2005年10月04日

自分でビジネスを立ち上げたい

「ハワイプチ富豪の成功法則」読者からの質問
質問Q
Hiroさんのお書きになった「ハワイプチ富豪の成功法則」を今朝一気に読み終わり、その興奮で思わずメールを書き始めてしまいました。

現在42歳独身。借金は車のローンのみ。外資系企業に勤務し年収1200万円ですが、けして安定している仕事とも言えず将来の不安を持ち続ける毎日です。一方で父が昔小さな町工場を経営し、今はリタイヤして工場を貸して賃貸収入で質素ながら気持ちに余裕のある生活をしているのを目の前で見ています。

自分は父が小さいながら事業をやっていたという環境やその教育から自分でビジネスを立ち上げたいという思いを持ちながら、失敗への恐怖と自分の怠け心に連戦連敗で今までサラリーマンを続けてきてしまいました。しかし、このままでは、自分の人生が中途半端なものに終わってしまう。将来の生活のリスクヘッジもできていない。人間としてもっとも大切な何かを教えてくれるHawaiianの親友達との時間ももてなくなってしまうという気持ちから、平日や週末を利用して少しずつ自分のビジネスを準備しようと考えるにいたりました。そこに自分の資産としての不動産を手に入れるというアイデアが飛び込んできたわけです。

ロバートキヨサキ氏や他の日本人の方の本を読んだときは正直ピント来なかったんですが、Hiroさんの本で初めて不動産投資に真剣になりました。自分が真剣に受け取れる準備ができたのかもしれません。今手元に2000万円程度の資金ならすぐ準備できる状況にあります。これを頭金に借り入れをして不動産投資をすることも考え始めましたが、まず最初にすべきことはなんでしょう?何でもいいからHiroさんのPowerに触発されたくて基本的な質問をしてしまいましたがご容赦ください。50歳になった時にはHawaiiでHiroさんのおかげで自分もここにいられるようになりましたって挨拶がしたいと思っています。


ヒローAnswer:
お父さんのように、細々と暮らしていても立派なリタイアメントです。
多くの方がうらやましがるでしょうね。

自己資金の件ですが、2000万円は自分の貯金でしょうか?それとも借りるお金でしょうか?

不動産を購入したいのであれば、まず不動産屋へ片っ端から行き、投資物件物件をたくさん見ることからでしょうね。

投資は人任せではだめです。
自分で利益も取る代わりにリスクも取らなければなりません。
そしてどのように自分自身で最悪な状態になったときにリベンジをできるかです。
例として2000万円であなたと私が全く同じマンションを購入したとします。
1年後、5年後、結果は全く異なります。

うまくいくときは誰がやってもうまくいきます。でも経済や環境が変わったりすると必ず影響があります。そのときにどのようにしていい結果を出せるかです。これはすべてあなたにかかっています。他人は何もしてくれません。ハイエナのように他人は「ここぞ」と寄ってたかってむしゃぶりつきます。

「なんとしても利益をあげるぞ!」との意気込みが必要です。
がんばってくださいね。

クリックしてくださいね!
   ↓  ↓  ↓
ヒロのブログを人気ビジネスBLOGに投票


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 中高年になって後悔しない方法  [ 豊かな人生設計のためのFP的お役立ち情報 ]   2005年10月12日 13:04
あるものを読んで、寓話「ありとキリギリス」を思い出しました。 そのあるものとは、マニュライフ生命から公開されたセカンドライフと年金意識に関する調査 調査結果のご報告です。 その一部を引用します。 -------------------------------------------------------...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔