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限18秒
腹回りに余裕があって体型はボテッ、大型馬、まだだいぶ緩い
スナップの利いたバネを感じさせる軽い走り
身のこなしも柔らかく運動神経に優れている

距離に融通性も持てそうなタイプ
見た目のイメージとはギャップ



集中しながら走ってますし、全身を使えていてすごく印象がいい。
馬によっては上に上に抜けてる馬もいる中で結構いい。わくわくが止まらない。
大仕事、やっちゃおう。ぶっちゃけ期待度だけなら一番。



ファントムメナス(エスワンスペクターの15)
馬体重504kg(+1kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限18秒(前回よりステップアップ)
集中できるようになり、前向きな姿勢
大人しい性格だが、他馬と併せると闘争本能が表に
騎乗者をグイグイと引っ張るアクションはパワフルで活気十分。
まだ腰高な体型、今後の伸びシロは大きいはず




この2週間で上限が2秒縮まりワンステップ上の調教へ。
首を使って走れているっぽい。雪がすごすぎて笑うわ、こんなの。
この馬は時間かかってもじっくり育成をお願いします。早く使う馬ではない。



サワホマレ(ドゥオナーの15)
馬体重445kg(+9kg)
◉ノルマンディーファーム坂路2本上限20秒
トレッドミル調教併用、夜間放牧効果で体質強化、馬体増
キビキビした軽快な脚捌きが特徴的。好位で器用に立ち回れるタイプ
併せ馬ではやや行きたがる面

体が大きくなって来たのはプラス。プラス面のコメントは嬉しいですが、前回指摘されていたバラバラのフォーム、それが改善した様子ではないので手放しては喜ばないぞ。 




ロワセレスト(メルセダリオの15)
馬体重512kg(+4kg)
◉現在パドック放牧
20日(月)から騎乗再開、坂路2本(上限20秒)のメニューで調整も放牧地で左前膝部分に外傷
週明けからまた乗り出す予定

年明けでいいので故障しない馬体を作ってください。






残口残ってるのが怪我しているロワセレストだけになってしまいましたね。

ミーハー厩舎ですみません。

北海道の見学(4月16日)が今から楽しみでならない。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加




んだ、おら、寒いの苦手だ。

衝撃の、笑撃の動画更新から1晩が明けました。




どうも、こんばんわ。もれれです。









エッチラホッッチラ走る愛馬の姿に、軽い焦燥感を抱きつつ

「ここはマイネルじゃない」

「同じ岡田でもマイネルじゃない」

そう、心に何度も言い聞かせながら今日も日本のお国のために労働してまいりました。





社畜!!万歳ーーーーー!!





マイネルが早期デビューで財を成すクラブならば、

ノルマンディーは晩成でスルメ昆布のように息の長い活躍をするコンブクラブ、

というイメージはあながち間違ってはないと思います。

なので焦って早期デビューさせても活躍するのは一握。




と、落ち着いたところで

この自体を科学的かつポジティブに捉えて行きましょう



まずはこちらをご覧いただきたい。



51

40



 上が新ひだか町の今年3月の気温の推移、下が去年の3月の気温の推移です

スピードを上げられないのは馬場が硬くて足元のトラブルを回避するためなのかな、なんて思ったので調べてみました。

去年と比べ今年はぐっと気温が上がるタイミングがなく、だらーっと平均気温くらいで推移してますね。

冬の雪が溶けるタイミングがなかったのかなーなんて思っちゃいます。



なのでね、路面が寒くてね、硬くてね

足元気にしてスピードを上げられないんじゃないかな、とね









ほら、デビュー前に怪我したら会員がギャーギャーうるさいから…笑。






と、ポジティブに…


考えてみました…










自分でも何ちゅー記事を書いてるんだと思うんですが笑





まぁ、進んでない育成にあーだこうだ言ってもしゃーないですね(手のひらクルゥ〜)

冬場でもがっつり調教できる施設を持つにはお金が必要、であれば会員ができることは設備投資に回す資金を作るために出資するしかない。





ノルマンディーは牧場系クラブ。

これ含めのクラブなのでそこに文句を言っててはしょうがないですね。







さすが、もれれ、愛するノルマンディーのフォローもしっかりと。

労りの気持ちを持ちましょう。



今週金曜日はトレセン&北海道の2歳馬更新が重なる社員にとっては魔の金曜日なのですから。



    このエントリーをはてなブックマークに追加








おっと間違いました

これはプラチナムバレットの去年の今の時期の動画でした、さーせん。








ついに来たノルマンディー2歳馬達の動画!!


言わせてくれーーー








育成遅くネーーーー?







エッチラホッチラ走ってる動画じゃなくてダダダーっと走っている姿を予想していましたが。

うむ、それは小野町に行ってからかな。

そうかそうか、それなら安心。。。。







って。



まずい気が、するんです。(ブルゾン風に)












特にこれはまだ調教進んでる方の組で

もっと遅い組はどうなってるんでしょうか。

とりあえず、前回の更新の時のやつコピペ



(太字:出資馬 セ:セリ購入馬 ●:動画更新された馬) 

オカダスタッド坂路17秒上限 
ペキノワ 
ブライターデイズ(セ)
モーラ(セ) 

ノルマンディー坂路18秒上限 
セルヴァ
ツァイトライゼ●
アージェス
ディスティニーレイ●
ブリリアントリリー
ミストレスメジャー
ヴィアプラド
ギガバッケン●
ジャスパーゲラン(セ)●

ノルマンディー坂路20秒上限 
ナイトジュレップ●
アインツェルカンプ
ベルランドール
クイーンズトゥルー
ミラビリア
カシャーサ
シークエル 
クグロフ(セ)
ファントムメナス(セ)
ムーンフォース(セ)
ローズパラディン
ホマレ(セ)
ペラソヴラーノ(セ) 

ノルマンディー坂路22秒上限 
ミラクルパレット(セ)
ラヴノット(セ)
シーデイライト(セ)

休み 
ロワセレスト (セ)







ま、一部って書いてあるんで明日とか、来月ごろにはまた第2弾が上がってそうですが。








あ、調教ツアー行きます。 

とうとう人前にもれれ登場です。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加



①40口→400口→100口(地方馬)
②牡馬→牝馬


これがノルマンディーの所属馬のナンバリングのソートです。

これを見ながら現3歳馬の一覧をHPでぱぱっと見てみると明らかに前半の方が勝ち上がっている馬が多いんですが。



きっとこれは気のせいだ・・・と思いたい。




3次募集が予想に反して出てくる気配がない

楽しみはそう、1歳馬の半月に1回の更新だけ・・・・







普通はあんまりほかの馬の状況って見ないんですが

今回は興味あってじっくり読んでました




坂路調教でも上限●●秒で条件が違ってることに気づく。

一番早いペースから順に

オカダスタッド坂路17秒上限
ノルマンディー坂路18秒上限
ノルマンディー坂路20秒上限
ノルマンディー坂路22秒上限

こんな感じ。
オカダスタッドの坂路はダート850m、ノルマンディーの坂路はウッドチップ650m

傾斜とかはわかんないんでどっちがキツイかわかりません。今後行ったときに聞いてみよう。




んで、30頭が今どの辺にいるのかざっくりまとめてみると
(青:1次募集、赤2次募集、太字:出資馬 セ:セリ購入馬)

オカダスタッド坂路17秒上限

ペキノワ
ブライターデイズ(セ)
モーラ(セ)


ノルマンディー坂路18秒上限
セルヴァ
ツァイトライゼ
アージェス
ディスティニーレイ
ブリリアントリリー
ミストレスメジャー

ヴィアプラド
ギガバッケン
ジャスパーゲラン(セ)

ノルマンディー坂路20秒上限
ナイトジュレップ
アインツェルカンプ
ベルランドール
クイーンズトゥルー
ミラビリア
カシャーサ
シークエル

クグロフ(セ)
ファントムメナス(セ)
ムーンフォース(セ)
ローズパラディン
ホマレ(セ)
ペラソヴラーノ(セ)


ノルマンディー坂路22秒上限
ミラクルパレット(セ)
ラヴノット(セ)
シーデイライト(セ)

休み
ロワセレスト (セ)


とゆう感じです。

ロワセレスト、ルーラーシップ、ラピュルテ



うむ、やめよう。






今回の更新からすごーく気になりだしたジャスパーゲラン。

もともと、自分の評価を見直すと…昔の記事では割とポジティブな意見を持っていたのは筋肉質な馬体が目に止まったからだと思います。

自分でいいなーと思った馬ってダートが主戦場になる(現3歳馬は全頭ダートのレースで今走ってます)ので、おそらくこの馬もダートだと思います笑

ノルマンと相性のいいフレンチデピュティ産駒ですので面白いなー。

来月大黒ちゃんねる でおなじみの大黒さんとノルマンディーファームに見学に行ってくるのでそれまで残口があればいいんですがどうですかね。

今回の更新内容が良かっただけに一気に満口もありそう。



そのときはそのときでまぁ、自分の見る目と判断力、決断力がなかったということで。

あ、今は資金力もないですがw






初ノルマンディーファーム楽しみです。



ゆるぼ)牧場見学ついでに寄れる北海道の安くてうまい飯



【追記】

記事書いてる間にジャスパーゲランの残口が更新。3月16日時点で残り37口。
終わった感がある。



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加



メルセダリオ15評価



こんなキーワードでググってこのブログにたどり着いてしまった輩がいるようだ。

アクセス解析でバレバレだぁ!




残口少なって焦ってるかな?ん?んっ?




わかりました、メルセダリオ15 ロワセレストの評価をまとめてみましょう。




●メルセダリオ15評価

メルセダリオの初期の評価はココ

繋ぎガーとかゆーてますね。おそらくこの時はルーラー産駒のダート適性が今ほど明らかになってなかったので心配してたんだと思います。

僕の場合、結局1月初めに出資を決めたんですが、出資の決め手は年末にルーラー産駒が数頭、相次いでダートで勝ち上がったこと。

キンカメはダート適性もある万能種牡馬。その子がダートの適性を持ってても何ら不思議ではないですし、このロワセレストがダート馬になったらなったでいいと踏んだからです。

むしろ、これだけトモの肉付きがいいのでダートも十分こなせると思ってます。




先日の記事でも取り扱ったルーラー×サンデーの配合を調べてる中で、印象としてはルーラー×非サンデーの産駒はダートでの勝ち上がりが多い印象を受けました。

これは比率としては出してはいませんのであくまで印象。

非サンデー配合ですでに2勝したグランドディアマンはダートでの勝利です。

それと、加えてルーラー産駒の特徴をひとつあげるならば、ノーザンダンサーのクロスを持っていない馬はほぼ芝でしか勝ち上がっていないとゆうこと。

ノーザンダンサークロスなし
38頭デビュー→11頭勝ち上がり うちダート1勝

ノーザンダンサークロスあり
46頭デビュー→13頭勝ち上がり うちダート5勝

まだまだサンプルは少ないですがこーゆう特徴がありました。



とゆうところを踏まえてロワセレストの血統を見てみると...ダイナカール≒アンデスレディーのニアリークロスがあるので当然ノーザンダンサーのクロスもあります。



詳しい血統はネッツ競馬か何かで探して見てください。




とゆうわけで、どっちでもいける可能性はある、潰しがきく馬かもしれないと思ってます。





そうゆう背景をふまえて近況のまとめ


'16/9/30
昼夜放牧
雄大な馬体

'16/10/31
まもなく馴致
動じない精神的なタフさある

'16/11/30
左前の爪を傷めて2週間休養

'16/12/28
7日から騎乗運動開始
坂路2本キャンター
我が強い面
併走馬を追い抜く前向きさ

'17/1/31
左前の爪に砂のぼり
3週間放牧
27日から騎乗再開
坂路2本キャンター

'17/2/15
坂路2本キャンター
ハミに反発する面

'17/2/28
17日左前跛行で休養
パドック放牧



まとめてみて感じた事はまともに調教を長期にわたってこなせてないのと、すべて左前脚のトラブルとゆうこと。

ぶっちゃけ、12月頭の騎乗開始時期も遅れてますし、それ以降も2回の怪我。調教できている時間と休んでる時間がほぼ一緒とゆう...。

正直、まとめながら思わず大丈夫かよと思ってしまいました笑。





とゆうわけで、

現在の評価は割と順調さを欠いてる。

てな感じですかね、、、、



ちゃんと身銭を切ってる馬なので、ちょっとしたマイナス要因も10倍増しのダメージとして感じる補正がかかってるかもしれせん。



その逆でヴィアプラドなんかは順調なので色眼鏡で見てる危険性も。


ロワセレストに関しては休養後はデビューに向けて、怪我なく成長してくれさえすれば多少デビューが遅れてもなんとかなると思ってます。



よっぽど気になる人は様子見すべきでしょうしこの遅れが気にならなくて、ご自身の欲しい馬の像と一致するのならGo!!だと思いますYO!!





とゆうわけで、ロワセレストの評価、でした。



他の馬も時系列で見てみないとな...。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ