2006年12月18日

季節はずれのサウス・スウェル

「リ〜ン、リ〜ン・・・・」
朝早くから電話が鳴った。

早朝から電話がかかってくるときは、波のコンディションが良いときだ。
私が住むノースショアのどこかで波がいいのかと思ったら・・・

「南側で波が上がっているぞ!俺はラハイナに今向かっている。」と友人のブラッドからだ。

意外な情報だった・・・
電話を切って5分も経たないうちに私は車を走らせた。

普段は車を駐車し、歩いてハーバーから波チェックをするが、今日は波もチェックをせずにそのままボードを担いでポイントへ。

予報より1日早くウエーブがマウイのウエストサイドに到着している。
だからあまりサーファーも海には出ていない。

何本も何本もいい波をゲット。
4時間も海にいる。もう1時過ぎ。

昼食のついでにマウイのベストサーフスポットと言われるホノルア・ベイをチェックしに行った。
昨日はめちゃくちゃいい波だったらしい。

が、今日は波が小さすぎ。

結局最初のポイントのラハイナへ戻って2セッション目。
午前中も波のサイズはオーバーヘッドあったが、午後はもっと大きく、そして良くなっている。
更に1日中無風。海面はスムーズで鏡のようだ。

「もう肩が上がらないよ〜」とブラッドが言う。サーフィンのやりすぎで疲れている。

そのとき、ブラッドが怪我をした。
他のサーファーのロングボードが大きな波にもまれながらブラッドに直撃したらしい。

海で彼は動けない。
見ると、背中と首に赤く腫れ、少し切れている。

車へ戻り、氷で冷やす。
「明日もサーフィンできるかなぁ・・・?」とブラッドはつぶやく。

私も何度も他人のボードに直撃されたことがある。
結構傷や痛みが残る。

サウス・スウェルのピークは明日。
明日も一緒にサーフィンできたらいいな・・・

今日もいいサーフィン日よりだった。

hironakajima1 at 13:43│Comments(0)TrackBack(0)マリンスポーツ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔