「ハワイプチ富豪」読者の一般コメント

2005年07月07日

ハワイに会社設立

「ハワイプチ富豪の成功法則」読者からの質問
質問Q
私は、現在会社員ですが会社を退職して事業を始めたいと思っています。
退職理由は、自分のやりたいように出来ないためです。組織の中で生きていますので仕方がありません。そういうことが長年続いてきて会社に頼らず自分自身でやりがいのある仕事をしたいと思っています。

私は、現在憧れているハワイに会社設立を検討しています。

ハワイ会社設立の手続きも既に理解しました。
ハワイ本社・日本支社を立ち上げハワイビジネスを始めたいのです。

事業内容は・・・
・ロングステイ
・イベント事業(コンサートなど)
・ゴルフツアーです。
(日本人にもっとハワイの素晴らしさを知ってもらいたいため)

ちなみに、ターゲットは日本人観光客・日本人富裕層です。
最初は、日本支社のみでハワイビジネスを始めて行き軌道に乗ってきてから将来的にハワイでもビジネスを始めたいと思います。

自信はありますが、ただ今まで会社員の経験しかして来なかった私ですからビジネスに関しては初心者です。ビジネスについて初心者の私が今やるべきことは何でしょうか?

ハワイビジネスに関して?またビジネスの初心者として今何をするべきか?ヒロさんが思うことを教えて下さい。修行や見習いなどする必要があるでしょうか?


ヒローAnswer:
会社設立の件でアドバイスがあります。
もし日本で事業を始めるのであれば、日本で会社設立を進めます。
有限会社で十分です。

よく、「アメリカで会社設立して日本支社を作る」のような方法がはやっていますが、私は勧めません。もうすでに売り上げや安定した顧客がいるのであれば別ですが。

事業内容を見たのですが、私はピンときませんでした。すみません。
顧客となるマーケットが小さいのでは?

ビジネスは「自分がしたい仕事」ではなく、ニーズのあるものを提供しなければ成功は難しいです。よ〜くかんがえてくださいね。

クリックしてくださいね!
   ↓  ↓  ↓
ヒロのブログを人気ビジネスBLOGに投票


hironakajima1 at 17:23|この記事のURLComments(2)TrackBack(1)

2005年07月06日

夢の実現に一歩

「ハワイプチ富豪の成功法則」読者からの質問
質問Q
とてもHawaiiに憧れ、どうしたらHawaiiに住め、生活していけるか?色々調べて、とてもハードルが高い事が解りあきらめかけていた所、あなたの本を読み夢の実現を確信して、勇気と知恵をもらった気がしたのですが、所帯を持っている今の私の状況ですと無理と思われますが、何とかこの高いハードルをクリアーしたいと思います。
図々しいのですがアドバイスをいただければと思いメールさせていただきました。
現在私は、あなたの本にもでてきた○○で花屋をいとなんでいます。高校生の子供が二人います。二人とも私学に通い親は共働きで必死こいています。家のローンも毎月二十五万円の支払いがあります。長男の為親の面倒も見なくてはいけません。
どうしたら、夢の実現に一歩踏みだせるのか?
お願いします。本気です。


ヒローAnswer:
いろいろ悩んでいのですね。
人それぞれ悩みはあります。

夢を追うには、やはり経済的に自由が必要不可欠だと感じます。
だから第一に負債を取り除く作業が必要ではないでしょうか?
借金は夢を追う人にとって大敵です。

第二に、収入を2割増やすのは大変なことです。
しかし、支出を調節して2割減らすのは不可能ではないと思います。
回答はすごく難しいです。


クリックしてくださいね!
   ↓  ↓  ↓
ヒロのブログを人気ビジネスBLOGに投票



hironakajima1 at 17:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2004年10月29日

メルマガ専門コンサルタント

びっくりしています。私の処女作「ハワイプチ富豪の成功法則」が売れに売れています。三週間前に発売されたばかりです。が、もうすでに第四刷が決定しました。これで8万部です。こんな無名な私の本が・・・と思うと出版社に感謝です。
ところで、私のメルマガ読者数の増加がのんびりしています。私自身もできれば本の販売に貢献しようと心がけていたのです。一人でもこの無名著者を知ってもらうためにメルマガ読者を増やしたかったのです。・・・続きを読む

hironakajima1 at 17:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2004年10月28日

、「ハワイプチ富豪」をブログに

さりげなく、インターネットを検索していました。そしたら、「ハワイプチ富豪の成功法則」の感想をブログに書き込んでいる方達を見つけました。私の本のことを書いてくれている人がいるというだけですごくうれしい気がしました。感謝の気持ちいっぱいです。
「おーこんなことを思っている人もいるんだね」とも勉強になりました。そのブログにトラックバックをしておきました。アクセスしてみてください。

hironakajima1 at 18:21|この記事のURLComments(7)TrackBack(3)