2005年09月

2005年09月28日

夫の会社を手伝いながら3人の子供を育てています

「ハワイプチ富豪の成功ノート」読者からの声

私は先月33歳になりました。東京からメールしてます。今日は、台風も押し迫る2005年9月24日(土)ですが既に池袋の書店に並んでいたヒロさんの「成功ノート」を買いました!まさしく目からウロコ!ホリエモンの「100億稼ぐ仕事術」を読んだ時は何となくがっくりきましたが、この本は嫌味がなくて大好きです。

夫(同い年)の会社を手伝いながら3人の子供を育てています。・・・が、子育てがほとんど出来ず、両家のジジババに頼っている綱渡りのような毎日です(T_T)。借りている事務所(でもフツーのマンションの一室)に寝泊りする日々が続いてます。。。

子供が3人ともまだ小さいので(7歳、3歳、2歳)正直言って今がいちばん可愛い時です。マイホームなんていらなくて(でも欲しいけど)仕事しないと無理な話なら一生団地暮らしで良いから子育てと家事に専念したいと思ってます。

「あと5年後だったら会社を手伝うけど・・・」と言うのですが夫は「今やらないと遅いんだ」と言います(ー_ー)!!・・・それで、8年間勤めた会社を辞めて、30歳で独立しました。

そんな中で、会社も3年目を迎えようとしていますがまだまだ負債が多く「いったいいつまでこんな生活が・・・」と思います。月末過ぎて月初を迎えるとホっとします。従業員は夫婦2人だけ。あとはたまにアルバイトさんを使ってます。

・・・色々と書きましたが、振り返るのは良くな〜いっ!!!と自分で自分を奮い立たせて頑張りますっ!もちろん夫もツライ日々だと思いますので。。。
わが社、わが家庭にも、早く転機となる起爆剤が欲しいと思います。
頑張ります〜!!!


ヒロ:
「事務所に寝泊りをしている」なんて聞いたら、昔を思い出してしまいました。
私も立ち上げ時は、具なしのソーメンをすすりながら事務所で寝袋に包まって寝ていました。懐かしいです。

目標をちゃんと持って、旦那さんとビジネスを立ち上げてくださいね。
マウイから応援しています。

クリックしてくださいね!
   ↓  ↓  ↓
ヒロのブログを人気ビジネスBLOGに投票



2005年09月22日

『ハワイプチ富豪』図解本9月26日全国発売5

d5987725.jpgやっと『ハワイプチ富豪』の図解本が店頭に並ぶ日が決まりました。

来週の月曜日 9月26日です。

アフリカ旅行から帰った今年3月上旬から内容構成を編集者の方と打ち合わせをはじめました。
内容から写真撮影、構成等最初の予定より大幅に遅れてしまいましたが、その分内容はばっちり!ヒロの太鼓判付きです。

わかりやすいようにステップごとに書いています。
写真や図もたくさん入っています。

編集の方々の気合もみえるくらい、いい出来です。
お近くの書店やコンビニで手に取ってくださいね。

皆さんからの感想をお待ちしております。



2005年09月19日

トー・イン・サーフィン講習会4日目 on Maui3

今週末は、トー・イン・サーフィンの海上レスキューとCPRを2日間かけて講習を受けた。講師もそうだが、生徒もこの業界では有名な人ばかり。

土曜日は、ラハイナでジェットスキーを使っての実践講習。
大きな波と波の間のシチュエーションで、気を失った仲間を助ける実践。
一人ひとり真剣だ。

実際、大きな波に揉まれて息が続かなくなりそうな場面が私自身何度もあった。
だから、みな真剣。

「周りに助っ人がいなければどうするか・・・」の状態で、息が止まってしまったバディーをどのようにジェットスキーの上に乗せ、CPRをするかである。
自分ひとりでも水の中から上がるのは大変だ。
それも荒い波の中で、大きな体を上げるのだ。

4時間の講習のあとは、さすがにぐったりしてしまった。
つかれたぁ〜

今日はカフルイの消防署でCPRの講習。
朝8時半からはじめて、終わったのが夕方5時。
海上でのCPRは陸の上とは全く異なる。
一人ひとりが何度も実践練習をした。

本当にそんな事態になったら海の上でできるかが不安。
でも呼吸が止まったバディーの命を助けなければならない。
訓練が不可欠だ。
だから真剣な一日だった。

これでトー・イン・サーフィンのクラスが終了した。
計4日間だった。

最初は、『こんな講習必要ないんだけどなあ』なんて心の中で思ったが、今は全く異なる。
この講習を受けて良かったと思う。
この講習を受けていない人とトー・イン・サーフィンとしてのバディーを組みたくはないほど。この4日間でいろいろなことを学んだ。

海を甘く見てはいけない。
小さな油断から命を失ってしまう可能性が大だからだ。

このような講習があれば、定期的に受けたい。

あとは、ジェットスキーを調節し、体力を調え、次のビッグウエーブデーを待つのみ。
来週には来そうだ。楽しみ・・・

2005年09月15日

Chapter 11

83c1c22a.jpgデルタ航空とノースウエスト航空の2社が、会社更生法をやはり今日申請をした。

朝早く起きて、デルタ航空の株を売った。
赤字だ。

今までは、倒産寸前の会社の株でも、うまく利益を出して逃げてきた。
今回は、60%と言う大きな配当金を狙ってしまったからだ。
ハイリスク・ハイリターン。
最後は負けてしまった。

株の投資は、もう5,6年になるが、一社でこんなに赤字が出たことがない。
うまく逃げて、25%の損切りをした。
あ〜あ、悔しい・・・
久しぶりに負けた・・・

でもよく考えれば、たった25%、2500ドルだけの赤字なだけだ。
この程度の数字であれば、すぐに取り返すことができる自信はある。
今年からの累積としても、まだまだ多く勝っている。

次回からこのような失敗のないように気をつけなければならない。

しかし、来月からアメリカの会社更生法 (Chapter 11) の法律が変わる。

アメリカでは、Chapter 11を裁判所に申請をすると、支払わなければならないものを踏み倒し、投資家への返済をもチャラにしながら、今まで通り営業を続けることができる。

アメリカの大手航空会社、ユナイテッド航空は営業を続けながら、この3年間の間に3度も会社更生法をしている。投資家からすれば、詐欺まがいと言われてもおかしくはない。

あと一ヶ月先からは、このような投資家への踏み倒しが簡単にはできなくなるのだ。
会社を守るのも先決だが、投資家をもある程度守らないと、経済全体がおかしくなってしまうであろう。
だからこの会社更生法の改正は、良いことだと私は思う。

そして今回は高い授業料を払っていろいろなことを学んだ。
明日からはもっと利益を出すぞ!


2005年09月14日

デルタ航空・ノースウエスト航空 会社更生法

8c087590.jpgアメリカ国内で第3番目と第4番目の航空会社、デルタ航空とノースウエスト航空が、会社更生法(Chapter 11)を申請するもよう。ガソリン価格の高騰とハリケーンカトリナの影響だ。
明日、2社とも緊急取締役会議を開き、早ければその日のうちに裁判所へ申請する可能性が大だ。


困った・・・
デルタ航空の株を持っている・・・
1万ドル程度だ。

この2社が申請してしまうと、アメリカ国内大手の航空会社では会社更生法を申請していない航空会社はのこりたった2社のみ。残りは、アメリカン航空とコンチネンタル航空のみだ。アメリカ経済、こんなんでいいのだろうか?
というか、航空産業はこれでいいのだろうか?

明日、赤字覚悟で売ってしまおう。大きな赤字になるのも覚悟の上だ。
投資にはリスクと向き合わなければならない。

高い授業料だが、今回の出来事はいい勉強になると思う。
今後、同じ間違いをおかさないようにしなくては・・・

ニューヨーク株市場が開く時間9時半は、ハワイの夜中の3時半だ。
しょうがない、起きるか・・・

明日に期待する。

2005年09月13日

株上昇

日本の株が上昇している。いいことだ。ほとんどの各株価が上がっている。
9月末の中間決算に向けての盛り上げであろう。
持ち株のほとんどが上昇している。
d2e6b7ac.jpgところで、一週間ぶりにカイトサーフィンをした。
毎日風は吹いているのだが、吹きすぎで危険なくらいだ。
台風やストームのせいではない。マウイの夏は毎年こんな感じだ。

やっぱり海に浸かると体と心がスッキリする。
きもちい〜ぃ!



2005年09月12日

友人の妹が衆議院議員に当選してしまった!5

11be6224.jpg友人の妹の渡嘉敷なおみさんが衆議院議員に当選した。
びっくり!
8月中旬、『大阪7区から自民党推薦で、衆議院議員に立候補することになりました』ってメールが来たのもびっくりしたが、今回の当選はびっくりを通り越して、私自身も興奮してしまっている。本当にうれしい。

彼女は一流企業に勤め、杉並区議員に当選。今は衆議院議員だ。
私の講演会にも遊びに来てくれた気さくな女性。

私と妻と友人の渡嘉敷さんとなおみさんの4人で、今年8月に石垣島に遊びに行く計画もしていたのだ。しかし、立候補が急きょ決まり、バケーションどころの話ではなくなってしまった。

でも本当にうれしい。
たった2週間で、初めての土地の人達から10万票近く集めてしまったのだ。凄い!

彼女は改革が得意。杉並区議員のときも、人通りが少なくなった昔の商店街を一気変えた。「沖縄タウン」に変えてしまったのだ。

沖縄レストラン、沖縄民芸品店、沖縄雑貨屋、沖縄居酒屋と、東京に居ながら沖縄気分を味わえるような町に変わった。

地元の人たちはもちろんのこと、ハトバスも止まり、観光客もその商店街でショッピングを楽しめるようになったのだ。今では昼夜問わず人通りが激しい。その、なおみさんがつくった「沖縄タウン」に前回私が日本に帰ったとき彼女のお兄さんに連れて行ってもらった。居酒屋やレストランは満室。結局食事もできなかった。
「沖縄タウン」は大反響。一気に「ドル箱」、いや、「ドル商店街」に生まれ変わった。

それだけパワーがあり、ガッツがある女性。
彼女のような政治家がこれからの日本改革には必要だ。

これからも渡嘉敷なおみさんを応援します。落ち着いたら、マウイにも遊びに来て欲しいなあ。

2005年09月10日

ハワイでリタイヤするための準備

「ハワイプチ富豪の成功法則」読者からの質問
質問Q
6月に渋谷でのセミナーに参加させていただきました。その説はありがとうございました。今でもリタイヤのモチベーションが永続できているのは、その先人を切ったヒロさんの影響が大きいです。今日はどうしても、お聞きしたくてメールさせていただきました。リタイヤのための準備を経済的にしてきたつもりで、いよいよ来年いざリタイヤ(セミリタイヤ)をハワイで送りたいと思って、移住の状況を調べているところです。先週も一週間、家族旅行をかねて、ホノルルに行きました。

ただし、ご存知かと思いますがテロ以降、移住の条件が大変厳しくなっているようです。外来ハワイというところで相談しましたが今私が出来ることというと、今日本でネットで健康器具の販売をしており、例えば現地ハワイからヒーリンググッズなどを月2〜300万円くらいの仕入れをするなどの実績を数ヶ月作り、日本の会社の子会社をハワイで設立(現地法人をつくること)が一番可能性が高いようです。とにかく、ハワイにお金を落としていくことが鍵のようです。

今までリタイアするための経済的側面でのノウハウを教えていただきましたが、実際にヒロさんのように、リタイアを海外で送りたいと思っている方も多いと思います。移住、長期滞在の方法をヒロさんからの視点で教えていただけましたら幸いです。


ヒローAnswer:
多くの方がビザに悩んでおります。
そして無理をしてせっかくの財産がなくなってやもなく帰国する方も多くいます。

だからみなさんに言います。
ビザのためにアメリカでビジネスをするな、と。
無理が重なるからです。

ビジネスをするために投資家ビザはあります。
アメリカに貢献をしてアメリカに住みたい人にグリーンカードがあります。

でももしビジネスをするのであれば、下記に注意をしてください。
1、日本の子会社ではなく、現地法人をたてる。
2、自分が現地で指揮をとる。
3、現地から雇用をする。(日本人にビザをサポートしない。ハワイでしたらハワイに住んでいるアメリカ人を雇う。)
4、ちゃんと法律手続きをすべてのものを取る。
5、税金を払う。
6、自分の所得の申請もちゃんとする。

誰が言ったかわからないですが、下記の考えは間違っています。
「例えば現地ハワイからヒーリンググッズなどを月2〜300万円くらいの仕入れをするなどの実績を数ヶ月作り、日本の会社の子会社をハワイで設立(現地法人をつくること)が一番可能性が高いようです。」

多くの弁護士がお金のために日本人をかもにしているのは事実です。
グリーンカードを取るには、アメリカに貢献することが大事です。
多くの日本人が間違っていることは、日本人にビザをサポートして雇うことと、税金を払わないようにしてしまうことです。これではアメリカへの貢献ではないですよね!

ちゃんとアメリカ人の雇用(日本人はだめ)をし、税金を払えばグリーンカードはもらえますよ。

キーは、「アメリカへの貢献」です。忘れずに。

回答:
そうですね。半分、ビザのためにビジネスをするという気持ちがありました。でも、確かに無理をするのは、経済的にも精神的にも続かないものですよね。ヒロさんのお言葉を参考に、アメリカ人を雇用しながら、納税も出来る方法で、着実に考えていきますね。すぐに出来るものではないかもしれませんが、自分がしたいことの行動ですので、苦にはならいと思いますので、がんばります。

クリックしてくださいね!
   ↓  ↓  ↓
ヒロのブログを人気ビジネスBLOGに投票



2005年09月09日

食うか食われるか

0390f8e9.pngアメリカの株2銘柄で、一応利益確保をした。ふぅ〜

東京株式市場とニューヨーク株式市場の各株の値動きの仕方が全く違う。
日本の株は上がったり下がったり、ほとんどの株が同じ方向に動く。
それに比べ、ニューヨークの株は全体的に連動はしない。各株価の変動はばらばら。
やはり国民性に近い気がする。

ところでアメリカの株は一日一日の値動きが激しい。でも同じ値を上下しているだけで、このごろはほとんどの株は大きな動きをしない。

昨日に比べ、今日は10%下がり、明日は10%上がるかもしれない。
だから、小さな利益確保が重要だ。
ある程度下がったら買い、ある程度上がったら売る。

ニューヨークの株式市場は『食うか食われるか』の野生の世界のようだ。
刺激があるけど、やはりリスクも伴ってしまう。
慎重にしなくては・・・


2005年09月08日

利益確保

先週買ったニューヨーク株式市場の1銘柄を売った。利益確定のためだ。
マウイでもガソリン価格が昨日から上昇。1ガロン(3.7リットル)$3.69ドルになってしまった。専門家の話では、これからもっと上がるだろうと予測している。
原油価格が上昇し、経済が下降気味になる前に、少しの利益でも確保したいと今日は持ち株の一部を売った。

アメリカの経済はこれからどうなるのだろう・・・

ところで、マウイの風はこのごろ強すぎだ。
風が吹いているのはいいが、これでは大好きなカイトサーフィンができない・・・
明日は少し落ち着いてくれたらいいなあ・・・